さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米カレッジホッケー・リーグ再編 CCHA解散、AHA他3リーグ発足で6リーグ制に
2013年09月25日 (水) 16:00 | 編集



アメリカの大学ホッケーは長く東部のホッケー・イーストとECAC、中西部のCCHAとWCHAの4リーグ制をとってきましたが、2012-13年のシーズン終了をもってCCHAが解散し、2013-2014年のシーズンから、AHA、Big Ten、NCHCの3リーグが新たに発足して6リーグ制となりました。

CCHAの有力校ミシガン大学とオハイオ州立大学はBig Tenへ移り、カレッジスポーツ最大といわれるライバル関係を変わらず持続させることに。WCHAの強豪ミネソタ大学とウィスコンシン大学も揃ってBig Tenへ加入しました。

ノースダコタ大学とデンバー大学もWCHAを離脱して新発足のNCHCへ参加し、カレッジホッケー界の名門同士、同じリーグで頂点を目指してしのぎを削ることになります。

毎年春に行われるNCAA全米選手権へ進めるのは16チーム。各4チームが参加できる4つの地域トーナメントの勝者が「Frozen Four」と呼ばれる決勝トーナメントに進みます。2014年のフローズン・フォーは、4月10日から12日にかけて、NHLフィラデルフィア・フライヤーズのホーム・アリーナであるウェルズファーゴ・センターで行われます。

各リーグの参加校は以下のとおり。

■Atlantic Hockey Association(AHA・12校)

・USエアフォース・アカデミー(コロラド州)
・アメリカン・インターナショナル・カレッジ(マサチューセッツ州)
・USミリタリー・アカデミー(ニューヨーク州)
・ベントリー大学(マサチューセッツ州)
・カニーシャス・カレッジ(ニューヨーク州)
・コネチカット大学
・ホーリークロス大学(マサチューセッツ州)
・マーシーハースト大学(ペンシルヴェニア州)
・ナイアガラ大学(ニューヨーク州)
・ロバートモリス大学(ペンシルヴェニア州)
・ロチェスター工科大学(ニューヨーク州)
・セイクレッドハート大学(コネチカット州)

■Big Ten Conference(Big Ten・6校)

・ミシガン州立大学
・オハイオ州立大学
・ペンシルヴェニア州立大学
・ミシガン大学
・ミネソタ大学
・ウィスコンシン大学

■Eastern College Athletic Conference(ECAC・12校)

・ブラウン大学(ロードアイランド州)
・クラークソン大学(ニューヨーク州)
・コルゲート大学(ニューヨーク州)
・コーネル大学(ニューヨーク州)
・ダートマス大学(ニューハンプシャー州)
・ハーバード大学(マサチューセッツ州)
・プリンストン大学(ニュージャージー州)
・クイニピアック大学(コネチカット州)
・レンセラー工科大学(ニューヨーク州)
・セントローレンス大学(ニューヨーク州)
・ユニオン・カレッジ(ニューヨーク州)
・エール大学(コネチカット州)

■Hockey East(HE・12チーム)

・ボストン・カレッジ(マサチューセッツ州)
・ボストン・ユニバーシティ(マサチューセッツ州)
・コネチカット大学
・メイン大学
・マサチューセッツ大学アマースト校
・マサチューセッツ大学ローウェル校
・メリマック大学(マサチューセッツ州)
・ニューハンプシャー大学
・ノースイースタン大学(マサチューセッツ州)
・ノートルダム大学(インディアナ州)
・プロヴィデンス・カレッジ(ロードアイランド州)
・ヴァーモント大学

■National Collegiate Hockey Conference(NCHC・8チーム)

・コロラド・カレッジ
・マイアミ大学(オハイオ州)
・セントクラウド州立大学(ミネソタ州)
・デンバー大学(コロラド州)
・ミネソタ大学ドゥルース校
・ネブラスカ大学オマハ校
・ノースダコタ大学
・ウェスタンミシガン大学

■Western Collegiate Hockey Association(WCHA・10校)

