さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年NHLスタンリー・カップ・プレーオフ決勝第2戦:延長戦を制しカナックス2連勝
2011年06月06日 (月) 14:31 | 編集



6月4日(土)の試合結果

ボストン2、バンクーバー3(OT)
(バンクーバー2勝)

ボストン   0 2 0 0
バンクーバー 1 0 1 1

スコア:
【第1ピリオド】 12:12(パワープレー)アレクサンダー・バロウズ 8(バンクーバー、アシスト=サミ・サロ、クリス・ヒギンズ)
【第2ピリオド】 9:00 ミラン・ルチッチ 4(ボストン、アシスト=ジョニー・ボイチャク、ダヴィッド・クレイチー)
11:35(パワープレー)マーク・レッキ 3(ボストン、アシスト=ズデノ・ファーラ、パトリス・ベルジュロン)
【第3ピリオド】 9:37 ダニエル・セディン 9(バンクーバー、アシスト=アレクサンダー・バロウズ、アレクサンダー・エドラー)
【延長】 0:11 アレクサンダー・バロウズ 9 (バンクーバー、アシスト=ダニエル・セディン、アレクサンダー・エドラー)

ゴーリー:
ティム・トーマス(ボストン)33ショット、30セーブ
ロベルト・ルオンゴ(バンクーバー)30ショット、28セーブ

バンクーバー(AP)-- 北米プロアイスホッケーNHLの王座決定戦、スタンリー・カップ決勝(7戦制)は4日、第2戦がバンクーバーのロジャーズ・アリーナで行われ、バンクーバー・カナックス(西カンファレンス1位)が延長戦の末3-2でボストン・ブルーインズ(東カンファレンス3位)を破りシリーズ対戦成績を2勝とした。

先制したのはカナックスだが、第2ピリオドにブルーインズがマーク・レッキのパワープレー・ゴールを含む2連続得点で逆転。しかし第3ピリオド中盤に双子のセディン兄弟の弟ダニエルが鮮やかなゴールを決めカナックスが同点とした。

2-2で突入した延長戦開始のフェイスオフ直後。ブルーインズの守備のミスでパックを得たバロウズがゴール・クリーズ近くをぐるりと滑ってブルーインズ先発のトーマスを撹乱し、がら空きのゴールへパックを滑らせカナックスに勝利をもたらした。カナックスは本拠地で2連勝。第3戦は6日夜、マサチューセッツ州ボストンで行われる。

2ゴール1アシストでカナックスの全得点にからみ勝利に貢献したバロウズは、第1戦でブルーインズのパトリス・ベルジュロンともみ合いになった際ベルジュロンの指を噛み、NHLの制裁により第2戦には出場停止になるのではと噂されていた。

「僕について否定的な記事が出るのを、両親は本当に嫌がる。そういう記事は両親を傷つけるんだよ、僕じゃなくてね。父には『試合でゴールを決めろ、それが相手にとっては本当に痛いことなんだから』と言われた」と試合後に語ったバロウズは、父の教えどおりにブルーインズを2連敗という窮地に陥れる貴重なゴールをあげた。

第2ピリオドにヤニック・ハンセンのブレイクアウェーからのシュートを止めるなど、ビッグ・セーブも見せていたトーマスだが、最後はバロウズの速い動きにつられてゴール・クリーズから飛び出し、失点のもとを作った。「なんであろうと、ミスはミス。前に進まないとね」と自らのミスを認めていた。

「自滅して負けた」とダヴィッド・クレイチーは反省したが、バンクーバー出身で地元の家族や友人の前で凱旋ゴールをあげたミラン・ルチッチは「今日は第1戦よりよかった。もっと多く得点するために、今日の調子でやっていくよ」とボストンでの第3戦に目を向けていた。

2連敗のブルーインズだが、好材料もある。第3ピリオド中盤にダニエル・セディンにゴールをゆるすまで、カナックス自慢のトップ・ラインを成すセディン兄弟を2試合続けてほぼ完璧に封じ込めていたことだ。特に昨季のポイント王ヘンリク・セディンは2試合でショット数ゼロに終っている。

