さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリケーンズ@カナディアンズ:ほんとに一行でいってみよう
2002年05月09日 (木) 10:56 | 編集
左のスラップショットが強烈、ベイツ・バタグリアは超めんこい。

ジェフ・オニールは、やはり女たらしっぽい。っていうかぶっといネックレスやめれ。

ロン・フランシス様はシブさの頂点に立っているので、「東山文化ロニー」と呼びたい。

髪を切ったケーンズ監督ポール・モリースには、中間管理職の悲哀ただよいまくり。

そのモリースとハブズ監督ミシェル・テリエンは、なんとなく感じが似ている。

こぶたこぶたってバカにしてたのに、いつの間にかテリエンを好きになっていた自分がいた。ブヒーッ。

ヤニック・ペローとマシュウ・マッカノヒーの間にはほんとうに血のつながりがないのか、DNA鑑定を要求したい。

ずっとヘルシー・スクラッチくらっていたハブズのセルゲイ・ベレジンは、試合に出て弾けていた。

ハブズ#25チャド・キルガーのパパがカナダの国会議員というのは、まぎれもない事実である。

ハブズ#90ジョー・ジュノーが航空学の学位を持っているというのも、まぎれもない事実である。

ハブズ#28カール・ダイクハウスが、5か国語ペラペラというのも、まぎれもない事実である。

ハブズ#93ダギー・ギルモアの妻が、もともと売れないモデルで、トップレスもどきで広告に出ていたのも、まぎれもない事実である。

ケーンズのブレット・ヘディカンの妻があのクリスティ・ヤマグチというのも、まぎれもない事実である。

ハブズ・ファンである私が、ハブズのベンチにいるアンドレアス・ダッケルとサク・コイブの見分けがときどきつかないというのも、まぎれもない事実である。

第3戦の後、モルソン・センターの心ないお客さんが、バナナの皮をリンクに投げ入れて黒人ゴーリーのケヴィン・ウィークスをからかったのも、まぎれもない事実。

ただただ、悲しい・・・。エンピツくんウィークス、気にしないでガムバレ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。