さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年NHLアウォード 各賞が発表に(パート1)
2013年06月16日 (日) 00:00 | 編集



NHLの2012-2013年シーズンの各個人賞の一部が15日、発表された。最優秀守備的フォワードに贈られるセルキ・トロフィは、シカゴ・ブラックホークスの主将ジョナサン・テーヴズ(25)が初受賞。最優秀監督には昨年に続いて2度目のノミネートをされていたオタワ・セネターズのポール・マクレーン(53)が初めて選ばれた。

リーグMVPなど残りの賞の受賞者は16日夕、カップ決勝第2戦の1時間前にスペシャル番組において発表される。

今日発表された各賞の受賞者は以下のとおり。


セルキ(最優秀守備的フォワード):
  ジョナサン・テーヴズ(シカゴ・初)
ジャック・アダムズ(最優秀監督):
  ポール・マクレーン(オタワ・初)
ジェネラル・マネジャー(最優秀GM)
  レイ・シェロ(ピッツバーグ・初)
レディ・ビング(スポーツマンシップ):
  マルタン・サンルイ(タンパベイ・3回目)
キング・クランシー(リーダーシップと人道的貢献):
  パトリス・ベルジュロン(ボストン・初)
ビル・マスタートン(忍耐と献身=カムバック):
  ジョシュ・ハーディング(ミネソタ・初)
メシエ・リーダーシップ(マーク・メシエが選ぶリーダー):
  ダニエル・アルフレッドソン(オタワ・初)

■談話
ジョナサン・テーヴズ「過去の受賞者を見てみたら、彼らがチームにとってどれだけ意味のある存在で、また攻撃面でも守備面でもどれだけチームに貢献しているかがわかります。そういった選手たちと同じ文章の中で語られ、同じレベルであるとみなされるのは本当にすばらしいこと。特別な賞です」


::: 今年はロックアウトでファイナルの日程もかなり押しているからか、従来の形式でのアウォードの授賞式ってやらないのですね。毎年楽しみにしていただけに、残念。

でもジョナサン・テーヴズのセルキ受賞は嬉しいです! 攻撃もうまいけれど守備はもっとうまく、特にバックチェックの速さは天下一品。フェイスオフの強さもリーグでトップクラスだし、センターやるために生まれてきたような選手です。なのでいつかはセルキもらうんだろうなーとは思っていたけど、25歳で受賞とは。昨季受賞のパトリス・ベルジュロンとはわずか10ポイント差の大接戦でした。おめでとう!

残りの賞については明日の第2戦の前に発表になるそうですが、リーグMVPは候補3人ともいまいち飛び抜けた部分がなく、非常に予想が難しいようです。

でもノリスは、噂ではカナディアンズのPK・スバンが初受賞、とのこと。マジですか。まだ24歳ですよ。確かに攻撃はすごい、たぶん今のNHLでは一、二を争うハードショットの持ち主でしょう。アル・マッキニスを彷彿とさせるあの攻撃力は魅力です。でも肝心の守りは・・・? 果報は寝て待て、明日の各賞発表が楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。