さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソチ五輪:男女アイスホッケーのテレビ放送等スケジュール
2014年01月31日 (金) 22:42 | 編集



7日に開幕するソチ・オリンピックの男女アイスホッケー等のテレビ放送予定を以下のとおりまとめてみました。より正確な放映時間がわかり次第、順次更新していきますが、放送スケジュールは必ずご自身でNHKのサイト、または民放各社で作るソチ五輪特設サイトgorin.jpにてご確認ください。放映時間は変更になることがあるようです。

(2月4日追記)gorin.jpのライブストリーミング放送分を追加しました。
(2月7日追記)NHKのネット生中継(ライブストリーミング)分を追加しました。

NHKG:NHK総合
BS1:NHK BS1
Eテレ:NHK Eテレ
NHKネット:NHKネット生中継(ライブストリーミング)
gorin:gorin.jpライブストリーミング(ch.1&ch.2)


2月8日(土)
0:10-4:00 直前情報&開会式(NHKG・LIVE)
17:00-19:33  女子予選A組 アメリカ×フィンランド(NHKネット)
22:00-0:33 女子予選A組 カナダ×スイス(NHKネット)
22:00-0:33 女子予選A組 カナダ×スイス(gorin)

2月9日(日)
9:00-10:35 女子予選A組 アメリカ×フィンランド(BS1・録画)
10:40-12:10 女子予選A組 カナダ×スイス(BS1・録画)
16:30-18:45 女子予選B組 日本×スウェーデン(NHKG・LIVE)
18:45-19:30 女子予選B組 日本×スウェーデン(Eテレ・LIVE)
22:00-0:33 女子予選B組 ロシア×ドイツ(NHKネット)
22:00-0:33 女子予選B組 ロシア×ドイツ(gorin)

2月10日(月)
0:00-4:55 女子予選B組 日本×スウェーデン(BS1・録画)
10:25-15:50 女子予選B組 ロシア×ドイツ(BS1・録画)
19:00-21:33 女子予選A組 アメリカ×スイス(NHKネット)
19:00-21:33 女子予選A組 アメリカ×スイス(gorin)

2月11日(火)
0:00-2:33 女子予選A組 フィンランド×カナダ(gorin)
5:00-6:50 女子予選A組 フィンランド×カナダ(BS1・録画)
19:00-21:33 女子予選B組 ドイツ×スウェーデン(NHKネット)
19:00-21:33 女子予選B組 ドイツ×スウェーデン(gorin)
23:45-2:45 女子予選B組 日本×ロシア(フジテレビ・LIVE)

2月12日(水)
13:00-14:00 女子予選B組 日本×ロシア(BSフジ・録画)
17:00-19:33 女子予選A組 スイス×フィンランド(NHKネット)
17:00-19:33 女子予選A組 スイス×フィンランド(gorin)
18:00-22:15 女子予選B組 日本×ロシア(BS1・録画)

2月13日(木)
0:50-4:20 女子予選A組 カナダ×アメリカ(BS1・録画)
2:00-4:33 男子予選C組 チェコ×スウェーデン(NHKネット)
2:00-4:33 男子予選C組 チェコ×スウェーデン(gorin)
15:10-19:55 女子予選B組 日本×ドイツ(BS1・LIVE)
21:30-0:03 男子予選A組 スロバキア×アメリカ(gorin)
22:00-23:45 女子予選B組 日本×ドイツ(NHKG・録画)
23:55-4:55 男子予選A組 スロバキア×アメリカ(BS1・録画)

2月14日(金)
2:00-4:33 男子予選B組 カナダ×ノルウェー(NHKネット)
2:00-4:33 男子予選B組 カナダ×ノルウェー(gorin)
9:00-15:50 女子予選B組 日本×ドイツ(BS1・録画)
17:00-19:33 男子予選C組 チェコ×ラトビア(NHKネット)
17:00-19:33 男子予選C組 チェコ×ラトビア(gorin)

2月15日(土)
15:50-0:00 男子予選A組 スロバキア×アメリカ(BS1・録画)
       男子予選A組 アメリカ×ロシア(BS1・LIVE)
17:00-19:33 女子準々決勝 A組3位×B組2位(NHKネット)
17:00-19:33 女子準々決勝 A組3位×B組2位(gorin)
17:00-19:33 男子予選A組 スロバキア×スロベニア(gorin)
21:30-0:03 女子準々決勝 A組4位×B組1位(gorin)

2月16日(日)
2:00-4:33 男子予選C組 スイス×チェコ(gorin)
2:00-4:33 男子予選C組 スウェーデン×ラトビア(gorin)
17:00-19:33 女子順位決定戦 2/15敗者国×B組3位(gorin)
19:00-0:00 男子予選A組 スロベニア×アメリカ(BS1・LIVE)
21:30-0:03 男子予選A組 ロシア×スロバキア(NHKネット)
21:30-0:03 男子予選A組 ロシア×スロバキア(gorin)

2月17日(月)
2:00-4:33 男子予選B組 フィンランド×カナダ(gorin)
19:30-0:00 女子準決勝(BS1・LIVE)

2月18日(火)
2:00-4:33 女子準決勝 A組2位×2/15勝者国(gorin)
9:00-15:50 女子準決勝(BS1・録画)
17:00-19:25 女子順位決定戦 2/16勝者国×2/16勝者国(gorin)
17:00-19:33 男子プレーオフ(gorin)
21:30-0:03 女子順位決定戦 2/16敗者国×2/16敗者国(gorin)
21:30-0:03 男子プレーオフ(gorin)

2月19日(水)
2:00-4:33 男子プレーオフ(gorin、ch.1)
2:00-4:33 男子プレーオフ(gorin、ch.2)
17:00-19:33 男子準々決勝(NHKネット)
17:00-19:33 男子準々決勝(gorin)
21:30-0:03 男子準々決勝(NHKネット)
21:30-0:03 男子準々決勝(gorin)

2月20日(木)
2:00-4:33 男子準々決勝(gorin)
9:00-16:50 男子準々決勝(BS1・録画)
21:00-23:30 女子3位決定戦(NHKネット)
21:00-23:30 女子3位決定戦(gorin)

2月21日(金)
2:00-5:03 女子決勝(NHKネット)
2:00-5:03 女子決勝(gorin)
9:00-12:00 女子3位決定戦(BS1・録画)
20:00-23:00 女子決勝(BS1・録画)
21:00-23:33 男子準決勝(NHKネット)
21:00-23:33 男子準決勝(gorin)
23:00-5:50 男子準決勝(BS1・録画)

2月22日(土)
2:00-4:33 男子準決勝(NHKネット)
2:00-4:33 男子準決勝(gorin)
9:00-11:50 男子準決勝(BS1・録画)

2月23日(日)
0:00-2:58 男子3位決定戦(NHKネット)
0:00-2:58 男子3位決定戦(gorin)
9:00-13:50 男子3位決定戦(BS1・録画)
21:00-0:00 男子決勝(NHKG・LIVE)

-------------

男子の試合のテレビ放送は想像していたよりはるかに少なく、かなり動揺しております。何コレ。ありえない。考えてみれば、予選の試合からホッケーをみっちり放送してくれたバンクーバーは夢の大会だった。いくら日本では不人気競技とはいえ、冬季大会の花形種目なのだから、もうちょーっと、なんとかならなかったのかな。NHKと民放のライブストリーミングに期待するしかないかな・・・。

(2月7日追記:NHKおよびgorin.jpのライブストリーミングでは、男子の試合は予選は強豪国同士の対戦を中心に9試合をカバーし、プレーオフ以降は決勝を除く全試合をもれなくライブ配信するようです。とりあえず試合は見られるのでほっとしていますが、録画はできないし、やっぱりホッケーはテレビの大きな画面で見たいよねえ・・・と、普段パソコンの小さな画面でNHL中継を見ている者としては思うのでした。)

