さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダグ・ウェイト、トレードでハリケーンズへ
2006年01月31日 (火) 23:42 | 編集


ノースキャロライナ州ローリー(AP)-- キャロライナ・ハリケーンズは30日、センターのダグ・ウェイト(35)をセントルイス・ブルーズから獲得した。ウェイトは2月2日からハリケーンズに合流する。

「リーグ優勝するチャンスについて我々がどれだけ真剣に考えているか、このトレードが表明している」。ハリケーンズの社長とジェネラル・マネジャー(GM)であるジミー・ラザフォードは語った。

ウェイトは今季、47試合に出場して11ゴール33アシスト。来月行われるトリノ五輪では、ハリケーンズ監督のピーター・ラヴィオレットが率いるアメリカ代表チームの一員として戦う。

ウェイトはトレード締切日前に獲得したい選手として、複数の上位チームに狙われていた。ブルーズと交わした5年契約は今季で切れ、年俸は570万ドル。そのうち210万ドルをハリケーンズが支払うことになるという。

ハリケーンズはウェイトに加えて、現在フィンランドのリーグでプレイしているエルッキ・ラヤマキの権利も受け取る。見返りとしてブルーズには右ウィンガーのジェシー・ブルリス、センターのマイク・ジゴマニス、未契約のプロスペクトであるマグヌス・カーンベリ、そして今年のNHLエントリー・ドラフトでの1巡目指名を含む3つのドラフト指名権が送られる。

ブルーズとの契約の中にあった「ノートレード条項」を破棄したウェイトは、トリノ五輪後にトレードされるのではないかと考えていたという。

「自分をものすごく欲しがってくれるどこかに行けるなんて、幸せだ」とウェイトは語った。

GMラザフォードは「ラヴィオレットが築きつつあるチームに、ダグは完璧にフィットする。どんな状況、どのラインにもフィットするよ」と期待している。

また、ブルーズはウィンガーのマイク・シリンジャーをナッシュビル・プレデターズにトレードした。


::: ブルーズが給料の高いダグを出したがっているのは噂で聞いてはいたが、行き先はケーンズではなく、かつて彼がキャプテンを務めたエドモントン・オイラーズなのではなかったか!? んもー、期待してたのにっ。しかしケーンズますます強くなりそう、どうやらGMジミー&ケーンズは、本気なようです。
ダグはハッピーでしょうね、もうプレイオフ行きが絶望になったリーグ最下位のブルーズから、いきなりリーグ首位のチームへ移籍だもん。どん底からトレードによる一発逆転でトップへ、ダグの人生すごろくは、「スタンリー・カップ優勝」で上がりとなるか!? もしそうなったら、ダグは自分をトレードに出してくれたブルーズGMラリー・プローに足を向けて寝られませんね。元オイラーズのNHLerはチームを移っても応援してしまいます。ダグ、がんばれ。
スポンサーサイト
マイティダックス、来季からのチーム名は「アナハイム・ダックス」に
2006年01月30日 (月) 00:24 | 編集
カリフォルニア州アナハイム(AP)-- マイティダックス・オブ・アナハイムは27日、チーム名を正式に変更し、来シーズンから「アナハイム・ダックス」とすると発表した。ロゴとユニフォームを変える可能性も現在探っているという。

「変更のプロセスはまだまだ進行中。今季が終わるまでこれ以上の発表をする準備はできないと思う」とマイティダックスのオーナー、ヘンリー・サムエリは語っている。

サムエリと妻のスーザンがウォルト・ディズニー社からマイティダックスを買収したのが昨年。夫妻は当時、チーム名を含むいくつかの変更を施す可能性があると言っていた。シーズン・チケット保有者のアドバイスが、チーム名変更への決断に関与したという。

「西カンファレンス・チャンピオンになり、スタンリー・カップ決勝に進んだマイティダックスは、すばらしいチーム。アナハイム地域の非常に重要な部分をなすチームのそういった遺産を『アナハイム・ダックス』という名称の選択において尊重していく」(サムエリ)

2003年のプレイオフで、ダックスはスタンリー・カップ・プレイオフ決勝へと進んだが、最終戦の第7試合でニュージャージー・デビルズに敗れた。

ダックスが誕生したのは1993年。NHLの拡張政策の一環としてだった。設立当時のオーナー会社、ウォルト・ディズニー社の最高経営責任者だったマイケル・アイズナーが、その前年に公開された同社の映画「飛べないアヒル」に登場するチームと同じ「マイティダックス」と名づけた。

ダックスの右ウィンガー、テーム・セラニは、チーム名が完全に変わらなかったことを喜んでいる。「『ダックス』はそのままで、嬉しいね。オリジナルの名前だからね。いいんじゃないかな。新しいオーナーが来て、新しいアイデンティティが欲しいんだろうね」


::: マイティダックスがただの「ダックス」になっちゃうんですかー、「飛べないアヒル」のオリジナル・メンバーだったジョシュア・ジャクソンはどう思っているのだろう。そしてコーチ・ボンベイは?
そういえばディズニーが持っていたMLBのアナハイム・エンジェルズは売却により「ロサンゼルス・エンジェルズ・オブ・アナハイム」という、「本拠地はどこ?」なゴーインな名称になってしまいました。それに比べるとダックスの新名称はマシかもね。
マイティダックスは、その2年前にやはりエクスパンションで設立されたシャークスと共に、「中間色を使ったホッケー・ジャージ」という新しいトレンドをNHLに持ち込んだチームであります。シャークスのティールとダックスの紫(えび茶?)&青緑のチーム・カラーは、それまで原色が中心だったNHLチームのジャージ群においてとても斬新で、特にシャークスはロゴもインパクトが強くてジャージなどグッズが売れに売れた、という話でした。チーム名変更でダックスのジャージのデザインも変わってしまう可能性が高いということで、チーム・カラーも別のものになるんでしょうか。そしてロゴが変わったら、あのアグレッシブなマスコットのワイルドウィングくんもお役御免? うっそー。
オイラーズがトレードでディフェンスマン2人を獲得
2006年01月29日 (日) 15:44 | 編集


EdmontonOilers.com-- エドモントン・オイラーズは26日、ディフェンスマンのディック・ターンストロム(31)をピッツバーグ・ペンギンズからトレードで獲得した。見返りはウィンガーのヤニ・リタ(24)とディフェンスマンのコウリー・クロス(35)。

ターンストロムはスウェーデン出身。NHL4シーズン目の今季は33試合に出場して5ゴール5アシストを記録している。ゴールのうち4得点はパワープレイでのもの。

2003-04年のシーズンはペンギンズ史上初めて、最多ポイントをマークしたディフェンスマンとなった(16ゴール36アシスト)。うち12ゴール26ポイントはパワープレイで挙げており、この数字はNHL全ディフェンスマンでトップだった。

