さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決断のとき ジュニア・チームに戻されるルーキーは誰?
2011年10月28日 (金) 21:24 | 編集



今年6月のエントリー・ドラフトで選ばれた選手のうち、現在でもNHLでプレーしているのは5人。ライアン・ニュージェント=ホプキンズ(エドモントン)、ガブリエル・ランデスコーグ(コロラド)、アダム・ラーション(ニュージャージー)、ミカ・ジバネジャッド(オタワ)、そしてショーン・クチュリエ(フィラデルフィア)の5人です。

彼らについての記事がNHL.comに掲載されていたので、簡単にですが訳してみます。

---------

・・・5人のルーキーたちは今週、それぞれ9試合目に出場することになる。それは5人の新しいボスにとって、『締切り』が近づいていることを意味する。

NHLのチームは10代の選手たちをいつでもジュニアに送り返せる。しかしルーキーがNHLで10試合をプレーする前にそうすれば、エントリー・レベルでの契約の開始を延期できるのである。

9試合以上でプレーした後にジュニアのチームに戻された最後の選手は、ディフェンスマンのルーカ・スビーザ(2008年にフィラデルフィアが全体19位で指名、現アナハイム)だった。スイス人のスビーザは39試合をフライヤーズで戦った後にWHLのチームへ返された。40試合以上プレーすると、NHLフリー・エージェントの規定における「1シーズン」と見なされてしまうからである。

オタワ・セネターズが全体第6位で指名したミカ・ジバネジャッドは、10月25日に対キャロライナ・ハリケーンズ戦に出場し、今季の新人で9試合目を戦った初の選手となった。しかしオタワはその翌日、ジバネジャッドをスウェーデン・エリート・リーグのユールガーデンに送り返すと決定した。

プレーした9試合で、ジバネジャッドがあげたのはわずか1アシストのみ。プラスマイナスもマイナス3だった。1試合平均12分54秒のアイス・タイムがあったのにもかかわらず、である。・・・

・・・今週行われる試合で、おそらく最も面白くなりそうなのは、28日のコロラド・アバランチ対エドモントン・オイラーズだろう。2011年のエントリー・ドラフトで真っ先に指名されたライアン・ニュージェント=ホプキンズ(エドモントン)が、全体2位指名のガブリエル・ランデスコーグ(コロラド)と顔を合わせる。二人はともにNHL入りしてちょうど10試合目を戦うことになる。

ニュージェント=ホプキンズは7試合に出場して5ゴール7ポイントを稼ぎ、これはルーキーでトップの成績。わずか3試合目でハットトリックもマークした。キーポイントとなる10試合目の対アバランチ戦にニュージェント=ホプキンズが出場するかどうかはまだ定かではないが、ランデスコーグはプレーする。アバランチのジェネラル・マネジャー、グレッグ・シャーマンが「彼はチームにとどまる」と明言しているからである。

ランデスコーグのプレーぶりから考えて、アバランチがこの新人をジュニアに戻す理由はない。これまで8試合プレーして、あげた4ゴールはチームで2位。また1試合平均のアイス・タイム16分45秒は、フォワードでプレーするすべてのルーキーの中でトップだ(2位はニュージェント=ホプキンズの16分44秒)。

やはり18歳だったライアン・オライリーとマット・ドゥシェーンが、1シーズンを通してキー・プレーヤーとしてアバランチでやれたことも、ランデスコーグをNHLにとどまらせる決断の根拠になったと、シャーマンは語った。・・・

--------

だいぶ割愛しましたが、面白い記事でした。

RNHことニュージェント=ホプキンズが自身NHL10試合目となる対アバランチ戦に出場するかどうかは、まだ決まっていないようです。

今日(27日)、オイラーズはホームでワシントン・キャピタルズを2-1で下し、キャピタルズの開幕以来の連勝記録を7でストップさせました。その試合後のインタビューで次の試合に出るのかどうか訊かれ、RNHは「まだ何も言われてません」と答えていたので、たぶん明日、本人に決定が言い渡されるんでしょう。

個人成績もいいし、パワープレーの第1セットで出てきたりと新人らしからぬ使われ方もしているし、それで実際チームは勝っているので、おそらくこのままオイラーズにとどまるのではないかな、と私は見ていますが、どうでしょうか。




コロラドの超新星、ガブリエル・ランデスコーグ。スウェーデン出身、このとおりスター性じゅうぶんな18歳です。1992年生まれだから、背番号は92。(少しはひねれや!)

お父さんはスウェーデン・エリート・リーグで活躍したディフェンスマン。ジャージを着て息子の試合をインターネット・ラジオで応援する熱血パパです。そしてなんと、双子の妹がいるんだそうな。そしてそしてジュニアのキッチナー・レンジャーズ時代、ケーンズのジェフ・スキナーとルームメイトだったんだってー!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
にゃおこさん、こんにちは。
いつの間にかたくさんの記事が書かれていて、チェックが遅れてしましました。あとでじっくり読ませてもらいます。

新しいシーズンが始まりましたね。Myカナックスは相変わらずのスロースターター。これはスタンレーカップの疲れからだと信じています(笑)。
しかし、ルゥーが不安定なので心配です。そして、FAで獲得したスタームをいきなりトレード。
ブースはフィリー時代のリチャーズのハードチェックで脳震盪を負った選手ですよね。
怪我の心配はあるけど、得点力のある選手なんで、どんなプレーをするか楽しみです。

新人選手、RNHは今日の試合に出ていましたね。見逃しちゃったけど。
オイラーズ、若手が多く、ライアン・スミスが引き締めて、いいチームになってきてると思います。
80年代から僕もファンなので今シーズン、プレイオフ進出を期待してます。
2011/10/29(土) 13:42 | URL | NON #TQJJvfrU[編集]
スタンリー・カップ疲れ
NONさん、書いたりサボったりの連続ですみません。今季は開幕からオイラーズがまさかの好調さで、嬉しくて更新してしまいました。カナックスに勝ち、アバランチにも勝って、一瞬だけカンファレンス1位になりましたー! 涙涙でオイラーズに戻ってきたすみってぃと、ライアン・ウィットニー、そしてキャプテンのホーコフが若いチームを引っ張って、今季はこの調子でいってほしいと願っております。

カナックスのスタンリー・カップ疲れ、あると思います! なぜなら、ちゃぐまも今カンファレンス最下位だからです(笑)。リーグ全体でもブービーです。カナックスはスロー・スターターだけどちゃぐまは決してそうではないので、やばいです。

ルゥーーーーはなんかやっぱり不安定ですよね。精神的に弱いイメージです。いったん崩れると立ち直れない、って印象で。今季が正念場でしょうね。まるこはいきなりパン吉に行っててびっくりしました。この間インタビュー受けてましたけど、「知ってる選手が何人かいるし、やりやすい」って言ってましたよ。

双子ちゃんもケスラーも健在で、カナックスは今季も強いんでしょうね。オイラーズともども、今季もさんくちゅありをよろしくお願いします!
2011/10/30(日) 21:48 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。