さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好調ブルーズ、キャピタルズに逆転勝利
2011年11月30日 (水) 22:47 | 編集



11月29日(火)

セントルイス2、ワシントン1

キャピタルズはブルース・ブドローがクビになり、デイル・ハンターが監督に就任して初めての試合です。相手も今月デイヴィス・ペインからケン・ヒッチコックに監督が交替したブルーズ。ヒッチ vs ハンター、なかなか壮絶な試合になりそう。オーナーのテッド・レオンシス様も、なぜか観客席で一般のお客さんたちと一緒にご観戦でした。

ハンターはずっとガムくちゃくちゃさせてベンチの後ろで眼光鋭く試合を見守ってましたけど、さすがに緊張しているふうでした。でも、見た目は引退前とほとんど変わらないですね。現役時代からおっさんくさかったから?

キャピタルズはブルーズが相手ってことで、

「げ、ハラークかよ?(泣)」

って最初からイヤだったろうなあ。キャピタルズにとってヤロスラフ・ハラークは、2シーズン前のプレーオフでさんざんひどい目に遭わされた相手で苦手意識バリバリだろうし。逆にハラークは久々のキャピタルズ戦先発で、やる気まんまんだったことは想像に難くないです。

キャピタルズの先発はトマーシュ・ヴォクーンでした。控えがミハル・ノイヴィルトなので、正控えともにチェコ人ゴーリーということで、こういうチームも珍しいですね。二人はチェコ語で話ができてコミュニケーションばっちりでしょう。

ノイヴィルトは今季ヴォクーンが同じチームにやってきたとき、「トマーシュはリーグで三本の指に入るゴーリー」と言ってました。「もちろん、ほとんどの試合に先発したいし、正ゴーリーでいたい。子どもの頃はトマーシュのようになりたかったけど、いまは彼よりもいいゴーリーになりたい」。同郷の大先輩を尊敬しつつも、その先輩を追い抜きたいって気持ちが強いみたいですね。ノイヴィルトの奮起に期待だ!

試合はキャピタルズがニクラス・バックストロムのゴールで先制しましたけど、2連続失点をゆるしての逆転負け。ハンター監督の初戦を勝利で飾ることはできませんでした。逆にヒッチコックは、11月7日にチームの舵取りを初めて以来、8勝1敗2分の好成績。

試合を見ていて気になったのは、アレクサンダー・オベチキンの元気のなさ。3ピリになってかろうじて少し見せ場があったけど、1ピリ2ピリは「いるの?」って感じでした。ショットもたったの1本で、天敵ブドローがいなくなって、オベちゃんはのびのびとプレーできるはずなのになあ。

ブルーズの試合はものすごく久しぶりに見ましたが、いまジェイソン・アーノットやジェイミー・ランゲンブラナーもブルーズでプレーしてるんですね。今季調子がいいらしいTJ・オシー(ファイティング・スー出身!)も「新しい監督が来たから、ハードにプレーしていい印象を与えないとね」の言葉どおり、1ゴール決めました。それは嬉しいんだけど、ブルーズが誇るアイドル系オシーもちょびヒゲ生やしてて・・・、11月だから仕方ないけどイケてなかったわー。




ベンチで何やら話している新監督とキャプテン。
ハンター監督がオベちゃんの肩をがしっと抱き耳に口を寄せて話しかけているシーンも見られました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。