NHKのホッケー放送は、冨坂和男アナ(アルペンスキーの実況は日本一)、坂梨哲士アナ(札幌局所属)、曽根優アナ(道産子で札幌局出身)の3アナが担当。冨坂アナのホッケー中継は見たことがありませんが、私はこのアナのアルペン実況が大好きなので、期待でわくわくしております。また、解説は元日本代表の鈴木貴人さんです。こちらも楽しみ。

スポンサーサイト
ソチ五輪:ブルーインズ主将ファーラ、オリンピック開会式で旗手を務めるためNHLの試合を欠場へ
2014年01月17日 (金) 21:55 | 編集



1月16日、ボストン・ブルーインズのキャプテンでソチ・オリンピック男子アイスホッケーのスロバキア代表チーム主将でもあるズデノ・ファーラが、オリンピック開会式でスロバキア選手団の旗手を務めるためNHLの試合を1〜2試合欠場する見通しであることがわかりました。

ブルーインズのクロード・ジュリアン監督:
「ズィー(ファーラの愛称)がピーター(シャーレッリ、ボストンGM)と私に試合を休みたいと願い出て、ピーターがOKを出した。私も支持したよ。決断は簡単だった。オリンピックで国を代表する旗手になるんだから。彼のこれまでのチームへの貢献を考えたら、1試合や2試合休ませることなんて、それぐらいのことは最低限できるよ」

NHLのレギュラーシーズンは全82試合。ほぼ半分消化した現時点で、ブルーインズは東カンファレンスで2位と好調です。だからゆえの、寛大な措置なのかな? そうだとしても、よく許可したものだと思います。ブルーインズには他に4人のオリンピック代表選手がいますが、他の選手も旗手として開会式に出るなら同じように試合を休んでもよい、とチームは言っております。

ニューイングランドのスポーツ・チャンネルNESNのコメンテーターたちは、ブルーインズのこの決断を「よくやった」と大絶賛。「一生に一度のことだし、めったにない機会だからね。これはブルーインズの他の選手へもいいメッセージになっただろう。何が優先されるのかを、チームはきちっと示したのだから」

このニュースを聞いて、私の胸は期待で膨らみます。もしも、ブルーインズに続くチームが出てきたら・・・!(ただし強豪に限るだろう)

例えば、シカゴ。カナダの国旗を持って歩くのがジョナサン・テーヴズだったら・・・!(ぎゃー鼻血が)

例えば、セントルイス。栄光の星条旗を持つのがデイヴィッド・バッカスだったら・・・!(うおおおお)

そして例えば、デトロイト。慣例によりトリで入場行進をするロシアの大選手団の旗手が、アイスホッケー男子ロシア代表チーム主将パヴェル・ダツックだったら・・・!(どっひ−!)

はっ、つい興奮してしまいましたが、ロシアの場合、NHLerは旗手にならない、と責任者が既に明言しちゃってるんでした。でもそこをひとつ、プーチン大統領のスペシャル・オーダーか何かであっさり撤回して、ダツックが旗手をやらないかなあ。もちろんアレクサンダー・オベチキンでも可。




今回ファーラが旗手を務めるスロバキアは、1993年1月1日にチェコから分離独立。スロバキア単独でオリンピック参加を果たしたのは、その翌年のリレハンメル五輪が初めてでした。同国史上最初のオリンピック開会式旗手は、男子アイスホッケー主将のピーター・シュタストニー。ソチ五輪にはアメリカ代表として出場するポール・スタストニー(コロラド・アバランチ)のお父さんです。

自由を求めて1980年にカナダに亡命し、カナダ国籍を取得した後にスロバキアが社会主義を放棄して独立。13年間帰ることができなかった祖国からリレハンメルで旗手をやってくれないかとの要請を受けたとき、シュタストニーは感激で涙が止まらなかったそうです。

NHLレジェンドの一人である彼は、現在はスロバキアの政治家。同国アイスホッケー連盟の重鎮でもあります。


ソチ五輪:カーラ・マクラウドの新しい使命
2014年01月17日 (金) 19:42 | 編集



2013年1月13日、iihf.com --- カーラ・マクラウドはそれを「年中時差ボケ」と呼ぶ。

2012年の2月以来、マクラウドは日本へ10度飛んだ。日本のアイスホッケー女子代表チームが、同チーム史上最も重要な大会に備える手助けをするためだ。

来週スロバキアのポプラドで、日本女子は2014年ソチ・オリンピックの最終予選に臨む。最初の相手はノルウェーである。

カナダ代表のディフェンスマンとして2度のオリンピック金メダルに輝いたマクラウドは、いま日本代表チームのアシスタント・コーチとしてベンチ後方に立つ。カナダでの住まいはカルガリー。日本との時差はカルガリーが16時間遅れだ。

日本代表がチェコでの強化試合(2試合)に出発する直前、スカイプでマクラウドにインタビューをした。

「(時差は)大変です。この1年、ずっと本当に疲れていました。でもこの機会が大切でたまらなくもあったんです。選手たちを次のレベルに引き上げるのはとても楽しい。もう最高ですよ。言葉の壁はあるけれど、それでも素晴らしい関係を築くことができます。だから私は頑張れるんです」

日本の女子代表チームはこれまで、オリンピックには1998年の長野大会に開催国枠でしか出たことがなく、2014年ソチ五輪の最終予選には下馬評が低いチームとして臨む。世界ランキングは11位で、予選開催国のスロバキア(7位)、ノルウェー(10位)、そしてデンマーク(19位)と戦う。総当たりで各チーム3試合を戦い、最もポイント数が多いチームがソチ行きの切符を手にする。

ドイツではドイツ(ランキング8位)、カザフスタン(9位)、チェコ(12位)、そして中国(13位)がもう一つの椅子を争うことになっている。

日本アイスホッケー連盟(JIHF)は女子ホッケーの強化に多大な時間と資金をつぎ込んできた。男子代表チームの世界ランキングは22位。そのため、2014年ソチ五輪に向けては女子チームこそが強化の中心となるべきだと気づいたからだ。

JIHFは以前では考えられないようなサポートを女子チームに対して行ってきているとマクラウドは言う。

「連盟は私をカナダから呼んで、『カーラ、我々はどうすべきだと思う?』と尋ねました。毎月合宿ができたらいいのですが、と答えましたが、それには費用がかかります。でも連盟はなんとか工面しました。私たちに対して支援を惜しまず、2012年5月から毎月、(1週間の)合宿を張ることができています」

毎月、選手とコーチ陣は、システム、リンクでのスキル、ビデオを見ながらの研究、そしてチームとしてまとまることにたっぷりと時間を費やしてきた。

そういった合宿がとてつもなく大きな違いを生み出してきたことに疑いの余地はない。マクラウドが2012年2月に初めて日本へ行ったときに真っ先に気づいたのは、日本代表候補選手たちにホッケーのセンスが欠けていることだった。みんな「風のように」滑ることができ、戦うのに必要なスキルも持っていた。

「彼女たちはパックがどこへ行くのかわかっているとき、100本でも連続でパスを出すことができたと思います。なのでスキルは実は非常に高かった。スピードもあるし、パスもうまいし、シュートもかなりよかった」

しかし、パックがどこに行くのかわからない練習を選手たちにさせたとき、選手たちの弱点は明らかだった。なのでそこが最大の課題の一つとなった。マクラウドと他のコーチング・スタッフは、選手たちのホッケーIQを高めるための優れた方法を見つけ出さなければならなかった。

「システムを教えて、フォアチェックではどこへ行くか、守備ゾーンではどうプレーするか、なぜそうプレーするのかを理解させていた中で、教え方の変更は最大の変化でした。6月の合宿で、私は選手たちにビデオ研究のセッションの進行をするように言いました。教材となる映像は私たちコーチが用意しますが、それを見ながら選手たちに話をさせたのです。私からしてみれば、選手たちの前に立ってああしろこうしろと言うのは違うんじゃないかと思った。なので選手たちにホッケーというものを教えるのに違うアプローチを使ってみよう、私たちはそう考えたのです」

