さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年冬 東海岸NHL観戦旅行(2)ロングアイランド part1
2011年11月02日 (水) 14:41 | 編集
2月26日(土)

ワシントン・キャピタルズ@ニューヨーク・アイランダーズ
(@ナッソー・コロシアム)



■アクセス


JFK空港はロングアイランドの西部に位置します。ブルックリンよりもっと東に行ったところです。ここからユニオンデールにあるナッソー・コロシアム(Nassau Coliseum)に行くには、電車とバスを乗り継ぐ必要があります。

まずJFKの8つのターミナルをつなぐエア・トレインでジャメイカ駅(Jamaica Station)まで行き、そこでLIRR(ロングアイランド・レイルロード)の黄色いライン、Hempstead Branchに乗り換えます。LIRRに乗り換えるときに、それまで乗ってきたエア・トレインの分も含めたチケットを、LIRRの券売機で買うことになります。(エア・トレインの分は後払い) 運賃は7ドル25セント、クレジット・カードで払えました。

終点ヘンプステッド(Hempstead)がバスターミナルになっているのでそこで電車を降り、N70、N71、N72の路線のうちどれかに乗ると、ナッソー・コロシアムの向かいにある「Hempstead Turnpike」で降りることができます。バスの切符はターミナルのチケット・ブースで係員から購入しました。往復4ドル、たしかクレジット・カードもOKだったはずです(記憶があやふや)。

バスの降りる場所が不安であれば、バスに乗り込むときに「ナッソー・コロシアムへ行きたい」と運転手さんに伝えておけばいいと思います。「ホッケーを見ます」と付け加えれば完璧かも。でもアリーナの隣にはマリオット・ホテルがあるくらいで、見逃したくても見逃せないようなロケーションにアリーナはあるので、「どこでバスを降りたらいいかわからない」という心配はまったくいらないと思います。



LIRRヘンプステッド駅。この先にバスターミナルがあります


バスを降りたところから見えるアリーナとマリオット・ホテル。2つの建物はこんなに近いんです


やっと着いたぜ、ナッソー・コロシアム! 正式名称「Nassau Veterans Memorial Coliseum」


■ホテル

ナッソー・コロシアムに隣接するマリオット・ホテル(Long Island Marriott Hotel & Conference Center)に泊まりました。税込みで1泊約166ドル。カード会社の換算レートが1ドル83円だったので、約14,000円でした。円高バンザーイ!

アイルズの試合が終わった後、バスとLIRRを乗り継いでニューヨークへ戻る人もいるようですが、私は一人旅だし、夜はかなり不安だったので、目の前のホテルに泊まりました。実際に行ってみて、昼間でも薄暗いヘンプステッド駅のバスターミナルの独特の雰囲気に、「やっぱりホテルに泊まってよかった・・・」としみじみ思ったのでした。グループ行動とか、男性なら、夜のヘンプステッドも大丈夫じゃないかと思います。



ロングアイランド・マリオット・ホテル


ホテルのロビーに飾られていたアイルズ・ジャージ


部屋はごくフツー


部屋の窓からアリーナが見えた!(感激~)


日が暮れて、いざ観戦へ!

久々の生観戦にウキウキ気分でホテルを出ると、そこは駐車場。真冬でけっこう寒かったのに、アイルズ・ジャージを着た5、6人のファンがテントを立てて、無理やりテイルゲート・バーベキューを催していました・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。