さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
延長戦を制してブルーインズが無傷の3連勝 カップ決勝進出へ王手
2013年06月06日 (木) 23:05 | 編集



6月5日(水)の試合結果

ピッツバーグ1、ボストン2(第2OT)
(ボストン3勝)

ボストン   100 01
ピッツバーグ 010 00

スコア:
第1ピリオド ダヴィッド・クレイチー9(ボストン、アシスト=ミラン・ルチッチ)
第2ピリオド クリス・クーニッツ5(ピッツバーグ、アシスト=ポール・マーティン、パスカル・デュピュイ)
第2OT パトリス・ベルジュロン(ボストン、アシスト=ブラッド・マーシャン、ヤロミール・ヤーガー)


::: 長い試合でした。見ていて疲れました。でも、試合を通してずっと劣勢だったブルーインズが勝ててよかったです。リーフスとの第7戦で歴史的なOTゴールを決めたパトリス・ベルジュロンが、今回も値千金の決勝ゴール。やっぱりバージー、持ってます。

特に2ピリ以降、シュートを浴び続けたトゥーッカ・ラスクは53セーブ。お疲れ様でした。試合が終わったのは午後11時過ぎ。感想を訊かれて「普段ならもう寝てる時間なんだよね」と冗談を言う余裕もあったみたいです。

一方、試合中ずっと走り回っていたブラッド・マーシャンは「もうクタクタだ。疲れて動けない」と言っていました。ブルーインズのクロード・ジュリアン監督も「いい試合だった。でも早く帰って寝たい」。寝てください。トシだしね。

前2戦に比べてペンギンズが盛り返した最大の理由は、フェイスオフにあったと思います。フェイスオフ勝率でブルーインズに負けていたペンギンズは、試合を支配するためにフェイスオフ直後にパックを素早く奪いに行く作戦を立て、忠実に実行していました。3ピリが終った時点でのペンギンズのフェイスオフ勝率は約70%。こんなにフェイスオフ取られてたんじゃ、ブルーインズもそりゃバタバタしますって。

2ピリは、激しく攻め立てるペンギンズ、必死で守るブルーインズの攻防で、見応えありました。特にペンギンズのパワープレーで、エフゲニー・マルキンのシュートをブロックしたグレゴリー・キャンベルがすぐ立ち上がったもののまともに動けず、フラフラになりながら守備をするシーンは、さながらスポ根ドラマか漫画のようでした。

パックが自ゾーンからやっとクリアされ、よろよろよろけながらベンチに向かって行くグレキャンに、TDガーデンのお客さんたちは立ち上がって大歓声を送ります。感動的なシーンでした。

ここでグレキャンの頑張りが実り、ペナルティキルに成功したのはよかったんですけど、なんとグレキャン、右足をケガして残りのプレーオフ絶望だそうです。えー、そんなー!? グレキャンはペナルティキルのスペシャリストで、ブルーインズの誇るPKユニットの中心的存在なんですけど・・・。これからの試合、彼なしでどうやってペナルティをしのげと・・・!? ぐあー、大ショック。

ずっと優位に試合を進めていたのに、第2OTまで行って勝てなかったペンギンズには、どっと疲れる結果だったでしょうね。終ってみればシドニー・クロズビーもマルキンもまたポイントなし。マルキンに至ってはマイナス2です。これでブルーインズが2年ぶりのカップ決勝進出に王手をかけました。今季、東カンファレンス優勝のペンギンズが、次の試合でプレーオフから姿を消してしまうのでしょうか。

----------

ブルーインズとの第1戦の後、審判についてブーたれていたというクロズビー。人気もあるけれど、そのキャラやプレースタイルから、アンチからはとことんいじられやすい選手でもあります。

アンチ曰く、「クロズビーはいつも泣き言ばかり言っている」。曰く、「クロズビーはダイビングが得意」。今年のプレーオフ第1ラウンド、ペンギンズと対戦したNYアイランダーズのファンは「NO DIVING(ダイビング禁止)」のサインをみんなお揃いで持って、クロズビーを歓迎しました。

で、先日のピッツバーグからボストンへ向かうジェットブルー社のフライト。機内で泣いている赤ちゃんがいまして、その泣き声を聞いたパイロットが機内アナウンス用のマイクで「シドニー・クロズビーが乗ってるのかな?」。飛行機はボストンのメディア関係の人でいっぱいで、たまたま乗り合わせたコムキャストのスポーツ記者らがそれをツイッターですかさず発信、小ネタ程度ではありますがニュースになりました。

パイロットの冗談のネタにもされちゃうクロズビーのめそめそキャラ、キャラ立ちしすぎてるのもいいような悪いような。でもまだ若いのだし、泣き言ぐらい言っても・・・って、クロズビーってあと2か月で26歳!? うーん、時が経つのは早いのね。まあ、その、なんだ、がんばれクロズビー・・・。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。