NHLデビューは遅く、2001-02年にニューヨーク・アイランダーズでキャリアをスタート。このシーズン後にウェイバー(選手の権利放棄)にかけられ、ペンギンズに移籍した。

またオイラーズは同日、シカゴ・ブラックホークスからディフェンスマンのヤロスラフ・シュパチェック(31)をトレードで獲得。見返りとしてフォワードのトニー・サルメライネン(24)の権利がブラックホークスに渡った。

チェコ出身のシュパチェックは今季、ブラックホークスで45試合に出場して7ゴール17アシストを記録、ポイント数でチーム4位につけていた。

チェコ代表として長野五輪で金メダルを獲得後の1998年、フロリダ・パンサーズでNHLデビュー。以来コロンバス・ブルージャケッツとブラックホークスでプレイし、通算記録は349試合で46ゴール140アシスト。


::: そこそこ勝ってはいるんだけれどいまいち波に乗り切れず、西カンファレンスの7~8位をウロウロしているオイラーズが動きました。プロンガーは来たがまだまだ弱いディフェンスを、ターンストロムとシュパチェックという三十路ヨーロピア~ン・コンビで補強だあ! 後はゴーリー問題だけだ!っていうかこっちのほうこそ一刻も早く解決すべきなんじゃあ・・・。
ターンストロムとシュパチェックの電話インタビューがオイラーズ公式サイトにありました。ターンストロムは落ち着いた感じでしたがシュパチェックはもともとのお茶目な性格もあるのか弾けていて、テンション高い感じ。ターンストロムはトレード前日にスクラッチになっていたので、「自分は動くんだろうな」とある程度予測していたというし、シュパチェックもこのシーズン後に制限なしFAになるのでトレードもありかなあと考えていたそうです。シュパチェックは「いや~ホラ、シカゴはもうプレイオフはダメっぽいし・・・、オイラーズのような『プレイオフ・チーム』に行けて嬉しい」って言ってましたが、プレイオフに進むためにはアンタにがんばってもらわんと、シュパチェック! 頼むよヤルダ!
シュパチェックといえば長野五輪で金メダルを獲得した直後のメダル授与式で、カメラに向かってニコニコと嬉しそうに手を振った姿がすごく印象的。また彼はファンを大切にする人のようで、新人だったパンサーズ時代にある日本のファンがファンレターを送ったら律儀に返事をくれたそうです。そしてその返事にまた手紙を返したら、またシュパチェックが返事を送り・・・と、なんだかしばらく文通みたいな感じになったんだとか。そんな筆まめナイスガイがオイラーズに来てくれて嬉しいぞ。しかしその代わり、スオミの美青年ヤニ・リタくんがぺんぎんへ行ってしまった。オイラーズがドラフト1巡目で指名したのに、期待に応える活躍らしい活躍もしないままエドモントンを去るとは残念。ぺんぎんでがんばってほしい。クロスは、基本的に守れないし遅いし無駄なペナルティも多いし、あまり好きな選手じゃなかったので、いなくなってくれてかなり嬉しいかも。アルバータ大学出身の地元っ子なので、がんばってほしかったんですけどね。しかしクロスってもう35歳過ぎてたんだ、ビックリ。
さようならマリオ・・・ ペンギンズのルミューが現役引退を発表
2006年01月25日 (水) 22:06 | 編集
 @AP

ピッツバーグ(CP)-- ピッツバーグ・ペンギンズのオーナーの一人で、チームのキャプテンも兼ねるスター選手のマリオ・ルミュー(40)が24日、自身2度目、そして最後となる現役からの引退を発表した。

記者会見でルミューは、もう選手としてのキャリアを再開することはないと語った。6週間前、ルミューは不整脈と診断されて入院した。

「どんなスポーツ選手にとっても、非常に難しい決断だ」。健康上の問題を理由に1997年にいちど引退し、3年前に現役にカムバックしたルミューは言った。「そのときが来たと感じた。引退することが、私自身、私の家族、そしてピッツバーグ・ペンギンズのためになる」

健康、家族、そして優れたレベルのホッケーが不可能なこと。これらがルミューが挙げた引退の理由だ。

16シーズン以上にわたる現役生活のなかで、背中と臀部の慢性的な怪我や、ホジキン病すら克服してきた。しかし最近の健康問題により、100%ではないと感じていた。

「昔ならいつもできていたようなレベルではもうプレイできない。この1年、そのことが自分にとっては非常に腹立たしかった」。

アイスホッケーの歴史のなかで、ルミューは最も才能に恵まれた選手の一人である。そのルミューがここ1ヶ月以上、投薬による治癒が可能な心房細動(不整脈の一種)のため試合には出ていなかった。

2週間前、ルミューはチーム練習に参加した。スケート靴を履いたのは、12月16日以来初めてのことだった。しかしいつラインナップに復帰するか、予定を言うことはできなかった。

今シーズンは26試合に出場して22ポイント。しかしプラスマイナスはマイナス16と「らしくない」数字を残した。

「新しいNHLは若い選手たちのためのものだ」。ルミューは言う。「リーグを支配する若い選手たちがいる。ここピッツバーグにも何人かね。そういう選手たちがNHLの未来だ。彼らのプレイを見るのを楽しみにしているよ」

1965年、モントリオール生まれ。2、3歳の頃にはもうスケートで滑り始め、6歳でホッケー初試合を経験した。1984年のNHLエントリー・ドラフトでペンギンズから全体第1位で指名を受けてNHL入りし、1991年と翌92年にはペンギンズをスタンリー・カップ優勝へと導く。1997年に31歳で引退した際には、異例の措置で半年後にホッケー殿堂入りが認められた。

通算で915試合に出場し、690ゴール1033アシスト。計1723ポイントはNHL歴代7位の記録である。NHLのポイント王に6回、リーグMVPには3回輝き、プレイオフMVPのコンスマイス・トロフィも2個獲得している。

「やろうと思っていたことは、ほとんどすべてやった。スタンリー・カップも2回取ったし、安心してホッケーから離れることができるよ」

2002年のソルトレイク五輪ではキャプテンとしてカナダ代表チームを金メダルへ導き、2004年のワールドカップでも優勝を経験したルミュー。しかし来月行われるトリノ五輪では、健康上の理由からカナダ代表入りを辞退していた。

ペンギンズの選手で今季引退するのは、ルミューが2人目。1人目のパルフィーは先週、長引く肩の故障のため引退した。

ルミューはこれでペンギンズの売却に専念することができる。フランチャイズの売却話は現在のところ、予備の段階にある。

ルミューはペンギンズCEOの座を下りることを考えているという。しかし経営委員会の議長としてのポストにはとどまることになる。

リーグ関係者の談話

エリック・リンドロス(トロント・メイプルリーフス)
「マリオはあらゆることを成し遂げた。ピッツバーグ・ペンギンズだけのためでなく、ここカナダのためにも」

ゲイリー・ベットマン(NHL総裁)
「マリオのたぐい稀なるプレイは賞賛され、逆境に立ち向かう力は尊敬を集め、ペンギンズとピッツバーグへの献身的な姿勢は感嘆の対象だった。NHLと国際試合、両方のレベルにおいてホッケーに捧げたことは、ホッケーに関係するすべての人間にいつまでも感謝されるものだ。マリオの選手としてのキャリアを祝福し、今後の幸せを祈りたい」