「いま選手たちは目的を持ってスピードを活かすホッケーをしていますよ」

そのスピードは同年9月、カナダのホッケー・ファンにお披露目された。日本代表チームがカルガリーを訪れ、強いと評判の大学の女子チームと5試合の強化試合を行ったからだ。日本選手たちはサスカチュワン大学、北アルバータ工科大学、そしてマウントロイヤル大学との試合に勝った。面白いことに、マウントロイヤル大学チームのアシスタント・コーチはマクラウドである。アルバータ大学、そしてカルガリー大学には敗れた。

いつの日か、日本の女子選手たちが北米のカレッジホッケーでプレーするのを見てみたい。マクラウドはそう願っている。ロシアやフィンランド、スウェーデンをはじめとする多くの国が、自国の選手たちを北米の大学へ送り込むことで、女子ホッケーをどんどん強くしていっているからだ。

マクラウドによれば、(日本の選手たちにとって)最大の障害は「言葉の問題」であるという。「彼女たちには英語力がないので、学校へ行けないのです。私は英語も教えていますが、選手たちには英語を勉強しなさいと励ますようにしています。そうすれば北米へ行って、カレッジでホッケーができるのだからと。もしそうなったら日本のホッケーにとって大きなことになりますから」

マクラウドはコーチとして現在いる場所にわくわくしている。現役を引退してほぼ3年。日本代表チームに自分は完璧にフィットしていると言うのだ。

「私は、プレーすることよりコーチするほうが好きなんだと思います。誰かが目標を達成したり、具体的なスキルアップを図ろうとしたり、そういったことを手助けする機会を持てますし。誰かをもっと上手くしよう、そう頑張るのです。選手はすごく自己中心的で自分のことだけ考えていればよく、達成したいと思うレベルに届くことが必要です。突きつめて言えば、私はよりグローバルなチームとしてのアプローチが好きなんです。コーチの仕事には毎日毎日興奮させられますね」[了]

ソチ五輪:スイス代表チーム他のオリンピック出場選手
2014年01月17日 (金) 00:03 | 編集
このブログではこれまで2012年IIHFランキング上位7か国の代表ロスターを紹介してきました。残りの5か国については、出場予定の現役NHLerなど主な選手のみ列挙します。(カッコ内はポジション、現在の年齢、所属チーム。「ロスター」をクリックすると選手の顔写真付きのロスターに飛びます)


■ノルウェー(ランキング8位) ロスター
36 マッツ・ズッカレッロ(F、26、NHL NYレンジャーズ)
41 パトリック・トーレセン(F、30、KHLサンクトペテルブルク)


■スイス(ランキング9位) ロスター
1 ヨナス・ヒラー(G、32、NHLアナハイム)
6 ヤニック・ヴェーバー(D、25、NHLバンクーバー)
7 マルク・シュトライト(D、36、NHLフィラデルフィア)
16 ラファエル・ディアズ(D、28、NHLモントリオール)
20 レト・ベラ(G、27、NHLカルガリ)
22 ニーノ・ニーダーライター(F、21、NHLミネソタ)
82 シモン・モーザー(F、24、NHLナッシュビル)
90 ロマン・ヨージ(D、23、NHLナッシュビル)
96 ダミアン・ブルンナー(F、27、NHLニュージャージー)


■ラトビア(ランキング11位) ロスター
8 サンディス・オゾリンチ(D、41、KHLリガ)
16 カスパース・ドーガヴァンス(F、25、SUIジュネーブ)
28 ゼムグス・ジルゲンソンス(F、20、NHLバッファロー)
29 ラルフス・フライベルグス(D、22、NCAAボウリンググリーン州立大)
37 オスカース・バルテュリス(D、27、KHLドネツク)

■オーストリア(ランキング15位) ロスター
12 ミヒャエル・ラフル(F、25、NHLフィラデルフィア)
26 トマス・ヴァネク(F、30、NHL NYアイランダーズ)
40 ミヒャエル・グラブナー(F、26、NHL NYアイランダーズ)

■スロベニア(ランキング18位) ロスター
11 アンジェ・コピター(F、26、NHLロサンゼルス)
監督:マチャジュ・コピター(スロベニア)


::: このエントリを書きながら、私、大興奮してしまいました。サンディス・オゾリンチが、ラトビア代表に復帰してオリンピックの舞台へ帰ってくる!

1996年にコロラド・アバランチでスタンリー・カップ優勝を経験した後、意に沿わないトレードや飲酒運転での逮捕、アル中など、絵に描いたような山あり谷ありのNHLer人生を送ったオゾリンチ。彼が母国に帰ったのは、2008年、35歳のときでした。前回バンクーバーでは代表に選ばれなかったので、もうオリンピックでオゾリンチのプレーを見ることはないのかなと残念に思っていたんです。

NHLで同時代を一緒に過ごした同胞アルトゥシュ・イルベはさすがにもう代表チームにはいませんが、オゾリンチがプレーするというだけで、チーム・ラトビアの試合を見るのが俄然楽しみになってきました。トリノではイルベが開会式の旗手を務めましたが、もしかしてソチ大会開会式ではオゾリンチがラトビア国旗を持つことになるのでしょうか? うーん、楽しみ!

(1月29日、オゾリンチがラトビア選手団の旗手となることが発表されました。もう、嬉しすぎる。早く開会式が見たいです!)

それからもう一人楽しみなのが、オーストリアのミヒャエル・グラブナー。弾丸スケーティングが持ち味で、多くのNHLerが口を揃えて彼を「NHL最速スケーター」と認めるほど。NHLよりも広い国際規格のリンクで、グラブナーがどんなスピーディーなホッケーを見せてくれるか期待です。




オゾリンチ41歳、ご近影。




やっぱカッコいいな〜、オゾりん。中学時代からの仲だったサンドラさんと20歳かそこらで結婚して、息子2人もいるのに、何があったのか4年前に離婚。その後はテレビ女優と次々に浮き名を流したりして、派手にやってるみたいです。日本でいえば野球のイチローやサッカーの香川みたいな存在の人気者、そしてイケメンなので、モテるんでしょうね。

ソチ五輪:カーラ・マクラウドのブログ(3)「日本代表女子のソチ・オリンピック出場が決定」
2014年01月14日 (火) 21:26 | 編集


(CBC.caに掲載されていたブログを和訳したものです)


2013年12月31日(火)

正直に言おう。日本代表女子チームのコーチになるまで、私は「オリンピック最終予選」という大会がどんなものなのかを知らなかった。カナダ代表チームでプレーする場合、チームがオリンピック出場権を得られるかどうかは問題ではなく、オリンピックに出場するチームのメンバーに選ばれるかどうかが問題なのだった。

ソチ五輪の女子アイスホッケーは、世界アイスホッケー連盟のランキングで1位から5位までの国、そして開催国であるロシアがまず出場権を得る。なので残りのチャンスは2か国。最終予選に出場する8チームは2グループに分かれ、2月の同じ週に出場権をかけて争うことになった。最終予選のルールはシンプルだ。各チームとも3試合プレーして、最もポイント数の多いチームがソチ五輪への切符を手にする。

日本代表は世界ランキング7位のスロバキア、10位のノルウェー、そして19位のデンマークと戦うことになった。日本はランキング12位で、第3シード。舞台はスロバキアのポプラドだ。

前のエントリで書いたように、日本女子の試合で私が最も心配していたのは、ホッケーそのものの要素ではなかった。私たちはどんな状況に対しても準備してきたことがわかっていたし、きちんとプレーすればどんな相手にも太刀打ちできる自信があったからだ。課題として残っていたのは、メンタルの強さと重圧の中でホッケーをする力だった。

アスリートたちに訊いてみるといい。いいチームを作る最適な方法はチームメイトたちと遠征先で一緒にいい睡眠を取ること、と誰もが言うはずだ。オリンピック出場を勝ち取るための戦いの中で、私は日本女子代表チームに「フリップ・カップ」(ビールを飲み干した後のプラスチックのカップをテーブルの端からひっくり返すゲーム)を紹介した。ウィスコンシン大学で学生時代を過ごした私は、フリップ・カップのテクをみんなに見せる能力に自信があった。ビールではなく水を使うことにしたが、フリップ・カップは選手たちに大受けで、ゲームをしている間は笑いであふれた。