・アラバマ大学ハンツビル校
・アラスカ大学アンカレッジ校
・アラスカ大学フェアバンクス校
・ベミジ州立大学(ミネソタ州)
・ボウリンググリーン州立大学(オハイオ州)
・フェリス州立大学(ミシガン州)
・レイクサピリア州立大学(ミシガン州)
・ミシガン工科大学
・ミネソタ州立大学マンケイト校
・ノーザンミシガン大学

--------




我が母校ノースダコタ大学の新ジャージ。2012年から「Fighting Sioux」の愛称が使えなくなり、新しい愛称の使用も来季までお預けですが、主将ディロン・シンプソンを中心に、昨季の覇者エール大学から王座を奪還すべく闘います。合言葉はこれまで「Go, Sioux!」だったけれど、もう言えないので Go, UND!
スポンサーサイト
リドストロム、大晦日のウィンター・クラシックOBゲームに参加
2013年09月22日 (日) 14:53 | 編集



NHL.com -- 2012年に現役を引退したデトロイト・レッドウィングズの前主将ニクラス・リドストロムが、12月31日にデトロイト市のコメリカ・パークで行われる屋外試合「ブリヂストン NHLウィンター・クラシック」(レッドウィングズ対トロント・メイプルリーフス)の前座戦であるOBゲームに出場することになった。

リドストロムは20年に及ぶNHLでのキャリアをレッドウィングズ一筋で過ごし、4度のスタンリー・カップ優勝と7度のノリス・トロフィ(最優秀ディフェンスマン賞)に輝いた。2008年の優勝時は主将で、NHL史上初めて、北米でのジュニア時代を経験していないヨーロッパ人主将としてチームを年間王者へと導いた選手となった。

レッドウィングズの公式サイトで「90年代と2000年代を共に過ごしたチームメイトたちとまた一緒にプレーすることを楽しみにしている」と抱負を発表したリドストロム。彼の背番号5番は同チームの永久欠番となり、2014年3月6日の対コロラド・アバランチ戦の前にそのセレモニーが行われることが決まっている。


::: 「Lidstrom Returns」という見出しを読んで、「おお、ウィングズのコーチか何かになるのかな!?」と一瞬ワクテカしてしまいましたが、違いました。がっくし。

そうだよね、一番下の息子さんもまだ小さくてスウェーデンの学校に通っているだろうし、現役時代から毎年のように「スウェーデンに帰って子どもを祖国で育てたい」と言っていたリドストロムだから、もう北米に戻ってくることはないかもね。

リドストロムがつけていた栄光の背番号5番が、永久欠番になるんですね。そのセレモニーが行われるのが、90年代後半からNHLの覇権を争ってきた良きライバル、コロラド・アバランチ戦というのが、なかなか粋でいいではないですか。

セレモニーのある3月6日、タンパベイ・ライトニングはフロリダ州の本拠地で試合があるので、苦楽をともにしたスティーブ・アイザマンはセレモニーにはおそらく出席しないのかな。残念〜。

でも元チームメイトとしてラリー・マーフィーやイゴール・ラリオノフ、セルゲイ・フェドロフ、クリス・ドレイパー、ダレン・マッカーティらは出てくるかも! その画を想像しただけで胸熱です。そして相手はアバランチだし、マッカーティと氷上の名勝負を繰り広げたアバランチOBのクロード・ルミューおじじも来ないかなあ。無理かな。
オイラーズ、ニュージェント=ホプキンズと7年の契約延長に合意
2013年09月21日 (土) 15:36 | 編集



Edomonton Journal -- NHLエドモントン・オイラーズは9月19日、センターのライアン・ニュージェント=ホプキンズ(愛称RNH)と7年4200万ドル(約42億円)の契約延長に合意したと発表した。

19日午後の記者会見で、RNHは契約延長について訊かれ「感激だ」と目を輝かせた。2011年NHLエントリー・ドラフト全体1位指名でオイラーズに入団して2年、弱冠20歳のRNHは、今年4月の肩の故障もありNHLでまだ102試合しか戦っていない。しかしオイラーズは昨夏やはり長期契約を結んだテイラー・ホールやジョーダン・エバリーらの若手選手と同様、RNHがチーム作りに重要だと考えている。

RNHの7年契約は、3年間のエントリー・レベルの契約が終了する来シーズンからスタートする。ホールやエバリーらと同じように、トレード不可の条件はついていないという。契約最後のシーズンとなる今季のRNHの年俸は、ボーナスが付くと最高380万ドルとなる。