ウェイン・グレツキー(フェニックス・コヨーテズ監督)
「NHLだけでなく、ピッツバーグ市とペンギンズにとってマリオの存在は非常に大きい。我々にとって朗報なのは、シドニー・クロズビー(ペンギンズ)やアレクサンダー・オベチキン(ワシントン・キャピタルズ)のような若くてすばらしい選手がいることだ。彼らがNHLの伝統の灯を絶やさずに後世に伝えていってくれることだろう」

ブライアン・トロッティエ(ルミューのペンギンズ時代の同僚)
「マリオがずっと健康だったら、何ポイント記録していたかって? 今よりプラス400かもしれないし、プラス500、600・・・、わからないよ。ウェイン・グレツキーやゴーディ・ハウ、マーク・メシエ、ボビー・オー、ジルベール・ペロー・・・、彼らをけなすわけじゃないが、マリオは他の誰もできないことをやったんだ」

動画リンク:マリオ・ルミュー、NHLキャリア初ゴール


::: NHLのスーパースター、マリオ・ルミューについては書きたいこといっぱいあります。私はマリオの大ファンというわけではないのですが、これほどドラマチックなNHLer人生を送ってきた人も珍しいので、エピソードもたくさんありますが、あえて一つだけ書くとすれば、やっぱり「至宝」とまで呼ばれたグレツキーとの比較の話でしょうか。
40歳近くまでほとんど大きなケガもなく過ごし、NHLの個人記録をたくさん持っているグレツキー。その少し後輩で、ケガに泣かされ悪性リンパ腫の病気まで患って31歳でいったん引退したマリオ。個人タイトルや記録の数なら圧倒的にグレツキーの勝ちだが、ホッケー選手としての資質や能力を比べたとき、はたしてどちらが上なのか?という問題は、ホッケー・ファンの間で格好の議論のタネとなってきました。
私は1996年から2000年まで、アメリカのノースダコタ州にいました。同じ寮に住んでいたカナダ人やアメリカ人のホッケー・ナッツに「グレツキーとマリオ、どっちが偉大ですごいと思う?」と訊くと、ほとんどの人が「そりゃあマリオだよ」と答えたものです。
「グレツキーは確かにすごいし、すばらしい選手。でもラッキーだったという点は否定できない。いいチームメイトに恵まれ、時代も味方した。でもマリオは弱かったペンギンズで一人でずっと頑張ってきて、カップを2回も取った。マリオにはメシエもコフィもヤリ・クリもいなかったというのに。グレツキーはオイラーズを離れてから一度もカップを取れていないよ」
大同小異、異口同音。みんながこんな論調でした。私は全盛期のマリオを知らないので、ほおー、そうなのかーと頷いて聞くだけでしたが、「病気を克服してNHLに戻ってきた」「いったん引退したのに戻ってきた」「破産した貧乏ペンギンズを救うために立ち上がった」「1試合で5種類のゴールを記録した」「英語がうまい」、これらのエピソードの分だけ、グレツキーよりマリオのほうをより尊敬します。
この冬、モントリオールでペンギンズの試合を見ましたが、マリオは不整脈のため欠場。クロズビーとの新旧天才コンビを見たかったのに~。動くマリオをアリーナで見ないうちにマリオは引退してしまって、ほんとうに残念です。しかし2000年にマリオがペンギンズのオーナーとして日本開幕戦のため来日したとき、ペンギンズのジャージにしっかりサインはもらった私だったのでした。マリオはグレーのスウェットスーツという非常にラフないでたちで宿泊先の赤坂プリンスホテルのロビーに現れ、仏頂面をしながらも、群がるファン全員にサインをプレゼントし、どこへともなく去っていきました。
まりお様、サイン入りジャージ、大切にします。ほんとうにお疲れさまでした、4人の子どもさんと美人の奥様と、豪邸でゆっくり休んでくださいね。下宿人のクロズビーには「ちょっとシドニー、肩もんで」なんてときどき命令してもいいと思います。そしてペンギンズのピッツバーグからの移転はなんとしてでも阻止してください。ピッツバーグってほんっとうにいい街ですもん、ペンギンズは未来永劫、ピッツバーグでがんばってほしいのです。よろしくお願いします。
トリノ五輪アイスホッケー会場:エスポジツィオーニとパラスポルト・オリンピコ
2006年01月22日 (日) 14:28 | 編集
トリノ・オリンピックでアイスホッケーの会場に使われる施設は二つ。「Esposizioni(エスポジツィオーニ)」と「Palasport Olimpico(パラスポルト・オリンピコ」です。


エスポジツィオーニ

 @トリノ五輪公式サイト

エスポジツィオーニは1961年のイタリア統一百周年記念博覧会のパビリオンの一つに作られた仮設のホッケー・リンク。ホッケーの予選ラウンドと決勝トーナメントの準々決勝の試合で使用されます。キャパシティは4320人。オリンピック後は従来どおりの見本市などに使われる会場に戻るそうです。


パラスポルト・オリンピコ

 @トリノ五輪公式サイト

開会式と閉会式が行われるスタディオ・オリンピコに隣接するパラスポルト・オリンピコ。予選ラウンドと決勝トーナメントの試合が行われ、準決勝以降の試合はすべてパラスポルトが会場となります。キャパシティは8500人。

五輪後、パラスポルトはアイスリンクや室内スポーツ、コンサートや会議も行える多目的施設として使われます。古びた施設のパラスポルトへのリニューアルとまわりの地域の整備は国際コンペにかけられ、勝ったのは日本人建築家の磯崎新が率いるグループ。日本人がリニューアルを担当したリンクで行われる試合を、世界中のホッケー・ファンが見つめることになるわけです。トリノがますます楽しみになってきました。
ペトル・ネドヴェド:妻は最強東欧美人モデル
2006年01月22日 (日) 13:17 | 編集
フィリーにトレードになったペトル・ネドヴェドといえば・・・




このとおりのけっこうイケメン。イケメンが美人とくっつくのは世の常、ネドヴェドの妻はアメリカで活躍するチェコ出身のモデル、ヴェロニカ・ヴァジェコヴァー。




ヴェロニカさんです。いやー、美しいですね。東欧の金髪美女とラテンのブルネット美女はどちらも同じくらい世界最強だと思う私であります。

ヴェロニカさんは「Sports Illustrated」誌名物の水着特集の表紙も飾ってまして、同誌が毎年出している水着カレンダーにも登場してます。それらの画像は、SI.comの「水着特集」で見ることができます。セクシーすぎて鼻血出そうです。