最終予選での最大の敵は「ピリピリ」という名のチームだ。それが私にはわかっていた。そして最初の試合の朝、そのチームは大きな姿で私たちの前に立ちはだかった。アリーナの通路を歩くと、ぴーんと張りつめた空気をまさに感じることができた。日本選手たちの不安は刻々と増していく。私は「チームピリピリ」が日本代表チームを崩壊させることを知っていた。そこで作戦会議を開き、ホッケーグラブを持って外へ出ようと言った。外に出て、雪で遊ぼうと提案したのだ。

選手たちは私の後について表へ出た。とても美しくて完璧な吹雪があったばかりで、地面に雪のかたまりができていた。私たちは雪合戦から始めた。もちろん、「私 vs 選手たち」のバトルだ。雪合戦はすぐに、柔らかく深い雪の中にお互いを押し合う戦いへと変わった。

微笑むこと、そして笑うこと。チームが試合をするのに必要だったものは、まさしくそれだった。そしてその瞬間から、最終予選に向けての私たちのキーワードが根を下ろすことになったのだ。毎試合、私は選手たちに「笑顔で」プレーするように言った。

日本代表女子チームは最終予選でソチ行きの切符を勝ち取った(そうでなければ私はこうしてブログを書いていない)。彼女たちはあんなにもオリンピック選手になりたいと死に物狂いで頑張っている。でも確実にオリンピックに行けるかどうかはわからない。そしてブザーが鳴り、勝利を祝い合っている! その一部始終をベンチの後ろで見ていたときの私の気持を、表現できる術があればいいのにと思う。私が言えるのは、私のホッケー人生で成し遂げたことの中であの瞬間が一番素晴らしいことだった、ということだけ。あれほど興奮し、誇りに思ったことはない。

そしてソチ五輪まであと40日を切った。私の選手たちは、世界最大のスポーツ・イベントで日本代表として戦うという子どもの頃からの夢を叶えることができた。最終予選からのこの1年、私たちはオリンピックに備えて猛練習を重ねた。まだ終ってはいない。私はこのブログで、オリンピック前の最終仕上げとソチでチームが何を経験したか書くつもりだ。

がんばれ、赤と白(Red and White)。

ソチ五輪:スロバキア代表チームが発表に
2014年01月10日 (金) 17:45 | 編集



ソチ・オリンピック男子アイスホッケーのスロバキア代表選手25名は以下のとおり。(カッコ内は現在の年齢と所属チーム)

ゴーリー(3名)
31 ペテル・ブダイ(31・NHLモントリオール)
41 ヤロスラフ・ハラーク(28・NHLセントルイス)
50 ヤーン・ラツォ(32・KHLドネツク)

ディフェンス(8名)
7 イヴァン・バランカ(28・KHLオムスク)
14 アンドレイ・メサーロシュ(28・NHLフィラデルフィア)
19 トマーシュ・スタロスタ(32・KHLハンティマンシースク)
  →リュボミール・ヴィシュノフスキーの怪我による代替出場
23 レネー・ヴィダレニー(32・CZEクラドノ)
  →ミハル・セルセンの怪我による代替出場
33 ズデノ・ファーラ(35・NHLボストン)=主将
44 アンドレイ・セケラ(27・NHLキャロライナ)
52 マルティン・マリンチーン(22・NHLエドモントン)
65 ミラン・ユルチナ(30・FINトゥルク)
  →ドミニク・グラニャークの怪我による代替出場

フォワード(14名)
13 トマーシュ・ユルチョ(21・NHLデトロイト)
26 ミハル・ハンズシュ(37・NHLシカゴ)=A
28 リハルド・パーニク(23・NHLタンパベイ)
43 トマーシュ・スロヴィー(32・KHLミンスク)
61 ミラン・バルトヴィチ(32・KHLブラチスラバ)
65 トマーシュ・マルツィンコ(25・SVKコシツェ)
67 トマーシュ・ザボルスキー(26・KHLウファ)
81 マリアーン・ホッサ(35・NHLシカゴ)=A
82 トマーシュ・コペツキー(32・NHLフロリダ)
85 ペテル・オルヴェツキー(28・KHLブラチスラバ)
88 マルツェル・ホッサ(32・KHLリガ)
90 トマーシュ・タタル(23・NHLデトロイト)
91 ミヘル・ミクリーク(31・KHLブラチスラバ)
92 ブランコ・ラディヴォイエヴィチ(33・SVKブラチスラバ)
  →マリアーン・ガーボリークの怪我による代替出場

監督:ヴラディミール・ヴイテク(チェコ、66歳)


*メモ*
・チームの平均年齢は29.2歳。ポジションごとの平均年齢はゴーリー30.3歳、ディフェンス28.9歳、そしてフォワード29.2歳。
・14名がNHLで、そして7名がKHLでプレー。


::: うーん、ちょっと年齢が高めのような・・・? 特にフォワードは14人のうち8人が30代。ぴちぴちだったガーボリックもホッサ兄弟ももう三十路という事実を改めて突きつけられ、愕然としたのでした。みんな、おっさんになっちゃったんですね。スロバキアでは、39歳のミロスラフ・シャタンがメンバーに入らなかったことが大きなニュースになっていたようです。

バンクーバー五輪の予選でロシアを破ったときの立役者パヴォル・デミトラは、その翌年の飛行機事故で帰らぬ人となりました。生きていれば39歳。温厚な人柄でスロバキアの後輩たちから慕われていたというデミトラも、このロスターの中にいてほしかったですね。

スロバキアはトリノでは予選全勝ながら決勝トーナメントでチェコに敗れメダルなし、バンクーバーでは三位決定戦でフィンランドに負けてメダルなし。着実に強くなってきているので、ソチでは天国のデミトラに捧げるメダルゲットを期待しています。

それにしても・・・、トマーシュ多すぎ! 

(2月10日追記)スロバキアはケガ人続出。攻撃の要になるはずだったガーボリックも、ベテランのディフェンスマン、ヴィシュノフスキーも故障によりソチ五輪出場を断念しました。これは痛いですね。初のメダルゲットに黄信号でしょうか・・・。

ソチ五輪:スウェーデン代表チームが決定
2014年01月10日 (金) 16:30 | 編集



ソチ・オリンピック男子アイスホッケーのスウェーデン代表選手25名は以下のとおり。(カッコ内は現在の年齢と所属チーム)

ゴーリー(3名)
1 ヨナス・エンロット(25・NHLバッファロー)
30 ヘンリク・ルンドクヴィスト(31・NHL NYレンジャーズ)
50 ヨナス・グスタフソン(29・NHLデトロイト)

ディフェンス(8名)
3 オリヴァー・エクマン=ラーション(22・NHLフェニックス)
4 ニクラス・ヤルマション(26・NHLシカゴ)
7 ヘンリク・タリンデル(35・NHLバッファロー)
23 アレクサンダー・エドレル(27・NHLバンクーバー)
27 ジョニー・オドゥヤ(32・NHLシカゴ)
52 ヨナタン・エリクソン(29・NHLデトロイト)
55 ニクラス・クロンヴァル(33・NHLデトロイト)=主将
65 エリック・カールソン(23・NHLオタワ)

フォワード(14名)
11 ダニエル・アルフレッドソン(41・NHLデトロイト)=A
14 パトリック・ベリルンド(25・NHLセントルイス)
16 マークス・クリューゲル(23・NHLシカゴ)
18 ヤーコブ・シルフヴェルベリ(23・NHLアナハイム)
19 ニクラス・バックストロム(26・NHLワシントン)
20 アレクサンダー・スティーン(29・NHLセントルイス)
21 ルイ・エリクソン(28・NHLボストン)
22 ダニエル・セディン(33・NHLバンクーバー)
41 グスタフ・ニークヴィスト(24・NHLデトロイト)
  →ヨアン・フランセンの怪我による代替出場
42 ジミー・エリクソン(34・SWEシェッレフテオ)
62 カール・ハグリン(25・NHL NYレンジャーズ)
90 マークス・ヨハンソン(23・NHLワシントン)
  →ヘンリク・セディンの怪我による代替出場
92 ガブリエル・ランデスコーグ(21・NHLコロラド)=A