スタンリー・カップ決勝の歴史で、最初の2試合に負けたのは46チーム。そこから逆転で優勝した例は、2009年にデトロイト・レッドウィングズを破ったピッツバーグ・ペンギンズを含む4チームしかない。得意の守備的ホッケーでブルーインズが巻き返すことができるか。


::: うわーん、ブルーインズ2連敗です。せっかくトーマスもペナルティキル・チームも頑張り、ルチッチが故郷に錦を飾り、レッキが約1か月半ぶりのゴールを決め、3ピリ最初の5分ぐらいまでは攻め続けてブルーインズのペースで試合ができていたのに・・・。あとは逃げ切るだけだったのに! 1点差で逃げ切るのは得意のはずなのに、さすがに強いカナックスは簡単に勝たせてくれませんでした。

私はプレーオフの延長戦を見るのが大嫌いなので、延長戦がわずか11秒で終ったのは、よかったかな、うん。瞬殺されたのがブルーインズではなくてカナックスだったら、もっとよかったですけど。それに第1戦と違って、シャットアウトじゃなかったしね! 2点もとったし!

それにしても、最後のはあっという間に決まったゴールでした。あれはどう考えてもトーマスのミス。トーマスがおとなしくゴールネット前にへばりついていたら、あんな失点はしないですんだでしょう。クリーズから出てプレーするトーマスのことをカナックスはよく知っていたようで(当たり前だ)、試合後にバロウズが「トーマスがああいう動きをするのはわかっていた、だからゴールネット裏をまわってやろうと最初から思っていた」と言っていたのが印象的でした。

今日も安易なペナルティを取られないように慎重にプレーしていたし、1点取られはしたけどペナルティキル・チームも頑張っていたし、フェイスオフも勝っていたし、めったに決まらないパワープレー・ゴールもあったし、第1戦に引き続き、ブルーインズが勝ってもおかしくない試合でした。だからもったいないな~と本当に残念。アウェーで強いブルーインズだから、せめて1勝はしてボストンに帰ってほしかったです。

2連敗という、考えただけで気持ちがどよ~んとする状況の中で、またまた無理やり希望の光を見いだすとすれば、まずペナルティが少なくカナックスのパワープレーの恐怖にさらされる時間が短いこと。それからセディン兄弟+バロウズのトップ・ラインにはズデノ・ファーラとデニス・ザイデンベルクの二人を常にマッチアップさせ、それが功を奏していること。ただ、双子ちゃんに注意が行きすぎているのか、指噛み男バロウズへのマークが緩くなって、今日はバロウズにやられてしまったのですけどね。

ライトニングのシリーズでは最初の2戦で10点も取られたのに、カナックス相手にはまだ4点。このままロースコアでの戦いを続けていければ、なんとかチャンスはあるかも・・・! 次はTDガーデンでの試合だし、気持ちを新たにして、がんばれ、ちゃぐま!




ブルーインズの2点目。芸術的なゴールにルオンゴも茫然。

そして今日1点目を決めたミラン・ルチッチですが・・・



イースト・バンクーバー生まれで、第3戦の翌日6月7日に24歳の誕生日を迎えます。両親はともにセルビアからの移民で、お父さんはいまもバンクーバーの港で荷揚げの仕事をしているそうです。ミランには兄と弟がおり、兄弟3人ともホッケーをやっていました。

経済的に豊かな家庭ではなく、「他の家ほど子どもたちのホッケーにお金をかけることはできなかった」とお母さんは言っていますが、運動神経抜群の本人はラクロス、バスケットボール、ラグビーなど何でもこなし、ラグビーではバンクーバーの19歳以下の大会で優勝したこともあるほど。

しかしお母さんの兄弟の一人がかつてカナックスやペンギンズでプレーしたダン・ケーサということもあり、ミランはホッケーひと筋で行くと決めました。15歳のときWHLのバンタム・ドラフトにひっかからず、食卓で悔し涙をぼろぼろと流した息子を両親は励まし続け、ミランはWHLバンクーバー・ジャイアンツに入団。2007年にはメモリアル・カップで優勝し、大会MVPにも選ばれたのでした。