「ライアンとの契約延長は考えるまでもないことだった」とオイラーズのジェネラル・マネジャー(GM)、クレイグ・マクタヴィッシュ。RNHは1年目のシーズン、試合中の怪我で62試合の出場に終ったが、それさえなければコルダー・トロフィ(最優秀新人賞)はRNHが受賞していたはずだとマクタヴィッシュは言う。コルダーは82試合プレーしてRNHと同じ52ポイントでフィニッシュしたガブリエル・ランデスコーグ(コロラド・アバランチ)が受賞した。

攻撃の核となる3人の若い選手たちの契約を完了し、マクタヴィッシュにとって次の任務はディフェンスマン、ジャスティン・シュルツとの契約延長だ。シュルツは今季が2年契約の最後の年となる。

------

「(この契約は)ものすごく嬉しいこと。ぼくにとっても、家族にとっても」。RNHがそう言うのには特別な理由がある。

「Peewee」と呼ばれるジュニアのレベル(11歳〜13歳)でプレーしていた12歳から1年間、RNHはチームに所属できなかった。その頃両親が離婚、実父は病に倒れた。病院で看護助手として働く母は生活費を稼ぐのに精一杯で、息子のホッケーにかける費用をひねり出せなかったからだった。故郷ブリティッシュコロンビア州バーナビーのホッケー・アカデミーの厚意を得て、リンクでひたすら練習をする日々が続いた。

「チームに所属できなかったのは、子どもだったし本当につらかった。でもそれでもリンクには立てた。チームの練習にも試合にも出られなかったけど、結局それが一番いい方法だった」

「ピーウィーの頃に比べたら、いろんなことが変わった」とRNHは言う。600万ドルの年俸をポケットに入れ、RNHと家族にとってもうカネの問題はなくなった。そう言って間違いないだろう。


::: アイスホッケーはお金がかかるので、貧乏な家庭の子にはまず手が届かないスポーツです。カナダやアメリカでも、ホッケーをやっているのは中流家庭以上か親が他のことを犠牲にしてでも子どものホッケーに費用をつぎ込んでいる家の子ばかりでしょう。

NHLレベルだと母子家庭で育った選手は非常に少なく、かつてはマシュウ・バーナビー、現在ならジャローム・イギンラやダスティン・バフリンなど、様々な事情により母の女手一つで育てられた選手は、その家庭環境のみでメディアにクローズアップされることが多いほどです。

なのでオイラーズが2年前のエントリー・ドラフトでRNHを真っ先に指名したとき、「両親離婚、母は看護助手、父は病気で既にリタイヤ」という話を聞いて私は驚きました。よくそれでホッケーを続けてこれたなと。少なくとも、NHLのチームでトップラインを張るような選手で、ジュニア時代に旅費がなくてチームの遠征に参加できなかったというエピソードの持ち主を、私はRNH以外に知りません。

家が貧しくてチームに所属できなかったことは、人一倍ホッケーがうまかっただろう12歳のRNHにとって、どれほど惨めで悲しいことだったでしょうか。彼が年齢のわりに老成しているというか落ち着いて見えるのは、そういったバックグラウンドのせいなのかもしれない、と私は思うのです。

バーナビーは材木工場で働く兄が、そしてイギンラやバフリンは祖父母がホッケーのために経済的な援助をしましたが、RNHの場合、息子の才能を信じていた父は最後の手段として代理人に助けを求めました。RNHがプロ入りするときの契約を一任する約束で、ホッケーをする資金を出してもらったのです。病院で朝から晩まで働く母の代わりに、父は毎日クルマで片道50分の距離をリンクへ送り迎えし、息子のホッケー生活をサポートしました。