40 ヘンリク・セッテルベリ(33・NHLデトロイト)
  →故障のため欠場(代替選手の申出期限切れのため代替出場なし)


監督:ペール・マッツ(スウェーデン)


*メモ*
・チームの平均年齢は28.8歳。ポジションごとの平均年齢はゴーリー28.3歳、ディフェンス28.4歳、そしてフォワード29.1歳。
・ジミー・エリクソンを除く全員がNHLでプレー。うち6名がデトロイト・レッドウィングズに在籍している。
・金メダルを獲得したトリノ五輪代表チームのメンバーは6名:ルンドクヴィスト、クロンヴァル、アルフレッドソン、セディン兄弟、セッテルベリ。


::: そつなくベストメンバーをまとめた感じで、強そうなチームですね。攻守のバランスが取れているし、ネットにはNHL最高給選手でトリノ五輪金メダリスト、2012年最優秀ゴーリーのルンドクヴィストもいるし、いいチームだと思います。22歳でノリスを受賞したエリック・カールソンの攻撃力も楽しみ。

ただ、オフェンスの要となりそうなセディン兄弟やセッテルベリ、フランセンが揃って30代、アルフレッドソンに至っては40歳超えと、ちょっと年齢高めなのが気がかり。第3、第4ラインを構成する若い選手たちの頑張りに期待したいところです。

ソチ五輪:ロシア代表チーム、発表される
2014年01月10日 (金) 14:23 | 編集



ソチ・オリンピック男子アイスホッケーのロシア代表選手25名は以下のとおり。(カッコ内は現在の年齢と所属チーム)

ゴーリー(3名)
1 セミョン・ヴァルラモフ(25・NHLコロラド)
30 アレクサンダー・イェリョメンコ(33・KHLモスクワ)
72 セルゲイ・ボブロフスキー(25・NHLコロンバス)

ディフェンス(8名)
5 イリヤ・ニクーリン(31・KHLカザン)
6 ニキータ・ニキーティン(27・NHLコロンバス)
26 スラヴァ・ヴォイノフ(24・NHLロサンゼルス)
51 フェドール・テューティン(30・NHLコロンバス)
74 アレクセイ・イェメリン(27・NHLモントリオール)
77 アントン・ベロフ(27・NHLエドモントン)
79 アンドレイ・マルコフ(35・NHLモントリオール)
82 エフゲニー・メドヴェーデフ(31・KHLカザン)

フォワード(14名)
8 アレクサンダー・オベチキン(28・NHLワシントン)=A
10 ヴィクトル・ティホノフ(25・KHLサンクトペテルブルグ)
11 エフゲニー・マルキン(27・NHKピッツバーグ)
13 パヴェル・ダツック(35・NHLデトロイト)=主将
15 アレクサンダー・スヴィトフ(31・KHLカザン)
  →デニス・コカレフの怪我による代替出場
24 アレクサンダー・ポポフ(33・KHLオムスク)
27 アレクセイ・テレシェンコ(33・KHLカザン)
28 アレクサンダー・セミン(29・NHLキャロライナ)
  →セルゲイ・ソインの怪我による代替出場
41 ニコライ・クリョミン(27・NHLトロント)
42 アルチョム・アニシモフ(25・NHLコロンバス)
43 ヴァレリー・ニチューシキン(18・NHLダラス)
47 アレクサンダー・ラドゥロフ(27・KHLモスクワ)
71 イリヤ・コヴァルチュク(30・KHLサンクトペテルブルグ)=A
91 ヴラディミール・タラセンコ(22・NHLセントルイス)

監督:ジネトゥラ・ビリャレトディノフ(ロシア)
GM:アレクセイ・カサトノフ(ロシア)


*メモ*
・チームの平均年齢は28.2歳。ポジションごとの平均年齢はゴーリーが27.6歳、ディフェンスが29歳、そしてフォワードが27.8歳。
・NHLチームから15名、KHLから10名が代表入り。


::: アレクサンダー・セミン(29歳)がいませんね。セルゲイ・ゴンチャー(39歳)もいない。前回大会で主将をつとめたアレクセイ・モロゾフ(37歳)も選ばれませんでした。セミンの選出漏れは、北米のホッケー・マスコミに驚きをもって受けとめられました。

このビリャレトディノフ監督(噛み噛みになっちゃう)は2012年の世界選手権でロシアが全試合レギュレーション・タイム内で全勝優勝したときの指揮官。ディフェンス重視の人なんだそうで、セミンは監督の守備的なアプローチとパック・ポゼッションに集中するスタイルを絶賛していたんだとか。なのに今回は選ばれなくて、セミン、きっと大ショック・・・。

(1月22日追記)セミンは結局、セルゲイ・ソインが怪我をしたことにより代わりにロシア代表としてオリンピックに行くことになりました。よかったね、セミン。「やる気が見られないプレーをしている、モチベーションが低い」としてセミンを当初外した代表監督を見返してやれ! 「代表チームにセミンがいないなんて!」と残念がっていたというオベチキンやマルキンも喜んでいることでしょう。

よく知らない選手が半分以上を占めるので戦力的なことははっきりわかりませんが、攻撃陣はさすがに豪華ですね。バンクーバーでもワクワクさせてくれたロシアのパワープレー・ユニットはまたまたすごいことになりそうです。正ゴーリーは昨季の最優秀ゴーリー賞受賞者ボブロフスキーでいくんでしょうね。

旧ソ連の男子ホッケーは1956年コルティナダンペッツォから1988年カルガリーまで、そして1992年のEUN(独立国家共同体)も含めると実に10個の金メダルに輝いていますが、ロシア連邦としては一度もオリンピックで優勝していません。地元開催だし、国民的スポーツだし、そろそろ勝っておかないとやばいし。そんな焦りもあるでしょうし、2018年平昌大会にはNHLerは不参加なのではと噂される中、ロシアは勝ち逃げする気マンマンでしょう。ロシアの華麗なホッケーを見るのが楽しみです。

ところで私の注目はこのチームのキャプテンが誰になるか、ということでした。バンクーバーの開会式でホッケー男子チーム主将のモロゾフが旗手になったように、キャプテンに選ばれた選手が開会式でロシア選手団の旗手になる可能性が濃厚だからです。

ロシアは国の最大のスターで華もあるオベチキンにロシア国旗を持たせたいのでしょうけど、開会式の行われる2月7日はまだNHL開催中でNHLerは参加できません。またソチ五輪広報責任者が「たとえNHLチームがNHLerの開会式参加を許可したとしても、NHLerがロシアの旗手になることはない」と明言しており、オベチキンの線はなくなりました。とすると母国に帰ったコヴァルチュクかな? それとも長くロシアでがんばってきたベテランの誰かでしょうか。開会式が待ちきれません。




YouTubeにあがっていた、ロシア男子ホッケーの栄光の歴史を讃えるMV。♪シャイブゥ、シャイブゥ、の軽快な音楽とともに、新旧のスター選手たちが登場して「レッド・マシーン」時代のオールドファンからにわかファンまで楽しめる構成になってます。

ラドゥロフがこんなに嬉しそうなのは何故?(笑)いつも「ケッ」とスカしてるイメージのあったパヴェル・ブレも意外にノリノリ。三つ子のパパ、ドミトリー・ユシュケヴィッチ、お久しぶり! あんまり変わってないアレクセイ・ヤシンは現在ロシア女子代表チームのGMだそうです。

ソチ五輪:注目のカナダ代表チーム25選手が決定
2014年01月09日 (木) 20:48 | 編集



ソチ・オリンピック男子アイスホッケーのカナダ代表選手25名は以下のとおり。(カッコ内は現在の年齢と所属チーム)

ゴーリー(3名)
1 ロベルト・ルオンゴ(34・NHLバンクーバー)
31 キャリー・プライス(26・NHLモントリオール)
41 マイク・スミス(31・NHLフェニックス)