で、ネドヴェド&ヴェロニカ・・・




夫婦でこんないちゃいちゃグラビア写真に出ている。美男美女でけっこうだが、ナニやってるんだか、ネドヴェド。それにしてもネドヴェドの腕、太いな~。

ヴェロニカさんは自身のモデルとしてのキャリアを追求するため、夫の移籍先であるエドモントンにもフェニックスにも随行せず、この二人は結婚以来ずっと別居生活。フィラデルフィアではどうなんでしょうか。
コヨーテズがペトル・ネドヴェドをフライヤーズにトレード
2006年01月22日 (日) 12:55 | 編集
アリゾナ州グレンデール(AP)-- フェニックス・コヨーテズは20日、センターのペトル・ネドヴェド(34)をフィラデルフィア・フライヤーズにトレードした。見返りはディフェンスマンのデニス・ザイデンベルク。両チームは同時に今年のエントリー・ドラフトでの指名権も交換した。

チェコ出身のネドヴェドは今シーズン、25試合に出場して2ゴール9アシストを記録。「フィラデルフィアに来られてとても嬉しい。東カンファレンス最高のチームの一つだし、フライヤーズでプレイすることにとてもわくわくしている」とネドヴェドは語った。

フェニックスに送られるザイデンベルクはドイツ出身。NHLデビュー以来3シーズンをずっとフライヤーズで過ごしており、通算成績は2ゴール5アシスト。


::: ネドヴェド兄さん、オレンジ・クラッシュの仲間入りですか。1990年にカナックスでNHLデビューして、フィリーが7チーム目。オイラーズにもちょこっと在籍していました。NYRじゃラデック・ドヴォジャーク&ヤーン・フラヴァーチと「Czech-Mate」ラインを結成、活躍していましたっけ。ドヴォジャークはオイラーズにいるけれど、フラヴァーチはいまどこに?
兄さんといえばペンギンズにいたときの1996年のプレイオフ。キャピタルズと当たった試合は第4オーバータイムまでもつれ込みました。OT終了40秒前、兄さんがフェイスオフスポットからするるると氷を這わせて打ったパックが決勝点となり、ペンギンズの勝利。その試合、ぜひライブで見ていたかったと思ったものです。
トリノ五輪男子アイスホッケーの競技スケジュール
2006年01月21日 (土) 14:18 | 編集
トリノ・オリンピック男子アイスホッケー競技は2月15日(水)からスタートします。NHLの試合は2月12日を最後にいったん中断、五輪終了後の2月28日から再開です。
(参考:国際アイスホッケー連盟サイト

アイスホッケー予選ラウンドは出場12か国を世界ランキングに基づいたシード順にAとBの2つのグループに分けて総当たり戦で行い、各グループ上位4チームがトーナメント制の決勝ラウンドに進みます。

グループ分け(カッコ内はシード順):

A:カナダ(1)、チェコ(4)、フィンランド(5)、ドイツ(8)、スイス(9)、イタリア(12)

B:スウェーデン(2)、スロバキア(3)、アメリカ(6)、ロシア(7)、ラトビア(10)、カザフスタン(11)

予選ラウンド日程(時間は日本時間):

2月15日(水)
19:30 カザフスタン×スウェーデン
21:00 イタリア×カナダ
23:30 スイス×フィンランド

2月16日(木)
1:00 ドイツ×チェコ
4:00 ロシア×スロバキア
5:00 ラトビア×アメリカ
20:00 フィンランド×イタリア
21:00 チェコ×スイス

2月17日(金)
0:00 スウェーデン×ロシア
1:00 スロバキア×ラトビア
4:00 カナダ×ドイツ
5:00 アメリカ×カザフスタン

2月18日(土)
19:30 カザフスタン×ロシア
21:00 イタリア×ドイツ
23:30 カナダ×スイス

2月19日(日)
1:00 スウェーデン×ラトビア
4:00 スロバキア×アメリカ
5:00 チェコ×フィンランド
20:00 ドイツ×スイス
21:00 ロシア×ラトビア

2月20日(月)
0:00 スロバキア×カザフスタン
1:00 アメリカ×スウェーデン
4:00 チェコ×イタリア
5:00 フィンランド×カナダ

2月21日(火)
19:30 ラトビア×カザフスタン
20:30 スイス×イタリア
23:30 フィンランド×ドイツ

2月22日(水)
0:30 カナダ×チェコ
4:00 スウェーデン×スロバキア
4:30 アメリカ×ロシア

決勝ラウンド日程(時間は日本時間):

2月23日(木)
0:30 準々決勝#1
1:30 準々決勝#2
4:30 準々決勝#3
5:30 準々決勝#4

*準々決勝の組み合わせ
グループA1位×グループB4位
グループA2位×グループB3位
グループB2位×グループA3位
グループB1位×グループA4位

2月25日(土)
0:30 準決勝#1
5:00 準決勝#2

*準決勝の組み合わせ
GA1位対GB4位の勝者×GB2位対GA3位の勝者
GB1位対GA4位の勝者×GA2位対GB3位の勝者

2月26日(日)
4:00 3位決定戦
22:00 決勝戦

注目の決勝戦は日本時間で日曜日の午後10時フェイスオフ。仕事を休まなくてもライブで見られるので嬉しい~(でも翌日の月曜日は休んじゃおっと)。北米では同じ日曜日の午前6時(東部)~午前9時フェイスオフですね。モントリオールやトロントのホッケー・ナッツは早起きしないとダメです。金メダルに輝くチームはどこなんでしょう。楽しみ!

なお、 トリノ五輪の全競技スケジュールはこちらのサイトがわかりやすいです。頼みの綱のNHKの放送予定スケジュールはこちら(PDFファイル)


@AP
トリノ五輪の金メダル。真ん中の空洞はイタリア人にとって
大切な場所である「piazza=広場」を表現しているのだそうです。
さようならジギー:画像いろいろ
2006年01月19日 (木) 23:20 | 編集
引退してしまったジギー・パルフィーは、スロバキア出身。スロバキア代表として国際試合でも活躍しました。




スロバキア人には、スロバック代表ジャージがよく似合う。スロバキアの国章の「キ」の文字に見える部分は神・精霊・聖ベネディクトの三位一体を表し、その下の青い雲のような模様はスロバキア人の心のふるさとだというタトラ山地を表しているのだそうです。




この画像、好きです。もの静かで控えめな性格だというジギーも、クリームパイぶつけられて大笑い。

ジギーの人となりを理解するには、ESPNマガジンが書いたこの記事がおすすめ。おもしろいエピソードいっぱいあるんだよね、例えば:

・ジギーは黒いプードルを飼っている
・アイランダーズでプレイしていたとき、ジギーはテニスコート付きの約2億円の豪邸に住んでいた。LAに移籍後もその家をキープ
・ホッケーの次にジギーが好きなのはテニス。ラスベガスで行われたキングズのプリシーズンマッチの後にロッカールームでピート・サンプラスと会い、ジギーはサンプラスと熱烈な握手をした後、数分話をした。その間ずっと、ジギーは裸だった
・1991年にアメリカに来たとき、英語をまったく話せなかった。「電子レンジ」と人々が呼ぶ物をどうやって使うかも知らなかった

などなど。




ジギーの妻ゾラ。ゾラはフィットネスのモデルで、かつてはプロのエアロビックス選手として真剣に競技に取り組んでいたそうです。二人は故郷スロバキアにフィットネス・クラブを設立、そのクラブの名前は「Zora Centrum」(ゾラ・センター)というんだそうな。

二人はかなり長い付き合いのはず。永すぎた春にならなくてよかったね。




ゾラの画像、もう1枚。右の金髪の女性は、ジギーのLA時代の同僚、ショーン・オドネルの妻アリソン・ダンバーです。

ESPNマガジンによれば、「引退後はスロバキアに帰るのか?」と訊かれて、ジギーはこう答えました。「もちろん。引退の翌日に帰るよ」
ペンギンズのジギー・パルフィーが引退を発表
2006年01月19日 (木) 22:40 | 編集


ピッツバーグ(CP)-- ピッツバーグ・ペンギンズのフォワード、ジグムンド・パルフィー(33)が18日、現役からの引退を発表した。引退は「個人的な理由」によるものとパルフィーは語ったが、長引く肩の痛みが理由ではないかと見られている。

「ペンギンズの経営陣からは引退にまつわるすべてのことで合意を得た」。故郷スロバキアの新聞に、パルフィーは語ったという。

一方、ペンギンズのジェネラル・マネジャー(GM)、クレイグ・パトリックは、パルフィーからの引退の申し出は予期しなかったことで、驚いたと語る。パルフィーが引退の意思をパトリックに伝えたのが17日の朝。パトリックはパルフィーが考え直すことを望んでいたので、18日まで引退については発表しないことで二人は合意したという。

「驚いたよ」とパトリック。「ジギーが部屋に入ってきて、ドアを閉めた。ひとたび話し始めたら、引退に気持ちが向かっているってことは明らかだった」

ペンギンズ監督のミシェル・テリエンも引退を思いとどまらせようとした。「難しい決断だ。でも我々は、ジギーの決断に敬意を払わなければ。ジギーは自分でこうしたいと望むようなプレイをしていなかった。それにもう若い頃へは戻れないんだしね」

パルフィーが初めて右肩に怪我をしたのは2004年の1月。ロサンゼルス・キングズでプレイしていたときだった。2度の手術を受けたが、痛みは続いたという。「医者と話をしたけど、3度目の手術はすすめないと言われたよ」。パルフィーは新聞にそう語っている。

肩に爆弾を抱えながらも、パルフィーはペンギンズの一員として今季、42試合に出場し11ゴール31アシストを記録。しかし昨年の12月16日以来ゴールがなかった。

ペンギンズは昨年夏、パルフィーと3年1350万ドルの契約を結んだ。

パルフィーは1991年のNHLエントリー・ドラフトでニューヨーク・アイランダーズから2巡目指名(全体26位)を受け、1993年にNHLデビュー。同チームでは1シーズン40ゴール以上を3度達成、1996-97年のシーズンには自己最多の48ゴール42アシストを記録した。NHLでは684試合に出場し、329ゴール384アシスト(713ポイント)の通算成績を残している。


ピッツバーグ(AP)-- ピッツバーグ・ペンギンズの右ウィンガー、ジギー・パルフィーが「個人的な理由」による引退を表明してから、その「個人的な理由」とは何だったのかという噂が広まり始めるのに長くはかからなかった。

トロントを拠点とするスポーツ・チャンネルのTSNがつかんだ情報によると、18日のチーム練習後、パルフィーとペンギンズの新監督ミシェル・テリエンが言い争いになったという。1月10日の対エドモントン・オイラーズ戦に敗れた後、テリエンがチームのがんばりなどについて語ったことに端を発するものらしい。

消息筋によれば、練習の後にパルフィーがテリエンに詰め寄った。互いに押し合い、テリエンがパルフィーの頬を打つところにまで言い争いはエスカレートした。両者が数発殴り合ってすぐ、つかみ合いは引き離された。


::: シーズン半ばの突然の引退劇、ほんとビックリしました。ジギーはまだ若いし、新天地ピッツバーグでバリバリ活躍してくれると思っていただけに、残念です。スロバキアの誇るスナイパーが一人いなくなってしまう~。
で、引退の理由なんですが、「個人的な理由」とのことで、すわ妻ゾラがらみののっぴきならない事態が・・・!?、なんて下世話な想像をしてしまったのですが、どうやらエディ・オルチック解雇後にやってきた新監督ミシェル・テリエンとウマが合わない・・・ってことなのでしょうか。しかしテリエンがぶひぶひ言うのがムカつくとかいう程度のことで1年400万ドル以上ももらえる年俸を諦めるのはちょっと考えられないし、やっぱり肩が相当痛かったのかなと思います。本人もつらいでしょう。ジギー、お疲れさま。今後のジギーの人生が、すばらしいものになりますように。
トリノ五輪代表チームのロスター:ドイツ、イタリア他
2006年01月18日 (水) 22:03 | 編集
このブログではこれまでシード上位7カ国の代表ロスターを紹介してきました。残りの5カ国については、出場予定の現役NHLerと元NHLerのみ列挙します。(参考:国際アイスホッケー連盟サイト

カッコ内はポジション、現在の年齢、そして所属チーム。今回初めて代表に選ばれた選手には「初」をつけてあります。

ドイツ
オラフ・コルズィグ(ケルツィッヒ)(G・35・ワシントン)
クリスチャン・エールホフ(D・23・サンノゼ)
クリストフ・シューベルト(D・23・オタワ)
デニス・ザイデンベルク(D・24・フィラデルフィア)
ヨッヘン・ヘヒト(C・28・バッファロー)*怪我のため欠場
マルコ・シュトゥルム(C・27・ボストン)*怪我のため欠場
マルツェル・ゴッツ(C・22・サンノゼ)初

カザフスタン
ヴィタリー・コレスニク(G・26・コロラド)初
ニコライ・アントロポフ(C・25・トロント)初

ラトビア
アルトゥシュ・イルベ(G・39・ザルツブルク・レッドブルズ)
サンディス・オゾリンチ(D・33・アナハイム)
カーリス・スクラスティンス(D・31・コロラド)

