さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHL2011-2012シーズン 各チームの基本データ(その2)
2011年10月25日 (火) 15:59 | 編集



続いて西カンファレンス。

■セントラル・ディビジョン

・シカゴ・ブラックホークス(CHI)
 GM:スタン・ボウマン
 監督:ジョエル・ケネヴィル
 主将:ジョナサン・テーヴズ(23、カナダ)
 ホーム:ユナイテッド・センター(19,717席)

・コロンバス・ブルージャケッツ(CBJ)
 GM:スコット・ハウソン
 監督:スコット・アーニール
 主将:リック・ナッシュ(27、カナダ)
 ホーム:ネイションワイド・アリーナ(18,144席)

・デトロイト・レッドウィングズ(DET)
 GM:ケン・ホランド
 監督:マイク・バブコック
 主将:ニクラス・リドストロム(41、スウェーデン)
 ホーム:ジョー・ルイス・アリーナ(20,066席)

・ナッシュビル・プレデターズ(NSH)
 GM:デイヴィッド・ポイル
 監督:バリー・トロッツ
 主将:シェイ・ウェバー(26、カナダ)
 ホーム:ブリジストン・アリーナ(17,113席)

・セントルイス・ブルーズ(STL)
 GM:ダグ・アームストロング
 監督:デイヴィズ・ペイン
 主将:デイヴィッド・バッカス(27、アメリカ)
 ホーム:スコットレイド・センター(19,150席)

::: エリック・ブリュワー移籍後のブルーズのキャプテンは、デイヴィッド・バッカスなんですね。いいっすね。ミネソタ州立大出身です。CBJの新監督、YouTubeで検索かけたら、現役時代のケンカの場面がやたらと出てきて笑ってしまったのでした。タフガイ系の選手だったのですね。


■ノースウエスト・ディビジョン

・カルガリ・フレイムズ(CGY)
 GM:ジェイ・フィースター
 監督:ブレント・サター
 主将:ジャローム・イギンラ(34、カナダ)
 ホーム:スコシアバンク・サドルドーム(19,289席)

・コロラド・アバランチ(COL)
 GM:グレッグ・シャーマン
 監督:ジョー・サッコ
 主将:空席
 ホーム:ペプシ・センター(18,007席)

・エドモントン・オイラーズ(EDM)
 GM:スティーブ・タンベリーニ
 監督:トム・レニー
 主将:ショーン・ホーコフ(33、カナダ)
 ホーム:レクソール・プレイス(16,839席)

・ミネソタ・ワイルド(MIN)
 GM:チャック・フレッチャー
 監督:マイク・ヨー
 主将:ミッコ・コイブ(28、フィンランド)
 ホーム:エクセルエナジー・センター(18,064席)

・バンクーバー・カナックス(VAN)
 GM:マイク・ギリス
 監督:アラン・ヴィニョー
 主将:ヘンリク・セディン(31、スウェーデン)
 ホーム:ロジャーズ・アリーナ(18,860席)

::: オイラーズのホームのレクソール・プレイスのキャパシティって、NHLで最少なのね。ペンギンズのイグルーが引退した今、アイルズのナッソー・コロシアム、そしてウィングズのジョー・ルイス・アリーナとともに「NHL三大ぼろアリーナ」と呼ばれているとかいないとか。でもね、「コロシアム」(エドモントンの人々はいまだにこのアリーナをこう呼ぶ)は、古いけど熱くていいアリーナなんですよ。私の中ではいまだに「スカイリーチ」です。


■パシフィック・ディビジョン

・アナハイム・ダックス(ANA)
 GM:ボブ・マリー
 監督:ランディ・カーライル
 主将:ライアン・ゲツラフ(26、カナダ)
 ホーム:ホンダ・センター(17,174席)

・ダラス・スターズ(DAL)
 GM:ジョー・ニューエンダイク
 監督:グレン・ガラツァン
 主将:ブレンダン・モロウ(32、カナダ)
 ホーム:アメリカン・エアラインズ・センター(18,532席)

・ロサンゼルス・キングズ(LA)
 GM:ディーン・ロンバーディ
 監督:テリー・マリー
 主将:ダスティン・ブラウン(26、アメリカ)
 ホーム:ステイプルズ・センター(18,118席)

・フェニックス・コヨーテズ(PHX)
 GM:ドン・マロニー
 監督:デイヴ・ティペット
 主将:シェイン・ドーン(35、カナダ)
 ホーム:ジョビングドットコム・アリーナ(17,125席)

・サンノゼ・シャークス(SJ)
 GM:ダグ・ウィルソン
 監督:トッド・マクレラン
 主将:ジョー・ソーントン(32、カナダ)
 ホーム:HPパビリオン(17,562席)

::: アトランタ・スラッシャーズが移転してウィニペグ・ジェッツになってしまい、なんとなーく中途半端な存在になってしまったコヨーテズ。プレーオフではジェッツからの伝統の「ホワイトアウト」を死守してますけど、ジェッツが復活してしまった今、こよーてのホワイトアウトはどこへ行く? そしてもしももしも、万が一、プレーオフの決勝でジェッツとこよーてが対戦することになったら・・・、東でも西でも、アリーナは常に真っ白!?(ちょっと見てみたいかも・・・)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。