ディフェンス(8名)
2 ダンカン・キース(30・NHLシカゴ)
5 ダン・ハムヒュース(31・NHLバンクーバー)
6 シェイ・ウェバー(28・NHLナッシュビル)=A
8 ドリュー・ダウティ(24・NHLロサンゼルス)
19 ジェイ・ボウミースター(30・NHLセントルイス)
27 アレックス・ピエトランジェロ(24・NHLセントルイス)
44 マルクエドゥアール・ヴラシック(26・NHLサンノゼ)
76 PK・スバン(24・NHLモントリオール)

フォワード(14名)
9 マット・ドゥシェーン(22・NHLコロラド)
10 パトリック・シャープ(32・NHLシカゴ)
12 パトリック・マルロー(34・NHLサンノゼ)
14 クリス・クーニッツ(34・NHLピッツバーグ)
15 ライアン・ゲツラフ(28・NHLアナハイム)
16 ジョナサン・テーヴズ(25・NHLシカゴ)=A
20 ジョン・タヴァレス(23・NHL NYアイランダーズ)
22 ジェイミー・ベン(23・NHLダラス)
24 コウリー・ペリー(28・NHLアナハイム)
26 マルタン・サンルイ(38・NHLタンパベイ)
  →スティーヴン・スタムコスの怪我による代替出場
37 パトリス・ベルジュロン(28・NHLボストン)
61 リック・ナッシュ(29・NHL NYレンジャーズ)
77 ジェフ・カーター(29・NHLロサンゼルス)
87 シドニー・クロズビー(26・NHLピッツバーグ)=主将

監督:マイク・バブコック(カナダ、NHLデトロイト監督)
副コーチ:ケン・ヒッチコック(カナダ、NHLセントルイス監督)
     リンディ・ラフ(カナダ、NHLダラス監督)
     クロード・ジュリアン(カナダ、NHLボストン監督)
強化責任者:スティーブ・アイザマン(カナダ、NHLタンパベイGM)

*メモ*
・チームの平均年齢は27.7歳。ポジションごとの平均年齢はゴーリーが30.3歳、ディフェンスが27.1歳、そしてフォワードが27.5歳。
・金メダルを獲得したバンクーバーのチームからは11名が残留。代表初選出組は13名で、ボウミースターのみトリノ五輪代表からの返り咲き。
・NHLエントリー・ドラフトで全体第1位で選ばれた選手は4名:ナッシュ(2002年)、クロズビー(2005年)、スタムコス(2008年)、タヴァレス(2009年)。


::: 現在スコアリングでリーグ5位のジョー・ソーントンやこれからのNHLを担うクロード・ジルー、そしてペナルティキルでいい仕事をするマイク・リチャーズを外して、なぜ34歳のクリス・クーニッツなのか。このへんのメンバーの当落については、選考チームも最後まで迷ったとのことでした。クーニッツはペンギンズでクロズビーと組んでプレーしているという点が考慮されて選ばれたそうですが、これが吉と出るか凶と出るか・・・?

それからGMアイザマンが自チーム所属のマルタン・サンルイをバンクーバーに続いて今回も選ばなかったことについては「べつに彼を軽視しているわけではない。難しい決断だった」と答えていましたけど、サンルイはがっかりしているでしょうね。

(2月8日追記:怪我からの回復が間に合わなかったスタムコスに代わり、サンルイのソチ五輪出場が決まりました。)

2012年からの2年間でリーグ最多の179ポイントを稼ぎ代表入りが確実視されていたジルーは「選ばれたかった。残念だ」と言ってました。「でも自分は26歳。まだまだ先がある」と自らを励ますジルーのけなげさが泣けます。正直、ジルーは真っ先にチーム・カナダに選ばれる選手だと思っていたので、この結果にはビックリです。

また、「この面子で大丈夫?」とつい感じてしまうディフェンスについては、昨季の最優秀ディフェンスマン、PK・スバンの選出を最後まで迷い、最終的にはパワープレーなどでの攻撃力を考慮してメンバーに加えたのだそうです。それからディフェンス以上にファンを不安にさせるのがゴーリー陣の弱さと、スター軍団をまとめられるリーダーシップを持つ選手が見当たらないこと。大丈夫かいな、チーム・カナダ?

不吉かもしれないけど、この顔ぶれとファン、マスコミの反応には、7位に終ったトリノ五輪のときと同じものを感じます。あのときも「なんでこの人が?」という選手が数名チーム・カナダに選ばれ、準々決勝でロシアに負けた後、カナダのホッケー・ファンは「それ見たことか!」と大荒れでした。日本の柔道のごとく、オリンピックでは銀メダルでも許してもらえないのがチーム・カナダの宿命です。アイザマンは閉会式を笑って迎えられるでしょうか。

(1月20日追記)主将はクロズビーになりました。こりゃまた微妙ですね。私はライアン・ゲツラフあたりがやるんじゃないかと思っていたんだけどなー。あと、スタムコスは足のケガから驚異的な早さで回復して、もうチームの練習にも参加しているそうなので、オリンピックには間に合いそうです。

ソチ五輪:フィンランド代表チーム
2014年01月09日 (木) 15:28 | 編集



ソチ・オリンピック男子アイスホッケーのフィンランド代表選手25名は以下のとおり。(カッコ内は現在の年齢と所属チーム)

ゴーリー(3名)
31 アンッティ・ニエミ(30・NHLサンノゼ)
32 カリ・レヒトネン(30・NHLダラス)
40 トゥーッカ・ラスク(26・NHLボストン)

ディフェンス(8名)
3 オッリ・マーッタ(19・NHLピッツバーグ)
4 オッシ・ヴァーナネン(33・FINヨーケリット・ヘルシンキ)
5 ラッセ・クッコネン(32・FINオウル)
6 サミ・サロ(39・NHLタンパベイ)
18 サミ・レピスト(29・KHLエカテリンブルク)
38 ユーソ・ヒエタネン(28・KHLニジニ・ノヴゴロド)
44 キンモ・ティモネン(38・NHLフィラデルフィア)=A
45 サミ・ヴァタネン(23・NHLアナハイム)

フォワード(14名)
8 テーム・セラニ(43・NHLアナハイム)=主将
12 オッリ・ヨキネン(35・NHLウィニペグ)
15 トゥオモ・ルートゥ(31・NHLキャロライナ)
16 アレクサンダー・バーコフ(18・NHLフロリダ)
21 ヨリ・レヒテラ(26・KHLノボシビルスク)
23 サカリ・サルミネン(25・KHLニジニノヴゴロド)
  →ヴァルッテリ・フィルップラの怪我による代替出場
26 ヤルコ・インモネン(31・KHLニジニノヴゴロド)
  →ミッコ・コイブの怪我による代替出場
27 ペトリ・コンティオラ(29・KHLチェリャビンスク)
28 ラウリ・コーピコスキー(27・NHLフェニックス)
36 ユッシ・ヨキネン(30・NHLピッツバーグ)
41 アンッティ・ピールストレム(29・KHLウファ)
50 ユハマッティ・アールトネン(28・FINオウル)
64 ミカエル・グランルンド(22・NHLミネソタ)
71 レオ・コマロフ(27・KHLモスクワ)=A

監督:エルッカ・ヴェステルルンド


*メモ*
・チームの平均年齢は29.3歳。ポジションごとの平均年齢はゴーリーが28.7歳、ディフェンスが30.1歳、そしてフォワードが28.9歳。
・NHLerのオリンピック参加が認められた長野以降の4度のオリンピックで3つのメダル(銀1、銅2)を獲得しているのは、フィンランドだけ。
・チーム最年長のセラニはNHL入り前のアルベールビル、そしてNHL入り後の長野、ソルトレイクシティ、トリノ、バンクーバーに次いで6度目の五輪出場。


::: セラニは入っているのに、サク・コイブの名前がない! 39歳のサク、5回目のオリンピックならず・・・とがっかりしましたが、実はサクは代表チームへの参加を監督から要請されたものの辞退したのだそうです。

長野五輪以来、ずっとキャプテンとして代表チームを引っ張ってきたサクは、出場したオリンピックではトリノの銀メダルが最高の成績。金メダルの夢は、弟ミッコに託されることになりました。しかしミッコは足首を故障しており、ソチ・オリンピックに出られるかどうかはかなり微妙なんだとか。スオミ、大ピンチ?