スイス
ダヴィッド・エービッシャー(G・27・コロラド)
マルティン・ガーバー(G・31・キャロライナ)
マルク・シュトライト(D・28・モントリオール)主将

イタリア
NHLerなし


::: こうして見ると、ドイツってけっこう現役NHLerいるんですね。やっぱりゲルマン魂はあなどれない。
エフゲニー・ナボコフはなんで生まれ故郷のカザフスタンのためにプレイしないんだろう。そして物質乱用(大酒飲み)矯正のための施設に自ら入ったオゾりんは、オリンピックに出場するんでしょうか? あのえんじ色のジャージを着たオゾりんを、トリノでもぜひ見たいんですが。
開催国枠で出場のイタリアは、IIHFランキング19位。1998年の長野五輪のため日本は、カナダ出身の日系選手を帰化させて代表に加えましたが、イタリアもそういう作戦を取っているの? しかし南アフリカ共和国生まれでカナダ育ち、ドイツ国籍は持っているけどドイツ語は全然喋れないというオリー・ザ・ゴーリーがドイツ代表として出るのなら、イタリア系のNHLerは、この大会限定でイタリア代表としてオリンピックに出たらいいのに。聞けば野球のワールドベースボールクラシックでは、ニューヨーク・メッツにいたスター捕手のマイク・ピアッザがイタリアのユニフォームを着る予定というじゃありませんか。チームUSAの選に漏れたトニー・アモンテ、そしてチーム・カナダにふられたマイケル・ペカやマーク・レッキ、補欠に回ったジェイソン・スペッツァ。フェルナンド・ピサーニもリコ・ファタも、ぴちぴちジェフ・タンベリーニももう引退したかもだけどクリス・テレリも、みんなドサクサにまぎれてイタリアのジャージ着てオリンピックに出ちゃえ~。
トリノ五輪ロシア代表チームのロスター発表
2006年01月17日 (火) 21:33 | 編集
トリノ五輪ロシア代表の選手名簿が12月23日、発表されました。(参考:国際アイスホッケー連盟サイト

カッコ内は現在の年齢と所属チームです。銅メダルを獲得したソルトレイクシティ五輪の代表チームにいた人は11名で、銀メダルの長野五輪からは5人が残留。初めて五輪代表チームに選ばれた人は11名です。

ゴーリー
20 エフゲニー・ナボコフ(30・サンノゼ)初
30 イリヤ・ブリズガロフ(25・アナハイム)
39 マクシム・ソコロフ(33・SKAサンクトペテルブルク) *ニコライ・ハビブリン(シカゴ)の怪我による代替出場

ディフェンス
4 セルゲイ・ジュコフ(30・ヤロスラヴルロコモーティヴ) *ドミトリ・ビコフ(ディナモ・モスクワ)、デニス・クリャーシュ(ナッシュビル)の怪我による代替出場
5 ヴィタリー・ヴィシュネフスキー(25・アナハイム) *アレクセイ・ジートニック(NYアイランダーズ)の怪我による代替出場
6 アントン・ヴォルチェンコフ(23・オタワ)初
11 ダリウス・カスパライティス(33・NYレンジャーズ)
29 ダニール・マルコフ(29・ナッシュビル)
51 フェドール・テューティン(22・NYレンジャーズ)初
52 アンドレイ・マルコフ(27・モントリオール)初
55 セルゲイ・ゴンチャー(31・ピッツバーグ)

フォワード
8 アレクサンダー・オベチキン(20・ワシントン)初
13 パヴェル・ダツック(27・デトロイト)
18 エフゲニー・マルキン(19・メタルルグ・マグニトゴルスク)初
21 アレクサンダー・ハリトノフ(29・ディナモモスクワ)初
24 アレクサンダー・フロロフ(23・ロサンゼルス)初
25 ヴィクトール・コズロフ(30・ニュージャージー)初
27 アレクセイ・コヴァリョフ(32・モントリオール)主将
33 マクシム・スシンスキー(31・ディナモモスクワ)初
61 マクシム・アフィノゲノフ(26・バッファロー)
71 イリヤ・コヴァルチュック(22・アトランタ)
79 アレクセイ・ヤシン(32・NYアイランダーズ)
94 アレクサンダー・コロリュク(30・ヴィトヤズチェーホフ) *アレクセイ・ジャムノフ(ボストン)の怪我による代替出場


::: 平均年齢27.8歳、これまでにこのブログで紹介してきた主要7か国の中では、最も年齢のバランスがとれているチームだと思います。チーム・ロシアは他のチームとは違い、ディフェンス8人フォワード12人の布陣でオリンピックに臨みます。パッと見た感じ、すごーく速そう、そんな印象を受けました。
ついこの間、ジュニアの世界選手権で大会MVPに選ばれたばかりのエフゲニー・マルキンがオリンピック代表にもなるとは、彼ってやっぱり並みの選手じゃないんですね。マルキン(2004年ドラフト全体2位)にコヴァルチュック(2001年全体1位)、オベチキン(2004年全体1位)。ロシアが誇る若さと才能あふれるぴちぴちフォワード陣が、トリノでは思う存分暴れて、ホッケー・ファンを楽しませてほしいです。
ところでチーム最年長は35歳ジャムノフ。近年あまり調子がよくないんだけど、なんで選ばれているの? ジャムノフよりは、デビルズのセルゲイ・ブリリンとかのほうが、使い勝手もいいしよく働くし、チームのためになると思うんですが。
そしてはびぶー! EUN第三のゴーリーとして参加したアルベールビル五輪で優勝したものの、もらえるはずだった金メダルを当時の監督だったヴィクトール・チホノフに奪われ、当時19歳だったはびぶーはおおいに傷ついたらしく、「もう絶対代表のためになんかマスクはかぶらねえ!」と公言していたのです。しかしロシア・ホッケー界の重鎮スラヴァ・フェティソフに説得されてソルトレイクシティ五輪で代表に復帰したのでした。4年前は銅メダルだったけど、今度こそ2度目の金メダル目指してがんばっておくれ、はびぶー。
しかし「アレクセイ」と「アレクサンダー」ばっかりだな。「アリョーシャ!」「サーシャ!」と呼ぶ声がチーム内で飛び交いそうです。ロシア人の友人も言っていたけど、ロシア人のファースト・ネームって、種類が少ないですよね。
(2月9日)先発ゴーリーになると思われていたはびぶーが五輪直前に怪我をしてしまい、コルダーも取ったナボちんことナボコフが第1ゴーリーにステップアップです。しかしどのチームも怪我が多くて残念。
トリノ五輪フィンランド代表チームのロスター発表
2006年01月16日 (月) 23:25 | 編集
トリノ五輪フィンランド代表の選手名簿が12月22日、発表されました。(参考:国際アイスホッケー連盟サイト

カッコ内は現在の年齢と所属チーム。ソルトレイクシティ五輪から引き続き選ばれたのは10名で、銅メダルを獲得した長野五輪の代表だった人も8名います。五輪代表チームに初選出は11名。
(選手の名前表記については、こちらのサイトを参考にしました。)