NHLerになって2年経っても、まだ少し線が細いかなという気はしますが、RNHのプレーは本当に魅力的です。特にパス出しのセンスは、フィラデルフィア・フライヤーズにいたエリック・リンドロスやボストン・ブルーインズ時代のジョー・ソーントンを彷彿とさせるものがあります。ドラ1の先輩でもあるこの2人はリーグMVPに輝きました。RNHも大きな怪我さえなければ、近い将来、きっとMVPに選ばれるであろうポテンシャルを持つ選手です。その日を楽しみに彼に注目し、応援していきたいと思います。
新ディビジョン導入で、NHLのプレーオフ方式が変更に
2013年09月06日 (金) 19:32 | 編集
NHLは2013-14年シーズンから新たなディビジョンを導入することになりました。東カンファレンスが16チーム、西カンファレンスが14チームという変則の編成のため、「プレーオフ進出チームはどう決める?」という疑問は、誰しもが抱くところです。

NHL.comによると、新プレーオフ方式は以下のとおりになります。

・スタンリー・カップ・プレーオフは、従来どおり各カンファレンスからの8チーム(計16チーム)で行う。

・各ディビジョンの上位3位チーム(計12チーム)は自動的にプレーオフへ進出する。

・続いて、各カンファレンスでレギュラー・シーズンでのポイント数が多い2チーム(計4チーム)がプレーオフに進む(ワイルドカード)。ディビジョンの枠組みは関係ないため、1つのディビジョンから5チームがプレーオフに進出することもあり得る。

・プレーオフ第1ラウンド(ディビジョン・プレーオフ)では、各カンファレンスでポイント数1位のディビジョン首位のチームが、ワイルドカードの2チームのうちポイント数が少ないチームと戦う。もう一つのディビジョン首位のチームは、ワイルドカードのうちポイント数が多いチームと対戦する。

・各ディビジョンで2位と3位のチームが第1ラウンドで顔を合わせ、勝者がディビジョンの決勝ラウンドへと進み、ディビジョン1位とワイルドカードのチームの勝者と対戦する。勝ったチームはカンファレンスの決勝へ。

・各カンファレンスのチャンピオンがスタンリー・カップ決勝で戦う。



・・・うーん、ちょっとわかりづらいな。なのでこれを西カンファレンスに当てはめて考えてみます。(あくまでも仮定ベース)


■セントラル・ディビジョン

1位:シカゴ(110ポイント)
2位:コロラド(105)
3位:ダラス(103)
4位:ミネソタ(98)
5位:ナッシュビル(95)
6位:セントルイス(88)
7位:ウィニペグ(80)

■パシフィック・ディビジョン

1位:アナハイム(106)
2位:カルガリ(100)
3位:エドモントン(94)
4位:ロサンゼルス(93)
5位:フェニックス(91)
6位:サンノゼ(81)
7位:バンクーバー(75)


なんと! これでいけば我がエドモントン・オイラーズは今季プレーオフ進出!(あくまでも仮定で)

西カンファレンスからプレーオフに出るチームは、

シカゴ(110ポイント、セントラル1位)
コロラド(105、セントラル2位)
ダラス(103、セントラル3位)
---------
アナハイム(106、パシフィック1位)
カルガリ(100、パシフィック2位)
エドモントン(94、パシフィック3位)
---------
ミネソタ(98、セントラル4位、ワイルドカード)
ナッシュビル(95、セントラル5位、ワイルドカード)


となり、第1ラウンドの組み合わせは、

シカゴ vs ナッシュビル
アナハイム vs ミネソタ
コロラド vs ダラス
カルガリ vs エドモントン


となります。
うーむ、西はいきなりカルガリ対エドモントンのアルバータ・ダービーマッチか・・・ 盛り上がるな・・・フフフ・・・(あくまでも仮定で)

この第1ラウンドは「ディビジョン・プレーオフ」という位置づけなので、例えば勝ったチームがシカゴ、アナハイム、コロラド、カルガリであれば、次は、

シカゴ(セントラル1位) vs コロラド(セントラル2位)
アナハイム(パシフィック1位) vs カルガリ(パシフィック2位)


という組み合わせで戦ってディビジョン内のチャンピオンを決め、各ディビジョンのチャンピオン同士がスタンリー・カップ決勝進出をかけてカンファレンス決勝で戦う・・・という図式になっています。