(2月10日追記)やはりミッコは怪我からの回復が間に合わず、五輪出場はなりませんでした。

それにしてもスオミのゴーリー陣の豪華なこと。絶対的エースのような存在だったミーッカ・キップラソフやトリノで大活躍したアンテロ・ニーットゥマキが老いて引退しても、ちっとも困らない。プレデターズのペッカ・リンネがケガでプレーできなくても、余裕綽々といったところでしょう。むしろ誰をゴールネットに据えたらいいのか選べなくて頭を悩ませているのでは。ソチのチーム・スオミは、ゴーリーに大注目です。
ソチ五輪:チェコ代表チーム決定 42歳ヤーガーも5回目の代表に
2014年01月09日 (木) 12:15 | 編集



1月6日に発表されたソチ・オリンピック男子アイスホッケーのチェコ代表選手25名は以下のとおり。(カッコ内は現在の年齢と所属チーム)

ゴーリー(3名)
21 ヤクブ・コヴァージュ(25・KHLエカテリンブルク)
31 オンジェイ・パヴェレツ(26・NHLウィニペグ)
53 アレクサンダー・サラーク(27・KHLサンクトペテルブルク)

ディフェンス(8名)
3 マレク・ジドリツキー(37・NHLニュージャージー)
4 ズビニェク・ミハーレク(31・NHLフェニックス)
5 ラディスラフ・シュミード(28・NHLカルガリ)
7 ラドコ・グダス(23・NHLタンパベイ)
8 ミハル・バリンカ(29・CZEヴィトコヴィツェ)
15 トマーシュ・カベルレ(35・CZEクラドノ)
25 ルカーシュ・クライチェク(30・KHLミンスク)
32 ミハル・ロジヴァル(35・NHLシカゴ)

フォワード(14名)
9 ミラン・ミハーレク(29・NHLオタワ)
10 ロマン・チェルヴェンカ(28・KHLサンクトペテルブルク)
11 マルティン・ハンザル(27・NHLフェニックス)
12 イェジ・ノヴォトニー(30・KHLプラハ)
14 トマーシュ・プレカネツ(31・NHLモントリオール)=主将
16 オンジェイ・パラート(24・NHLタンパベイ)
20 ヤクブ・ヴォラーチェク(23・NHLフィラデルフィア)
26 パトリック・エリアシュ(37・NHLニュージャージー)=A
46 ダヴィッド・クレイチー(27・NHLボストン)
67 ミハエル・フロリーク(26・NHLウィニペグ)
68 ヤロミール・ヤーガー(42・NHLニュージャージー)=A
83 アレシュ・ヘムスキー(30・NHLエドモントン)
91 マルティン・エラット(32・NHLワシントン)
  →ヴラディミール・ソボトカの怪我による代替出場
93 ペトル・ネドヴェド(42・CZEリベレツ)

監督:アロイス・ハダムチック


*メモ*
・チーム平均年齢29.9歳。ポジションごとの平均年齢は、ゴーリー26歳、ディフェンス31歳、フォワード30.2歳。
・最年長42歳のヤーガーは、長野、ソルトレイクシティ、トリノ、バンクーバーに続き5度目のオリンピック出場。今回の代表の中では唯一の長野五輪金メダリスト。
・同じく最年長42歳のネドヴェドは1987年に難民としてカナダに移り、後にカナダに亡命したため、1994年リレハンメル五輪にカナダ代表として参加した。決勝でスウェーデンに敗れ銀メダル獲得。
・25名のうち17名が現在NHLでプレーしている。カベルレとネドヴェドはかつてNHLで活躍し、カベルレはボストンでスタンリー・カップ優勝を経験している。


::: 平均年齢30歳。トリノ五輪後、代表引退を明言したヤーガーがバンクーバーに続きソチでもメンバーに選ばれたのにビックリ、同じく42歳のネドヴェドもロスターにいてまたビックリ。ネドヴェドなんてもう引退したと思ってました。ヤーガーの選出は、余人をもって代え難いということなのか、それほどチェコの世代交代がうまくいっていないということなのか・・・。おそらく両方だな。

チェコとしては、フォワードのトマーシュ・ハートルとマルティン・ハヴラートが共にケガでオリンピックに間に合いそうもないのが痛いところ。特にハートルは新人だけれど今季大活躍なので、チーム・チェコでのプレーを見てみたかったです。

NHL以外から8名が選ばれていますが、例えばコヨーテズのラディム・ヴルバータやキャピタルズのミハル・ノイヴィルトがいないのが不思議です。それからカルガリのイェジ・フドラーが選ばれなかったことにカルガリ監督のボブ・ハートリーは非常に驚き、「チェコはいいチームなんだろうね。金メダルを取るだろうよ。イェジ・フドラーを選ばないほどのチームなんだから、勝たないとおかしいよね」と皮肉たっぷりのコメント。

ただチェコは長野でもNHLとチェコ国内組の混成チームで見事金メダリストになったので、これはチェコの伝統みたいなものかもしれません。ハダムチック監督も「これがベストのメンバーだと思っている」ときっぱり。バンクーバーでは残念ながらメダルなしに終ったチェコの奮闘に期待です。

ソチ五輪:アメリカ代表チームが発表される
2014年01月09日 (木) 10:26 | 編集



1月1日、ソチ・オリンピック男子アイスホッケーのアメリカ代表選手25名が発表になりました。メンバーは以下のとおりです。(カッコ内は現在の年齢と所属チーム)

ゴーリー(3名)
32 ジョナサン・クイック(28・NHLロサンゼルス)
35 ジミー・ハワード(29・NHLデトロイト)
39 ライアン・ミラー(33・NHLバッファロー)

ディフェンス(8名)
2 キャム・ファウラー(22・NHLアナハイム)
4 ジョン・カールソン(24・NHLワシントン)
7 ポール・マーティン(32・NHLピッツバーグ)
20 ライアン・スーター(29・NHLナッシュビル)=A
22 ケヴィン・シャッテンカーク(25・NHLセントルイス)
27 ライアン・マクダナー(24・NYレンジャーズ)
44 ブルックス・オーピック(33・NHLピッツバーグ)
72 ジャスティン・フォーク(21・NHLキャロライナ)

フォワード(14名)
8 ジョー・パヴェルスキ(29・NHLサンノゼ)
9 ザック・パリゼ(29・NHLミネソタ)=主将
12 デレク・ステパン(23・NYレンジャーズ)
17 ライアン・ケスラー(29・NHLバンクーバー)
21 ジェームズ・ヴァンリームズダイク(24・NHLトロント)
23 ダスティン・ブラウン(29・NHLロサンゼルス)=A
24 ライアン・キャラハン(28・NHL NYレンジャーズ)
26 ポール・スタストニー(28・NHLコロラド)
28 ブレイク・ウィーラー(27・NHLウィニペグ)
42 デイヴィッド・バッカス(29・NHLセントルイス)
67 マックス・パチオレッティ(25・NHLモントリオール)
74 TJ・オシー(27・NHLセントルイス)
81 フィル・ケッセル(26・NHLトロント)
88 パトリック・ケイン(26・NHLシカゴ)

監督:ダン・バイルズマ(アメリカ、NHLピッツバーグ監督)
副コーチ:ピーター・ラヴィオレット(アメリカ)
     トッド・リチャーズ(アメリカ、NHLコロンバス監督)
     トニー・グラナト(アメリカ、NHLピッツバーグ副コーチ)
GM:デイヴィッド・ポイル(アメリカ、NHLナッシュビルGM)
副GM:レイ・シェロ(アメリカ、NHLピッツバーグGM)
人事部長:ブライアン・バーク(アメリカ、NHLカルガリ人事担当)


