さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソチ五輪:注目のカナダ代表チームのジャージ、ついにベールを脱ぐ
2013年10月10日 (木) 16:53 | 編集
10月8日、チーム・カナダがソチ・オリンピックで着用するホッケージャージがメディアに発表されました。





なぜかサード・ジャージまである。

米ヤフー!スポーツの名物ブログ「Puck Daddy」では、

「カナダのホッケー・ファンは、チームUSAのロゴやマットな星、ニセの首ヒモをバカにしていたのだ・・・、自分たちのジャージがどんなデザインか発表されるまでは。蓋を開けてみると、チーム・カナダのジャージにもマットなカエデやニセの首ヒモがフィーチャーされていた。このデザインには皆、肩をすくめ、『何じゃ、こりゃあ!?』と言うしかなかった。ジョナサン・テーヴズの顔がそれを物語っている。」

などと書かれておりました。そしてジャージを着せられたテーヴズの顔というのが、




↑これだったのです(笑)。

確かに、
「俺、これをソチで着るのか〜・・・」とか、
「なんでクロズビーじゃなくて俺がここに出ることになったんだろ・・・」
とか言ってそうな顔をしている、キャプテン・シリアスです。

そして「Puck Daddy」ではすかさず、テーヴズの情けない顔を使った合成写真を募集したのでした。結果→ギャラリー1ギャラリー2

相当、笑える。でもジャージのデザインはカナダらしさが全面に押し出されてて、決して悪くないと思うんだけどな。まあ、チーム・カナダのジャージはオリンピックごとに、手抜きっぽさに拍車がかかっている印象は否めないけど。

このジャージが発表されるやいなや、カナダではスポーツ番組だけでなく朝のワイドショーやら普通のニュース番組でも、デザインの是非について明るい議論が展開されていました。そういうところが、実にカナダらしいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。