さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHL各チームの基本データ(その2)
2013年11月18日 (月) 11:59 | 編集



続いて西カンファレンスの14チーム。


■セントラル・ディビジョン

・シカゴ・ブラックホークス(CHI)
 GM:スタン・ボウマン(40、カナダ)
 監督:ジョエル・クエンヴィル(55、カナダ)
 主将:ジョナサン・テーヴズ(25、カナダ)
 ホーム:ユナイテッド・センター(19,717席)

・コロラド・アバランチ(COL)
 GM:グレッグ・シャーマン(43、アメリカ)
 監督:パトリック・ロワ(新、48、カナダ)
 主将:ガブリエル・ランデスコーグ(新、20、スウェーデン)
 ホーム:ペプシ・センター(18,007席)

・ダラス・スターズ(DAL)
 GM:ジム・ニル(新、55、カナダ)
 監督:リンディ・ラフ(新、53、カナダ)
 主将:ジェイミー・ベン(新、24、カナダ)
 ホーム:アメリカン・エアラインズ・センター(18,532席)

・ミネソタ・ワイルド(MIN)
 GM:チャック・フレッチャー(46、カナダ)
 監督:マイク・ヨー(40、カナダ)
 主将:ミッコ・コイブ(30、フィンランド)
 ホーム:エクセルエナジー・センター(18,064席)

・ナッシュビル・プレデターズ(NSH)
 GM:デイヴィッド・ポイル(63、カナダ)
 監督:バリー・トロッツ(51、カナダ)
 主将:シェイ・ウェバー(28、カナダ)
 ホーム:ブリジストン・アリーナ(17,113席)

・セントルイス・ブルーズ(STL)
 GM:ダグ・アームストロング(49、カナダ)
 監督:ケン・ヒッチコック(61、カナダ)
 主将:デイヴィッド・バッカス(29、アメリカ)
 ホーム:スコットレイド・センター(19,150席)

・ウィニペグ・ジェッツ(WPG)
 GM:ケヴィン・シェヴェルデイオフ(43、カナダ)
 監督:クロード・ノエル(58、カナダ)
 主将:アンドリュー・ラッド(27、カナダ)
 ホーム:MTSセンター(15,004席)


::: 新シーズンのセントラル・ディビジョンの目玉は、なんといってもコロラド・アバランチでしょう。あの(いろんな意味で)名物ゴーリーだった俺様ロワ様ことパトリック・ロワが、監督として古巣アバランチにご帰還あそばれた! 何考えてんだ、アバランチ!(笑)

まだ43歳と若いGMグレッグ・シャーマンが、俺様の暴走を止めることができるのかとても心配〜。でも噂によるとシャーマンは名目上のGMで、将来チームの運営を任されることが既定路線のジョー・サキックと俺様のアドバイザー的役割を担っているだけにすぎないんだそうです。で、アバランチは現在ディビジョン2位なので、俺様ももしかして監督の才能があるのかもしれません。いやそれって若き新キャプテン、ガブリエル・ランデスコーグのおかげかな!?

そしてもう一つ、驚きの人事といえば、スターズの監督にリンディ・ラフが就任したこと。1999年のスターズの「疑惑のスタンリー・カップ・ゴール」の相手はリンディ率いるセイバーズでした。うしファンの多くが今でもあのゴールを根に持っているかどうかはわかりませんが、まさかその因縁のチームの監督にリンディがなるとは思ってなかっただろうし、引き受けたリンディにもびっくりです。でも一番びっくりするのは、リンディに監督職をオファーしたスターズに対して、ですね。ルール改正のきっかけにもなったあの疑惑のゴールは、もう遠い昔のことになったんだなと思いました。


■パシフィック・ディビジョン

・アナハイム・ダックス(ANA)
 GM:ボブ・マリー(58、カナダ)
 監督:ブルース・ブドロー(58、カナダ)
 主将:ライアン・ゲツラフ(28、カナダ)
 ホーム:ホンダ・センター(17,174席)

・カルガリ・フレイムズ(CGY)
 GM:ジェイ・フィースター(51、アメリカ)
 監督:ボブ・ハートリー(53、カナダ)
 主将:マーク・ジョルダーノ(新、30、カナダ)
 ホーム:スコシアバンク・サドルドーム(19,289席)

・エドモントン・オイラーズ(EDM)
 GM:クレイグ・マクタヴィッシュ(55、カナダ)
 監督:ダラス・エイキンズ(新、46、カナダ)
 主将:アンドリュー・フェレンス(新、34、カナダ)
 ホーム:レクソール・プレイス(16,839席)

・ロサンゼルス・キングズ(LA)
 GM:ディーン・ロンバーディ(55、アメリカ)
 監督:ダリル・サター(55、カナダ)
 主将:ダスティン・ブラウン(28、アメリカ)
 ホーム:ステイプルズ・センター(18,118席)

・フェニックス・コヨーテズ(PHX)
 GM:ドン・マロニー(55、カナダ)
 監督:デイヴ・ティペット(52、カナダ)
 主将:シェイン・ドーン(37、カナダ)
 ホーム:ジョビングドットコム・アリーナ(17,125席)

・サンノゼ・シャークス(SJ)
 GM:ダグ・ウィルソン(56、カナダ)
 監督:トッド・マクレラン(46、カナダ)
 主将:ジョー・ソーントン(34、カナダ)
 ホーム:SAPセンター(17,562席)

・バンクーバー・カナックス(VAN)
 GM:マイク・ギリス(54、カナダ)
 監督:ジョン・トートレッラ(新、55、アメリカ)
 主将:ヘンリク・セディン(33、スウェーデン)
 ホーム:ロジャーズ・アリーナ(18,860席)


::: 他の3ディビジョンに比べて、パシフィック・ディビジョンの7チームは2年前と比べてもあまり人事的な変更がありません。その中で監督もキャプテンも新任のオイラーズのフレッシュさが目立ちます。いまのところカンファレンス最下位なんですけどね・・・。




オイラーズ新監督のダラス・エイキンズ。一見優男風のイケメンですけど、実父はネイティブ・アメリカンだそうです。 妻は金髪の美人女優。こんな格好よくなくていいから、チームを勝たせることができる人に監督になってほしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。