*メモ*
・前回バンクーバー五輪の代表だった選手は13名。
・最年長はライアン・ミラー(33歳)で、最年少はジャスティン・フォーク(21歳)。
・チームの平均年齢は27歳。ポジションごとの平均年齢はゴーリーが29.7歳、ディフェンスが25.9歳、そしてフォワードが27歳。なおバンクーバー五輪代表チームの平均年齢は26.5歳であった。
・25名のうち20名がアメリカのカレッジでホッケーをした経験があり、うち4名がウィスコンシン大学出身で最大多数、続いて3名がミネソタ大学の出身。
・ディフェンスマンのライアン・スーターの父親は1980年レークプラシッド五輪優勝チームでプレーしたボブ・スーター。また叔父のゲイリー・スーターも2002年ソルトレイクシティ五輪のアメリカ代表。
・フォワードのポール・スタストニーの父ピーター・シュタストニーは1980年にチェコスロバキアからカナダに亡命し、1984年のカナダ・カップはカナダ代表として参加。スロバキアの分離独立後、1994年リレハンメル五輪ではスロバキア代表チームの主将としてプレーし、開会式で旗手もつとめた。ポールがアメリカ代表となったことで、スタストニー家はチェコスロバキア、カナダ、スロバキア、アメリカという4か国の代表チームでプレーした初めてのホッケー・ファミリーとなった。


::: 平均年齢27歳。バンクーバーのチーム同様、若くていいけれど、強烈なリーダーシップを発揮しそうなベテランが少ないのがちょっと気になる。GMポイルは、バッカス(ブルーズ主将)、ブラウン(LA主将)、キャラハン(NYR主将)、パリゼ&スーターの5人を「リーダー組」として指名、チームをまとめてほしいと期待してました。

チームUSAはゴーリー3人が優秀なのが強みですね。前回銀メダルでMVPのミラーに、ともにスタンリー・カップを獲得しているクイックとハワード。3人とも正ゴーリーとして計算できます。ベンチ入りするのはミラーとクイックでしょうけど、どちらがゴールを守るにしても安心して任せられます。

ディフェンスは平均年齢25.9歳で経験の少なさが気がかりですが、全員20代のフォワードのメンバーはまさにキラ星のごとくで、他国首脳陣からしてみれば垂涎の的でしょう。バンクーバーでカナダと互角に渡り合った攻撃陣はソチでも期待できそう。本当に若くていいチームで、彼らのプレーを見るのが楽しみです。

ところでこのメンバー発表のニュースについて、米ヤフー!記事のコメント欄は「なぜボビー・ライアンとキース・ヤンドルが入ってない?」という疑問の書き込みでいっぱい。面子が揃っている攻撃陣にライアンが食い込めないのはまだ理解できますけど、ヤンドルは絶対に選ばれると思っていたんだけどなー。(もしかしてライアンはNHLアウォードでの金銀メダル・コントがチームUSA首脳陣の怒りを買ったとか・・・? まさかね・・・)

そして前回のメンバーからはジャック・ジョンソンとエリック・ジョンソンが選考漏れ。ジャックのほうはバンクーバー五輪当時LAキングズに所属していました。開会式のときはまだNHL開催中だったためホッケーの代表選手は開会式には出られないはずだったのですが、彼は「一生に一度のことだから」とキングズに罰金を払いチーム練習を休んでまで、ホッケー代表チームで唯一、バンクーバー五輪開会式に出席した人です。開会式に出ておいてよかったね、というか、「一生に一度」なんて自ら予言してしまう形になってしまったではないの、というか・・・。

ソチ五輪:日本女子代表「スマイルジャパン」21人が決定
2014年01月07日 (火) 22:48 | 編集



12月4日、来年2月のソチ冬季オリンピックに出場するアイスホッケーの女子代表「スマイルジャパン」の21選手が東京都内で発表され、フォワードで最終予選ではチームの主将を務めた大沢ちほ(21)は「目標はチームが一つになってメダルを取ること」と抱負を語った。

一度引退して現役復帰した久保英恵(30)、1998年長野五輪に出場した近藤陽子(34)のベテランも選ばれた。日本は2月にスロバキアで開催された最終予選を突破。開催国枠で出た長野五輪以来4大会ぶりの大舞台に挑む。(共同)

スマイルジャパンの21名は以下のとおり。(カッコ内は現在の年齢、身長、所属チーム、出身地)各選手の詳しいプロフィールはこちら

ゴーリー(3名)
1 中奥 梓(20・157cm・Toyota Cygnus・苫小牧市)
29 小西 あかね(18・164cm・釧路ベアーズ・釧路市)
30 藤本 那菜(24・163cm・ボルテックス札幌・札幌市)

ディフェンス(7名)
2 小池 詩織(20・158cm・三星D-P*・栃木県日光市)
3 近藤 陽子(34・165cm・SEIBU-PR*・青森県八戸市)
4 床 亜矢可(19・161cm・SEIBU-PR・釧路市)
5 青木 香奈枝(28・165cm・三星D-P・苫小牧市)
6 鈴木 世奈(せな)(22・166cm・SEIBU-PR・苫小牧市)
7 堀 珠花(みか)(21・163cm・Toyota Cygnus・苫小牧市)
9 竹内 愛奈(あいな)(22・166cm・Daishin・釧路市)

フォワード(11名)
8 山根 朋恵(27・168cm・Daishin・釧路市)
10 米山 知奈(はるな)(22・160cm・三星D-P・苫小牧市)
11 足立 友里恵(28・156cm・SEIBU-PR・札幌市)
12 大澤 ちほ(21・162cm・三星D-P・苫小牧市)
13 藤本 もえこ(21・155cm・三星D-P・苫小牧市)
15 浮田 留衣(17・168cm・Daishin・釧路市)
17 平野 由佳(26・157cm・三星D-P・札幌市)
18 坂上 智子(30・163cm・三星D-P・苫小牧市)
19 獅子内 美帆(21・164cm・Toyota Cygnus・釧路市)
21 久保 英恵(はなえ)(30・168cm・SEIBU-PR・苫小牧市)
23 中村 亜実(26・162cm・SEIBU-PR・青森県八戸市)

監督:飯塚祐司(39・王子製紙・釧路工業高校卒)

*三星D-P=三星ダイトーペリグリン、SEIBU-PR=SEIBUプリンセスラビッツ。

*メモ*
・平均年齢23.7歳。最年少はFW浮田(17歳、1996年生まれ)で最年長はD近藤(34歳、1979年生まれ)。
・平均身長162.4cm。最も身長が高いのはFW山根、FW浮田、FW久保で168cm、最も小柄なのは155cmのFW藤本。
・G小西は釧路東高校、FW浮田は釧路工業高校に通う高校生。
・G藤本は札幌学院大学大学院生、D小池とF大澤は苫小牧駒澤大学、D床とD鈴木は法政大学、D堀とFW藤本は北翔大学、D竹内は北海道教育大学釧路校、FW米山は北海道文教大学に所属。


::: 平均年齢23.7歳。え、そんな若いはずはないと、何度も何度も計算をし直しましたが、まちがいありませんでした。現役の女子高生2人と女子大生8人が、平均年齢をずいぶんと押し下げているようです。

ソチ五輪のアイスホッケーは、男子は25名が選手として登録されますが、女子は21名なんですね。この違いはなぜなのか、その理由はよくわかりません。

五輪行きを決めたとき、アルバイトを掛け持ちしながらホッケーを続けてきた選手たちが多いのが話題になりましたが、JOCの後押しもあり、現在では社会人選手全員が競技生活に理解のある企業に就職を決め、ホッケーに集中できる環境が整えられたそうです。

女子は男子と違ってボディチェックが基本的に禁止されており、接触は厳しく反則を取られるので、小柄な日本人選手でもハンデは小さいはず。2度の金メダルに輝いているアシスタント・コーチのカーラ・マクラウドだって公称162センチしかないのです。持ち味のスピードを活かすことができれば、突破口は見つかるはず。トレードマークの笑顔とお辞儀で、ソチでの活躍を期待したいです。がんばれ、スマイルジャパン!

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。