さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年「ブリジストン・ウィンター・クラシック」のCM
2011年12月08日 (木) 00:54 | 編集
ブルーインズ vs ジェッツの試合の途中で流れた来年1月2日の「ウィンター・クラシック」のCMに、引退したリュック・ロバタイユが出てましたー!




新年らしいハッピーさにあふれたCMですが、リュック、ちょっと音痴かも(笑)。妻ステイシアはCDも出しているセミプロの歌手なのに。

この動画は「Song編」ですが、もう一つ、「Rivalry(ライバル関係)編」というのもありまして、




ぐっとテイストが違って、かっこいい作りですね。しょっぱなに登場するJVR君ことジェームズ・ヴァンリームズダイクがイケてます! 最後に出てくるクロード・ジルーはすっかりムサくなっちゃって。

それにしてもフィラデルフィアは、絵になる街です。私も行ったことがありますが、治安は「少し・・・悪い?」という気がしたものの、さすが古都だけあって歴史的な重みを感じさせる街並が続き、やたらと「アメリカで最初の」という形容詞がつくものが多い街でもあります。

「ライバル編」の最後に出てくるのは、全米屈指のコレクションを誇るフィラデルフィア美術館。フィリー選手3人が腰かける階段を見て、「エイドリアーン!」と思わず口走ったのは私だけではあるまい。映画「ロッキー」であまりにも有名なこの階段は、現在は「ロッキー・ステップ」と呼ばれ、ロッキーの銅像も建てられています。




2008年にバッファローで第1回を迎えたウィンター・クラシックの歴史をまとめた動画。
スポンサーサイト
新生ジェッツ、好調ブルーインズをホームで破る
2011年12月07日 (水) 22:26 | 編集



12月6日(火)

ボストン1、ウィニペグ2

3ピリから見ることができました。ジェッツの試合を見るのは初めてです。本日のブルーインズ先発ゴーリーはティム・トーマスではなくトゥーッカ・ラスク。ジェッツはオンドレイ・パヴェレツ(31歳、チェコ人)でした。

アンドリュー・ラッドのゴールでジェッツが1-0とリードしてましたが、3分過ぎにダニエル・パイエのトリッキーなゴールでブルーインズが同点に。BマークジャージのちゃぐまファンもMTSセンターにけっこう来てたみたいです。

しかしその後2分もしないうちにブライアン・リトルのすんばらしい勝越しゴールが決まり、MTSセンター、大盛り上がり! なかなか歓声がやまなくて、フェイスオフ始まりませんでした。すばらしい。さすがウィニペグ。そしてGo! Jets Go!の大歓声。いいっすね!

その後も不定期的にゴージェッツゴー!のコール起こってました。そしてそのまま試合は2-1で終了。残り2分間のちゃぐまの怒濤の攻めを、体を張ってよくしのいだジェッツ選手たち。パヴェレツの集中力もすごかった。パヴェレツがセーブするたび、そして試合が終わった後、MTSセンターの興奮は最高潮に達しました。「このアリーナがこんなにうるさくなるのを初めて見た。すごかった」とリトルも感激。いいっすね!

パヴェレツは今季のタイ記録となる39セーブを記録しました。東カンファレンスの強豪で前年のカップ・チャンピオンをナイスな試合運びで破り、ウィニペグのお客さんは大喜び! NESNの名物実況担当ジャック・エドワーズは最後にこう締めくくってました:「They love hockey!」

ジェッツのメンバーにはタナー・グラスがいました。故郷サスカチュワンに近いジェッツと1年契約を結んでたのですね。




熊とも果敢に戦う漢グラスは、見た目もゴツいし、プレースタイルからただのタフガイっぽく見られるけど、実はアイビー・リーグの名門ダートマス・カレッジ卒のインテリNHLer。4年生のときにはキャプテンも務めました。小さい頃から運動神経抜群で、ホッケーの他にも野球や短距離走で結果を残しているマルチな人なんですね。新生ジェッツのためにがんばってほしいです。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。