このプレーオフの第1戦が始まる前、お母さんはブルーインズの選手たちを自宅に招待し、ご馳走をふるまったそうです。そしてロジャーズ・アリーナでは、もちろん黒と金色のブルーインズ・ジャージを身につけて息子を応援。第3戦と第4戦は仕事を休み、ボストンで見ます。大陸を横断してホームのTDガーデンに駆けつけた家族や友人の前で恥ずかしいプレーはできません。あんたが頼りよ、がんばれ、ルチッチ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ヒギンズMTLでコイブ兄とよく同じセットでしたね。NYRに渡ったりして目立たなくなってしまったと思っていたら今回決勝で前ほどではないですが随所でなかなかいいプレーしてますね。G2は緊迫したOTになるかと思ったら・・・。G3に期待ですね。
2011/06/08(水) 18:44 | URL | at25 #mn6gys/M[編集]
game 3
エール大出身のヒギンズ、ニューヨーク出身なのになぜか子供の頃からカナディアンズの大ファンだったヒギンズ、サクと一緒のラインでやってましたっけ~。あの頃はゴールネットにジョゼがいて、魅力的なチームでした。
ファイナルの第3戦は8-1でブルーインズが勝ちましたよ。大差で後半はグダグダでしたが、緊迫度では第2戦より上でした。
2011/06/08(水) 20:54 | URL | にゃおこ #-[編集]
G3、4は残念でした。G5のVANは2Pまで1点差で踏ん張ってほしいです。
2011/06/10(金) 18:49 | URL | at25 #mn6gys/M[編集]
game 5
2ピリまで0-0で、3ピリにカナックスに1点取られて負けてしまいました。ボストンではボロ勝ちできるのになぜバンクーバーでは・・・!? 不思議なシリーズです。
2011/06/14(火) 08:26 | URL | にゃおこ #-[編集]
とうとうG7ですね!全くわからないシリーズですが楽しみです。ボスGK、FWは実力もある上絶好調、バンは全体的に乗りきれていない感じでルとセ兄弟に頑張ってほしいです。
2011/06/15(水) 18:54 | URL | at25 #-[編集]
ついにgame 7
ファイナルが始まるとき、「4タテくらうのは勘弁して、せめて3勝はしてほしい」と密かに願っていましたが、第7戦までもつれてしまいました。全くわからないし、不思議なシリーズですね。
ブルーインズのフォワードは絶好調です!・・・ボストンでは(笑)。ちゃぐまもカナックスも、ホームとアウェーでまったく別のチームになってしまうのが面白いですね。
脳震盪で戦線離脱のネイサン・ホートンもチームのみんなとバンクーバー入りしました。結果はどうなるでしょうか。シーズン最後の試合で、シャットアウト負けだけはやめてね。ブルーインズにはそう願うばかりです。
2011/06/15(水) 19:02 | URL | にゃおこ #-[編集]
頂上決戦
長いと思ったシーズンもいよいよあと一試合になってしまいました。何だかちょっと寂しい気もしますが・・・、明日はどちらがカップを掲げるんでしょうか?楽しみです。
2011/06/16(木) 00:28 | URL | くろたん #-[編集]
Re: 頂上決戦
ついにシーズン最後の試合となってしまいました。まさかちゃぐまがここまでやってくれるとは・・・感無量です。いい試合を期待したいですね。それにしてもファイナルでgame7! NHLは喜んでるだろうなあ(笑)。
2011/06/16(木) 08:31 | URL | にゃおこ #-[編集]
ボストン優勝おめでとうございます!バンクーバーまたはカナダのチームには来年期待します。移転したチームもあり今年のオフは話題が多そうですね。
2011/06/17(金) 01:39 | URL | at25 #mn6gys/M[編集]
ウィニペグも
アトランタからウィニペグへ移転するチームもあるので、カナダのチームは来季から7つですね。
ブルーインズは第7戦まで戦うシリーズを3つ制してカップ優勝した初めてのチームになったわけですけれども、その3つのうち、おそらくファイナルがいちばんラクだったんじゃないかと思います。1戦1戦、強くなっていったブルーインズでした。
2011/06/17(金) 23:52 | URL | にゃおこ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。