さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホールがハットトリック オイラーズ、アバランチに8-2で勝利!
2013年12月07日 (土) 23:50 | 編集



12月5日(木)の試合

コロラド2、エドモントン8



テイラー・ホール3G1A、ライアン・スミス3A、マーク・アーコベッロ1G1A、ジョーダン・エバリー1G1A、アレシュ・ヘムスキー1G1A、デイヴィッド・ペロン1G1A、デヴァン・ドゥブニク33セーブ。


::: 米ヤフー!の「Puck Daddy」で「異常な結果」と書かれたこの試合。まさかオイラーズがアバランチ相手に8点も取って勝ってしまうとは。本日ハットトリックのヒーロー、テイラー・ホールが言うように「どこが相手だろうと、どんなことでも起こり得る」のは真実で、終ってみたらほぼワンサイドゲームでした。試合の後、アバランチのロッカールームでパトリック・ロワ監督の怒声が鳴り響いてたんじゃないかと心配。

ホールのブレイクアウェーからの先制ゴール、そしてパワープレーを利用しての2連続ゴールで3-0となり、1ピリから安心して見ていられました。2ピリに連続失点で1点差に追い上げられたときは少しハラハラしたけど、先発のデヴァン・ドゥブニクが今日は要所要所で好セーブを見せて安定していたと思います。

逆にアバランチのセミョン・ヴァルラモフは全然ぴりっとしなかった・・・。やっぱり同居の恋人へのDV容疑で逮捕されて、12月2日に法廷に召喚されたのが精神的なダメージになってたのでしょうか。それに4点も5点も取られても交代させてもらえなかったのはなぜ? 俺様からヴァルラモフへの個人的なお仕置き?

それにアバランチ、試合残り5分のパワープレーでゴーリーを引き上げ、6人攻撃をするという奇策に走り、案の定、逆襲されて失点してるし。元天才ゴーリー俺様の考えることはよくわかんない。私の理解の範疇を超えています。

この試合、勝負のカギは1ピリにありました。オイラーズは2マンアドバンテージで1点取ったけど、アバランチは2マンのチャンスを活かせなかった。それに「なんでここでそんなペナルティ?」と首をひねるような意味不明なペナルティを連発して、まあ、アバランチの自滅ですね。昨日まで4日間休みで、試合勘が戻らなかったのかも。

オイラーズはスランプ気味なディフェンスマン2人(アントン・ベロフとジェフ・ピトリー)を思い切ってヘルシースクラッチにし、マイナーのオクラホマシティ・バロンズから引き上げた2人(コウリー・ポッターとマルティン・マリンチン)を使いました。スタジオ解説のダグ・マクレーンが「経験の浅いディフェンスマン2人がよくやっている。スクラッチになった2人には、『お前らウカウカしてられないぞ』と良いメッセージになったんじゃないか」とダラス・エイキンズ監督の英断を褒めていましたね。

それにしても、最近8年のNHLエントリードラフトで全体1位で指名された選手がこの試合に5人もいるってすごいな。ネイサン・マッキノン(2013年)、ナイル・ヤクポフ(2012年)、ライアン・ニュージェント=ホプキンズ(2011年)、テイラー・ホール(2010年)、そしてエリック・ジョンソン(2006年)。才能あふれるぴちぴちくんたちの好プレーもあり、見ていて楽しい試合でした。




オイラーズのマーク・アーコベッロは今日1アシストでアバランチのネイサン・マッキノンを抜き、アシスト数12でルーキー1位に躍り出ました。2人は同じルーキーだけど、ジュニアからNHL入りしたマッキノンは18歳になったばかりなのに対し、アーコベッロは25歳。天下のエール大学を卒業して、「いつかNHLでプレーする」を目標に3年間マイナーでがんばっていた努力型インテリNHLerです。ホッケー選手としては小柄な170センチちょっとの身長ですが守備がうまく、フェイスオフも得意。「子どもの頃からの夢の舞台」だというNHLで、頭のよさを活かしてがんばってほしいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。