さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソチ五輪:アメリカ代表チームのジャージが発表に
2013年08月31日 (土) 14:37 | 編集
8月27日、ソチ・オリンピック代表候補の強化合宿地であるヴァージニア州アーリントンにおいて、チームUSAが着用するジャージがお披露目されました。





チームUSAの広報によれば、このジャージは「肩の部分の星、そして太いストライプでアメリカ国旗を表すことでアメリカ代表としてプレーするプライドをもたらす」とのこと。派手すぎずシンプルでいいですね。

夏のオリンピックでもそうですが、アメリカ代表のユニフォームって時として「やりすぎ感100%」なものになってしまうので、これぐらい地味で抑えめなほうが逆に新鮮でいいと思います。

しかしナイキは自国アメリカ代表チームのジャージなのでディテールにさりげなく凝ったデザインにしたかったのか、星はマットなタイプでチラチラ見えたり見えなかったりするパターンになってたり、胸の部分にはフェイクの紐をあしらってあったり。しかも、




首の部分にはアメリカ国歌から「Land of the Free, Home of the Brave(自由な者たちの祖国、勇敢な者たちの故郷)」という歌詞がフィーチャーされてるのです。芸が細かいね。




感想を訊かれたデイヴィッド・バッカス(セントルイス・ブルーズ):「気にいったよ。クラシックだけど、シンプルでオシャレなジャージだよね。まあ僕は『USA』の文字が入ってるならどんなジャージでもいいんだけど(笑)。このジャージにはいろんな思いが込められてるんだろうね」

バッカスぐらいイケメンなら、どんなジャージでも似合うわな。バンクーバー五輪にも出場した彼はチームUSAのキャプテン候補です。
スポンサーサイト
ソチ五輪:チームUSAのオリエンテーション・キャンプ・ロスター
2013年08月29日 (木) 00:06 | 編集
8月27日、メリーランド州にあるワシントン・キャピタルズの練習アリーナで、ソチ五輪アメリカ代表候補選手のオリエンテーション・キャンプが行われました。キャンプに招かれた選手たちは以下のとおり(カッコ内は現在の年齢と所属チーム、太字はバンクーバー五輪の銀メダリスト)。


■ゴーリー(6名)

ライアン・ミラー(33、バッファロー)
ジョナサン・クイック(27、ロサンゼルス)
クレイグ・アンダーソン(32、オタワ)
ジミー・ハワード(29、デトロイト)
コウリー・シュナイダー(27、ニュージャージー)
ジョン・ギブソン(20、アナハイム)

■ディフェンス(18名)

ブルックス・オーピック(33、ピッツバーグ)
ライアン・スーター(28、ミネソタ)
ジャック・ジョンソン(26、コロンバス)
エリック・ジョンソン(25、コロラド)
ポール・マーティン(32、ピッツバーグ)
ダスティン・バフリン(28、ウィニペグ)
キース・ヤンドル(27、フェニックス)
ライアン・マクダナー(24、NYレンジャーズ)
ケヴィン・シャッテンカーク(24、セントルイス)
ザック・ボゴージアン(23、ウィニペグ)
ダニー・デカイザー(23、デトロイト)
ジェイク・ガーディナー(23、トロント)
ジョン・カールソン(23、ワシントン)
ニック・レディ(22、シカゴ)
キャム・ファウラー(21、アナハイム)
ジャスティン・フォーク(21、キャロライナ)
セス・ジョーンズ(19、ナッシュビル)
ジェイコブ・トルーバ(19、ウィニペグ)

■フォワード(24名)

デイヴィッド・バッカス(29、セントルイス)
ダスティン・ブラウン(29、ロサンゼルス)
ライアン・ケスラー(29、バンクーバー)
ザック・パリゼ(29、ミネソタ)
ジョー・パヴェルスキ(29、サンノゼ)
ライアン・キャラハン(28、NYレンジャーズ)
ポール・スタストニー(27、コロラド)
フィル・ケッセル(26、トロント)
ボビー・ライアン(26、オタワ)
パトリック・ケイン(25、シカゴ)
ブレイク・ウィーラー(27、ウィニペグ)
TJ・オシー(26、セントルイス)
ジャスティン・アブデルケイダー(26、デトロイト)
トレヴァー・ルイス(26、ロサンゼルス)
マックス・パチオレッティ(25、モントリオール)
カイル・オクポーゾ(25、NYアイランダーズ)
ジェームズ・ヴァンリームズダイク(24、トロント)
クレイグ・スミス(24、ナッシュビル)
デレク・ステパン(23、NYレンジャーズ)
カイル・パルミエリ(22、アナハイム)
ブランドン・サード(21、シカゴ)
ボー・ベネット(21、ピッツバーグ)
ニック・ビューグスタッド(21、フロリダ)
アレックス・ガルチェニャク(19、モントリオール)


