さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルーインズがセネターズに鮮やかな逆転勝利
2011年11月02日 (水) 20:53 | 編集



11月1日(火)

オタワ3、ボストン5

いわゆるひとつの「Stanley Cup Hangover」(カップ疲れ?)なのか、現在東カンファレンス最下位に堂々鎮座ましましているブルーインズが、同じディビジョンのライバルでカンファレンス4位のセネターズにすっきり鮮やかな逆転勝ちをおさめました~! パチパチ~。

点の取り合いで、面白い試合でした。2-1とリードされていた2ピリの4分過ぎ、パトリス・ベルジュロンがうまいゴール。そして18分にクリス・ケリーの豪快なワンタイマーで逆転。3ピリに入ってオタワに同点にされますが、ジョニー・ボイチャックとダニエル・パイエがわずか37秒で立て続けにスコアして、オタワを突き放しました。TDガーデン、盛り上がってました!

勝因はやっぱり、今季いまのところパワープレー成功率でリーグ1位のオタワにパワープレー・ゴールを決めさせなかったことでしょうか。昨季のスタンリー・カップ優勝の原動力の一つだったペナルティキルが、今季も冴えているようです。って当たり前だ、スペシャル・チームのメンバー、まったく変更ないんだから。

そのPKユニットの中核をなすグレゴリー・キャンベルが、なぜか2回もザック・スミスと激しいケンカ。グレキャンはそんなキャラじゃないはずなのに、なんだったんだろうアレ。

今日はボストン・ローカルのNESNの中継を見てましたが、試合の途中で、アフガニスタンで戦死したアメリカ兵の家族が紹介されました。彼の名前付きのブルーインズ・ジャージ(選手たちのサインびっしり)を手に持ち、涙をふきふき観客の声援に応えるお母さんと若い女性。二人ともちゃぐまジャージ着用です。

彼はお母さんと妹さんにブルーインズの試合をプレゼントしたいと、遠くアフガニスタンからインターネットでこの試合のチケットを購入していたんだそうです。その試合の前に、彼は亡くなってしまいました。いつもは軽口ばかり叩いている実況担当ジャック・エドワーズの「彼は真の英雄です」というしんみりした口調が、印象的だったのでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。