さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHLの新ディビジョン&2013-2014年スケジュールが発表に
2013年09月01日 (日) 11:20 | 編集



NHLは7月19日、2013-14年シーズンから導入する新たなディビジョンとスケジュールを発表しました。

これまでは計30チームを東西2つのカンファレンスに分け、各カンファレンスの15チームを3ディビジョン(各5チーム)に分けていました。

10月からの新しいシーズンは、東西カンファレンスの枠組みこそ変わりませんが、ディビジョンは各カンファレンス2つずつとなり、東カンファレンスには計16チーム、西カンファレンスには計14チームが所属することになります。

各ディビジョンの編成は以下のとおり。(アルファベット順)


■東カンファレンス■

■アトランティック・ディビジョン(8チーム)

ボストン・ブルーインズ
バッファロー・セイバーズ
デトロイト・レッドウィングズ
フロリダ・パンサーズ
モントリオール・カナディアンズ
オタワ・セネターズ
タンパベイ・ライトニング
トロント・メイプルリーフス

■メトロポリタン・ディビジョン(8チーム)

キャロライナ・ハリケーンズ
コロンバス・ブルージャケッツ
ニュージャージー・デビルズ
ニューヨーク・レンジャーズ
ニューヨーク・アイランダーズ
フィラデルフィア・フライヤーズ
ピッツバーグ・ペンギンズ
ワシントン・キャピタルズ


■西カンファレンス■

■セントラル・ディビジョン(7チーム)

シカゴ・ブラックホークス
コロラド・アバランチ
ダラス・スターズ
ミネソタ・ワイルド
ナッシュビル・プレデターズ
セントルイス・ブルーズ
ウィニペグ・ジェッツ

■パシフィック・ディビジョン(7チーム)

アナハイム・ダックス
カルガリ・フレイムズ
エドモントン・オイラーズ
ロサンゼルス・キングズ
フェニックス・コヨーテズ
サンノゼ・シャークス
バンクーバー・カナックス


::: NHLの新しいディビジョン分けは、面白いことになりました。注目は、21世紀のNHLを常にリードし続けて来た強豪であり古豪であるデトロイト・レッドウィングズであります。

西にあるセントラル・ディビジョンの雄として長らく君臨し続けてきたウィングズが、中西部から飛び出して東海岸に殴り込み!

・・・って、なんでやねーん!?という気もしなくはないですけど、地理的にご近所のリーフスも、なぜかちゃっかりアトランティック入りしているので、巻き込まれて一緒にされちゃったのかもしれない。ミシガン州はアメリカでは「中西部」のくくりなのに、東部時間を採用していることにも関係があるのかも。正直よくわかりません。

メトロポリタン・ディビジョンに、ニューヨークやあのあたりのチームをまとめたかったのかな?という意図はわかりすぎるぐらいわかりますが、小さいエリアにごちゃごちゃとチームが集まっているメトロポリタンに比べて、アトランティックのチームは南北の移動距離がはるかに長く、ちょっと不利では・・・? NHLよ、それでいいのか。

それにしても、ウィングズがブルーインズやリーフス、ハブズと同じディビジョンでやることになるなんて・・・、なんか慣れないです。

東が8チームずつで計16チーム、西が7チームずつで計14チーム。

なぜ、両方仲良く15チームずつではだめだったの?と最初は思いましたけど、広い西のほうが移動のハンデが大きいので、それでよかったのかなあという気もします。

我がオイラーズは、シャークスやLAキングズ、カナックスと同じディビジョンになってしまいまして・・・、もう、ダメだこりゃ(笑)。やる前から。

でも今季は久々に、全チームが最低1試合は他の29チームと戦うことになるんだそうで、楽しみです!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。