監督:ダン・バイルズマ(ピッツバーグ監督)
GM:デイヴィッド・ポイル(ナッシュビルGM)
副GM:レイ・シェロ(ピッツバーグGM)
人事部長:ブライアン・バーク(カルガリ運営部長)

----------

キャンプといっても、選手たちの契約に係る保険が高いためホッケーの練習は行われず、どのように代表選出が行われるかが首脳陣から選手たちに説明されるなど、単なる顔合わせのようでした。

バンクーバー五輪では23名が選手として登録されましたが、ソチ五輪では2名増えて25名がロスター入りできます。

チームUSAの場合、バンクーバー五輪のメンバーが若かったので、このキャンプにもバンクーバー組が16名も呼ばれています。ディフェンスはちょっと弱いかな、という気もしますが、フォワードは若くていい選手がまさにキラ星のごとくで、非常に期待が持てる面々です。

ゴーリーも、前回バックアップとしてベンチ入りしたティム・トーマスはいませんが、バンクーバー五輪MVPのライアン・ミラーを筆頭に有望なゴーリーが名を連ね、誰が代表に選ばれるのかが注目されるところ。

チームUSAの代表ロスターは、来年1月1日にミシガン大学のスタジアムで行われる屋外試合「ウィンター・クラシック」(デトロイト・レッドウィングズ対トロント・メイプルリーフス)の終了後に発表される予定です。




オリエンテーション・キャンプでのダニー・デカイザー(左)とダスティン・バフリン。もしもビッグ・バフがオリンピック代表に選ばれたら、シングルマザーで息子を育ててきたお母さんは大喜びだろうな。
ソチ五輪:ロシア代表チームのジャージが披露される
2013年08月28日 (水) 19:53 | 編集
8月26日、すべてのホッケー競技参加国の先陣を切って、オリンピック開催国であるロシアが、男女の代表選手が着用するジャージをメディアに対してお披露目しました。





モデルはソチ・オリンピック大使を務めるアレクサンダー・オベチキン(ワシントン・キャピタルズ)と、女子代表のアレクサンドラ・カプスティナ。中央は伝説のソ連代表チームの伝説のゴーリーだったヴラディミール・トレチャクさんです。

赤いジャージのコンセプト:
「赤はロシアの伝統の色。金色の国章と古いスラブ文字で書かれた国名『ロシア』は、国のプライドを表現している。袖上部の白、青、赤のストライプはロシア国旗をモチーフにしており、両肩に散りばめられた8つの星は、ロシアがこれまでにオリンピックで獲得した金メダルの数を思い出させる」

白いジャージのコンセプト:
「モダンで革新的なデザインを採用。国章に使われている双頭の鷲が羽を広げているシルエットは、ロシアの攻撃的なホッケーを表現しているかのようだ。肩口の翼はチームのファンを意味する。右袖の8つの金冠はソビエト時代のホッケーの華麗なる遺産である」





開催国だし、男子は世界ランキング1位で優勝候補筆頭だし、ロシアのジャージはいつにも増して力が入ってるな〜、という感じです。ちょっと装飾過剰なんじゃない!?って思うくらい。華麗すぎて、ロシア・ロマン派の巨匠チャイコフスキーの音楽が聞こえてくるようです。

ロシアの場合、国章がかっこいいので、この国章を使う限りイケてるデザインになりますね。それからオリンピックのホッケージャージを見るたび思うのは、各国のジャージってその国の人に一番似合うようなデザインになっている、ということ。このロシアの赤白ジャージを着こなせるのはやっぱりロシア人選手だけ。スウェーデン人や日本人が来ても似合わないと思うのです。

ジャージの星や王冠で表されているように、ロシアの男子チームは旧ソ連時代から1992年の独立国家共同体時代までオリンピックで計8回の優勝を誇ります。しかしソ連解体後は1998年の長野オリンピックの銀メダルが最高で、トリノでもバンクーバーでもメダルなしに終わりました。NHLerのオリンピック参加はソチ大会が最後なのではと噂される中、28歳と最も脂が乗る年齢のスーパースター、オベチキンを中心に、チーム・ロシアは「ロシア連邦」として初の金メダルを狙います。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。