ゴーリー
30 フレドリック・ノレナ(32・リンシェーピンHC)初
31 アンテロ・ニーッティマキ(25・フィラデルフィア)初 *ミーッカ・キップラソフ(カルガリ)の辞退による代替出場
33 ニクラス・バックストロム(28・カルパートオウル)初 *カリ・レヒトネン(アトランタ)の辞退による代替出場 

ディフェンス
3 ペッテリ・ヌンメリン(33・HCルガーノ) *オッシ・ヴァーナネン(コロラド)の怪我による代替出場
4 キンモ・ティモネン(30・ナッシュビル)
5 ラッセ・クッコネン(24・カルパートオウル)初 *サミ・サロ(バンクーバー)の怪我による離脱の代替出場
7 アキ=ペッテリ・ベリ(28・トロント)
27 テッポ・ヌンミネン(37・バッファロー)
32 トニ・リュドマン(28・バッファロー)初
77 アンッティ=ユッシ・ニエミ(29・ヴェステラフロールンダ)初 *ヨニ・ピトカネン(フィラデルフィア)の怪我による代替出場

フォワード
8 テーム・セラニ(35・アナハイム)
10 ヴィッレ・ニエミネン(28・NYレンジャーズ) *サミ・カパネン(フィラデルフィア)の辞退による代替出場
11 サク・コイブ(31・モントリオール)主将
12 オッリ・ヨキネン(27・フロリダ)
14 ニクラス・ハグマン(26・ダラス) *アンッティ・ミエッティネン(ダラス)の怪我による代替出場
16 ヴィッレ・ペルトネン(32・HCルガーノ)
21 ミッコ・コイブ(22・ミネソタ)初
24 アンッティ・ラークソネン(32・コロラド)初
25 ユッカ・ヘントゥネン(31・HCルガーノ)初
26 イェーレ・レーティネン(32・ダラス)
36 ユッシ・ヨキネン(22・ダラス)初 *トゥオモ・ルートゥ(シカゴ)の怪我による代替出場
37 ヤルッコ・ルートゥ(30・バンクーバー)
39 ニコ・カパネン(27・ダラス)初


::: 平均年齢28.6歳。
フィンランドは今ではNHLでケベック州に次ぐ「ゴーリー供給地域」となっていますが、そのスオミ・ゴーリー躍進の象徴的存在であるミーッカ・キップラソフ(今季のシャットアウト数6は現在1位)が「怪我」を理由に代表入りを辞退してしまい、スオミの長野五輪以来のメダル獲得に暗雲がたちこめてきました。怪我といってもキップラソフはNHLの試合には出続けており、「オリンピックで代表として戦うより2週間休養したいのか? 母国への忠誠心は?」とかなんとか、スーパー・キッパーの「選択」の真意を探る記事が、カナダの新聞には載ったりしていました。
しかし本人が「五輪? かったりー。休みてー」というのなら(あくまで想像)仕方がない。チーム・スオミはたぶん、カリ・レヒトネンを守りの主軸に据えて戦うのでしょう。レヒトネンの戦線復帰以来、スラッシャーズは調子が良くてカンファレンス7位まで順位を上げてきたし、守りがいいチームが有利な短期決戦のオリンピック、これは、もしかしたらもしかするかも!?
ところでスオミのロスターをしみじみ眺めると、フォワードだけでコイブ兄弟、カパネン兄弟、そして弟は怪我のため代表辞退となってしまったけれど当初はルートゥ兄弟もいて、なんと3組も兄弟選手が名を連ねていたのでした。こういう代表チームも珍しいんじゃないでしょうか。血族ならではのスペシャル・ケミストリーで、どうかトリノでも奮闘していただきたいものです、チーム・スオミ。あ、「こぶたちゃん」ことオッリ・ヨキネンとスターズのユッシ・ヨキネンは、何の関係もないそうです。
(2月9日追記)フィリーのサミ・カパネンが「五輪期間中は膝の怪我の治療に専念したい」という理由で出場を辞退、代わりにNYRのニエミネンが代表に参加することになりました。これでチーム・スオミの兄弟選手はコイブ兄弟だけになり、ちょっと寂しいかな。カリ・レヒトネンの代わりが誰になるかはまだ発表されていません。


フィリーのニーッティマキ。イケメンである。
五輪ではジャンボトロンばかり見ていちゃダメだよ!
トリノ五輪アイスホッケー男子の競技日程
2006年01月15日 (日) 23:24 | 編集
来月10日(金)から始まるトリノ冬季五輪。アイスホッケー競技は開会式翌日の11日からスタートします。

・・・と、朝日新聞の「トリノ五輪特集」には書かれていましたが、国際アイスホッケー連盟のサイトに載っていた男子アイスホッケーのスケジュールでは、「15日開始」となっていた。どちらが正しいの?

まあいい。とにかくIIHFのサイトによると、2月15日から予選ラウンドの総当たり戦5試合を行い、22日からは決勝ラウンドとして準々決勝4試合を一斉に行います。そして決勝は2月26日に行われます。

予選リーグは出場12か国をシード順にAとBの二つのグループに分けて行い、各グループ上位4チームが決勝ラウンドに進みます。そのグループ分けは(カッコ内はシード順):

A:カナダ(1)、チェコ(4)、フィンランド(5)、ドイツ(8)、スイス(9)、イタリア(12)

B:スウェーデン(2)、スロバキア(3)、アメリカ(6)、ロシア(7)、ラトビア(10)、カザフスタン(11)

シード順は2005年末時点でのIIHF世界ランキングに基づいて決められています。オリンピックや世界選手権での各国の成績をポイントにして計算、はじき出されたランキングということは理解しているのですが、グループAに比べてグループBは、かなりキビしい戦いになる顔ぶれのような・・・。サッカーのワールドカップ風に言えば、「死のグループB」か?(ちょっと大げさか?)

