さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オイラーズ、フレイムズに無念のOT負け カンファレンス最下位脱出ならず
2013年12月09日 (月) 11:22 | 編集




12月7日(土)の試合

カルガリ2、エドモントン1(OT)



リー・ステンプニアック1G、イェジ・フドラー1G、テイラー・ホール1G、レト・ベラ30セーブ。


::: アルバータ・ダービーマッチであります。お互いのファンが最も燃えるカードであり、互いに絶対に負けたくない相手。2チームが西カンファレンスのブービーと最下位であることは、この際まったく関係ないのであります。

なんと試合残り10秒、テイラー・ホールの技ありゴールでオイラーズが追いつき、延長戦へ! 劇的な展開に胸が踊りましたが、OTではわりとあっさり点を取られてしまい、負け・・・。がっくし。

けっこうシュートは打っていたけど、謎のスイス人ゴーリー、レト・ベラ26歳をなかなか崩せなかった。逆にオイラーズのデヴァン・ドゥブニクよ、リー・ステンプニアックのシュートは動きもたいして速くなかったし目隠しも何もなかったのだから、セーブできなかったかな。6回もあったパワープレーでも無得点に終ったし。

アバランチ戦では8点も取ったのだから、2点ぐらいこっちの試合に回せればよかったのにね〜・・・とか、できるわけないアホなことをいつも思う私です。

でもいいこともありました。アバランチ戦ではフェイスオフ勝率が33%と散々な出来だったライアン・ニュージェント=ホプキンズ(RNH)が、この試合では17勝8敗と健闘。本人曰く「ジュニアではフェイスオフが超強かった」そうですが、NHLレベルでも超強くなれるようにがんばってくれ。リーグきってのフェイスオフ職人、ボイド・ゴードンからその極意を盗んで強くなってください。RNHにはホント期待してるんだからー!

それにしても、今日の直接対決にオイラーズが勝っていれば、カルガリと22ポイントで並び勝利数ではオイラーズが1つ多くなるので、オイラーズは西カンファレンス最下位から脱出できるはずだったのです。なのに、なのに・・・。OTで1ポイントついたとはいえ、カルガリには2ポイントなので、結果、3ポイント差に広がってしまいました。

次はジェフ・スキナーがさわやかハットトリックかましたり、キャム・ウォードが神セーブ連発したりで3連勝中のハリケーンズ戦です。次こそ勝ってほしいです・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。