さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソチ五輪のアイスホッケー会場  ボリショイ&シャイバ
2013年11月21日 (木) 14:22 | 編集



2014年2月7日、ロシア連邦のソチにおいて、第22回冬季オリンピック大会が開幕します。会期は2月23日まで。

アイスホッケー競技は、男子が2月12日から2月23日まで、そして女子が2月8日から2月17日まで行われます。北米のプロアイスホッケーリーグNHLは、レギュラー・シーズンを2月9日から2月25日まで中断し、各国の代表となる選手たちをソチへ送り込みます。

ソチ大会においてホッケー会場となるのは、次の2つのアリーナです。この両アリーナは300メートルほどしか離れていません。


■ボリショイ・アイス・ドーム



総工費1億8000万ドル(約180億円)をかけて新設された、12,000人収容の大きなアリーナ。五輪後はホッケー会場のほか、コンサートなど他の目的にも使えるよう設計されている。会場の椅子は観客が寒くないようにとの配慮により、布張りの豪華版。


■シャイバ・アリーナ



最新鋭のLEDを使ったスコアボードや音響システムを備える、7000人収容の多目的アリーナ。総工費2700万ドル(約27億円)で新設されたが、オリンピック終了後はロシア国内の他の都市に移設されることになっている。「シャイバ」はロシア語でアイスホッケーのパックのこと。(ロシアでは、「シャイブ! シャイブ!」と連呼してマイチームを応援する習慣がある。)


どちらも新設なのでピッカピカ、デザインも斬新で立派なアリーナですね。

バンクーバー大会では、「より多くの観客に試合を見てもらうため」を大義名分に、ロジャーズ・アリーナ等NHLサイズのリンクで試合を行いましたが、ソチ大会では原点に戻り、国際規格の広いリンクでの戦いになります。

ところでこの2つのアリーナは既に完成していますが、開会式が行われるメインスタジアムを含むその他の施設は大幅に工事が遅れており、9月に現地を視察したプーチン大統領が激怒した、というニュースも伝わってきました。

しかも現在国内をリレー中の聖火も40回以上途中で消えたとか(笑)、もともと温暖なリゾート地として発展した街なので降雪量の少なさの懸念とか、なんだか開幕を間近に控えてグダグダ感満載のソチ五輪ですが、トップレベルのホッケーを毎日堪能できる最高の機会なので、今からとても楽しみです!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。