ポイント数が重要視されていた変更前よりも、「どのディビジョンに所属するか」がより問題になってくるみたいですね。

・・・なんか、恣意的なものを感じるんですよねえ。特にメトロポリタン・ディビジョンの面子を見ると。

カンファレンス最多ポイントの強いチームが、8位フィニッシュのワイルドカードのチームにやられてしまう可能性があるのは従来どおり。新たなドラマや悲劇がまた生まれることになるかもしれません。

それから今季は1997-98年シーズンから実に16年ぶりに、全30チームが最低でも1度は全30アリーナでプレーすることになります。これは、NHLファンには嬉しいですね。




昨季新人王のジョナタン・ユベルドー。「2年目もがんばりまーす」
NHLの新ディビジョン&2013-2014年スケジュールが発表に
2013年09月01日 (日) 11:20 | 編集



NHLは7月19日、2013-14年シーズンから導入する新たなディビジョンとスケジュールを発表しました。

これまでは計30チームを東西2つのカンファレンスに分け、各カンファレンスの15チームを3ディビジョン(各5チーム)に分けていました。

10月からの新しいシーズンは、東西カンファレンスの枠組みこそ変わりませんが、ディビジョンは各カンファレンス2つずつとなり、東カンファレンスには計16チーム、西カンファレンスには計14チームが所属することになります。

各ディビジョンの編成は以下のとおり。(アルファベット順)


■東カンファレンス■

■アトランティック・ディビジョン(8チーム)

ボストン・ブルーインズ
バッファロー・セイバーズ
デトロイト・レッドウィングズ
フロリダ・パンサーズ
モントリオール・カナディアンズ
オタワ・セネターズ
タンパベイ・ライトニング
トロント・メイプルリーフス

■メトロポリタン・ディビジョン(8チーム)

キャロライナ・ハリケーンズ
コロンバス・ブルージャケッツ
ニュージャージー・デビルズ
ニューヨーク・レンジャーズ
ニューヨーク・アイランダーズ
フィラデルフィア・フライヤーズ
ピッツバーグ・ペンギンズ
ワシントン・キャピタルズ


■西カンファレンス■

■セントラル・ディビジョン(7チーム)

シカゴ・ブラックホークス
コロラド・アバランチ
ダラス・スターズ
ミネソタ・ワイルド
ナッシュビル・プレデターズ
セントルイス・ブルーズ
ウィニペグ・ジェッツ

■パシフィック・ディビジョン(7チーム)

アナハイム・ダックス
カルガリ・フレイムズ
エドモントン・オイラーズ
ロサンゼルス・キングズ
フェニックス・コヨーテズ
サンノゼ・シャークス
バンクーバー・カナックス


::: NHLの新しいディビジョン分けは、面白いことになりました。注目は、21世紀のNHLを常にリードし続けて来た強豪であり古豪であるデトロイト・レッドウィングズであります。

西にあるセントラル・ディビジョンの雄として長らく君臨し続けてきたウィングズが、中西部から飛び出して東海岸に殴り込み!

・・・って、なんでやねーん!?という気もしなくはないですけど、地理的にご近所のリーフスも、なぜかちゃっかりアトランティック入りしているので、巻き込まれて一緒にされちゃったのかもしれない。ミシガン州はアメリカでは「中西部」のくくりなのに、東部時間を採用していることにも関係があるのかも。正直よくわかりません。

メトロポリタン・ディビジョンに、ニューヨークやあのあたりのチームをまとめたかったのかな?という意図はわかりすぎるぐらいわかりますが、小さいエリアにごちゃごちゃとチームが集まっているメトロポリタンに比べて、アトランティックのチームは南北の移動距離がはるかに長く、ちょっと不利では・・・? NHLよ、それでいいのか。

それにしても、ウィングズがブルーインズやリーフス、ハブズと同じディビジョンでやることになるなんて・・・、なんか慣れないです。

東が8チームずつで計16チーム、西が7チームずつで計14チーム。

なぜ、両方仲良く15チームずつではだめだったの?と最初は思いましたけど、広い西のほうが移動のハンデが大きいので、それでよかったのかなあという気もします。

我がオイラーズは、シャークスやLAキングズ、カナックスと同じディビジョンになってしまいまして・・・、もう、ダメだこりゃ(笑)。やる前から。

でも今季は久々に、全チームが最低1試合は他の29チームと戦うことになるんだそうで、楽しみです!
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。