しかし勝負というのはやってみなければわからないものだし、前回ソルトレイクシティ五輪でベラルーシがラッキーな得点(と言っていいものかどうかわかりませんが)でスウェーデンに勝ったような番狂わせも、トリノで起こらないとも限りません。珍しいドーナツ形の金メダルを獲得するのはどのチームになるのか、楽しみですね。

ところで、トリノで使用されるパックの図柄が決まったそうです。



なかなかカッコいいね。1コ欲しい!
トリノ五輪チェコ代表チームのロスター発表
2006年01月15日 (日) 13:10 | 編集
トリノ五輪チェコ共和国代表の選手名簿が12月22日、発表されました。
(参考:国際アイスホッケー連盟サイト

カッコ内は現在の年齢と所属チーム。ソルトレイクシティ五輪から引き続き選ばれたのは11名で、決勝でロシアを下して金メダルを獲得した長野五輪の代表だった人も8名います。五輪代表チームに初選出は11名。

ゴーリー
29 トマーシュ・ヴォクーン(29・ナッシュビル)初
33 ミラン・フニリチカ(32・ビリティグリリベレツHC)
72 ドゥシャン・サルフィツキー(33・ツェスカモスクワ) *ドミニク・ハシェック(オタワ)の怪我による代替出場

ディフェンス
3 マレク・ジドリツキー(28・ナッシュビル)初
6 ヤロスラフ・シュパチェック(31・シカゴ)
8 マレク・マリック(30・NYレンジャーズ)初
12 フランティシェク・カベルレ(32・キャロライナ)初
13 パヴェル・クビナ(28・タンパベイ)
15 トマーシュ・カベルレ(27・トロント)
17 フィリップ・クバ(29・ミネソタ)初

フォワード
9 ダヴィッド・ヴィボルニー(30・コロンバス)初
16 ペトル・チャヤーネク(30・セントルイス)
20 ロベルト・ラング(35・デトロイト)主将
22 アレシュ・コータリック(27・バッファロー)初 *パトリック・エリアシュ(ニュージャージー)の怪我による代替出場
23 ミラン・ヘイドゥク(29・アバランチ)
26 マルティン・ルチンスキー(34・NYレンジャーズ)
28 マルティン・ストラカ(33・NYレンジャーズ)
38 ヤン・ブリス(27・モントリオール)初
40 ヴァーツラフ・プロスパル(30・タンパベイ)初
68 ヤロミール・ヤーガー(33・NYレンジャーズ)
83 アレシュ・ヘムスキー(23・エドモントン)初
85 ロスティスラフ・オレス(20・フロリダ)初
91 マルティン・エラット(24・ナッシュビル)初


::: 8年前の長野五輪、チーム・チェコは準々決勝でアメリカを、準決勝でカナダを、そして決勝でロシアを下して堂々の金メダルに輝きました。国旗を背負って肩を組み、国歌「我が祖国は何処に」を大きな声で歌うチェコの代表選手たちの顔には、喜びがあふれていました。その中にはトリノ五輪にも出場予定のハシェックが、ヤーガーが、ルチンスキーが、ストラカが、そしてNHL入りする前のフニリチカやヘイドゥクやシュパチェクがいました。
・・・ということであまり世代交代が進んでいないのか、29.4歳と、けっこう平均年齢高いです、チェコ代表。年齢はともかくディフェンスに「けっこう守りが不安」なタイプが多いと思うんですが、その点は大丈夫? イェジ・フィッシャーが心臓発作で休んでいること、チェコとしては痛いでしょうね。今季ポイントリーダー争いをしているヤーガーが五輪でも調子を維持できれば、そしてハシェックが長野のときのように再び「神」になれたら、もしかしたらもしかするかも!?と思わせてくれる布陣ではあります。あれ、そういえばペトル・シーコラが選ばれていないかな。ちょっと寂しいね。
ベテランばかりのメンバーの中で、エラット、ヘムスキー、オレス、プルーハの若手4人組のぴちぴち度が際立っていますね。アレシュはアシスト数でオイラーズ1位。プルーハはマイナーから上がってきてすぐ活躍のシンデレラ・ボーイ。エラットは若い選手が多いプレッズの中でも群を抜く輝きを放つ美形の金髪くん。そしてオレス! 現時点で5ゴール6アシストという成績で、なんでこの子がホッケー大国チェコのオリンピック代表に選ばれたのかよくわかりませんが、男前天国パンサーズに久々に現れたアイドル系選手なので、私はとても嬉しい。チェコぴちぴち4人組があの代表ジャージを着て動き回るのを見る。トリノ五輪ではそれを楽しみの主軸の一つに置きたいと思います。
(2月9日追記)NYRのぴちぴちプルーハが怪我で欠場が決定、とても残念。しかしその代わりに病気のためシーズン前半を棒に振ったパトリック・エリアシュがトリノに行くことになりました。もしロシアと対戦することになったら、「お前らの国で俺はA型肝炎をうつされた!」という恨みを最大限にぶつけ、爆発してちょうだい。2005年の世界選手権ではゴーリーのヴォクーンが大活躍してチェコが優勝したけれど、オリンピックではどうでしょうか。やっぱり要所要所でハシェックが先発するのかなあ。
トリノ・オリンピックまであと1か月! 五輪用ポートレート集
2006年01月15日 (日) 01:07 | 編集
Getty Images で「2006 Olympic Hockey Portraits」をキーワードに検索したら、代表ジャージに身を包んだNHL選手の画像がいっぱい出てきた。

今のところオタワ、フィリー、NYR、デビルズだけのようだけど、これからどんどん増えるんでしょうか。

気にいった画像:

髪切ったんだねヒートリー

けっこうノリのいいレッデン

この髪はヤバいだろう

すっかり男っぽくなったね~

気になった画像:

怖い・・・

きょわい・・・

カスパちゃん、浮かび上がってるよ・・・ レンブラントの肖像画みたいだよ・・・
ダニー・ヒートリーの恋人
2006年01月14日 (土) 23:50 | 編集
北米のみーはーサイトに、オタワ・セネターズのダニー・ヒートリーが恋人と一緒に写っている画像が貼られていました。



絶句・・・。この画像は衝撃的だった。もうヒートリーのファンをやめようかと思えるくらいに。

まだヒートリーが事故を起こす前、「ダニーにはウィスコンシン大学時代に出会った恋人がいて、アトランタとは遠いのでうんぬんかんぬん」という話をネットで読んだことがあるのだが、この彼女がウィスコンシンで出会った相手? えーっ。

みーはーサイトでは、この彼女の評判は散々。っていうかボロクソ。
「典型的なパック・バニー」
「醜い金髪バカ女」
「ポルノ女優みたい」
「明らかに金目当て。最高にルックスがいいわけでもないダニーが金を持っていなかったら、この女はダニーに目もくれないだろう」
「コヴァルチュックといいヒートリーといい、なんでこんなタイプの女にひっかかるのか?」

でも一番多かったのが、
「黒いドレスの下に白いブラをしている。ありえない!」
という彼女のファッションの常識のなさを指摘する意見。「ダニー、彼女をデパートに連れていきなさい!」とも。

どうやらこの画像はヒートリーがアトランタからオタワに移籍したときの記者会見の日に撮られたもののようです。あれから約3ヶ月、ヒートリーが恋人と破局したというニュースは伝わってこない。そしてヒートリーはブリティッシュ・コロンビア州に家を買ったらしい。カルガリ出身なのに、なぜBCに? 彼女がBC出身なのでしょうか。まあ、どうでもいいか。とりあえずホッケーがんばって、ヒートリー・・・。
ジョゼもびっくり! カナディアンズの練習に素人が乱入
2006年01月14日 (土) 21:56 | 編集


モントリオール(CP)-- モントリオール・カナディアンズのゴーリー、ジョゼ・テオドアは9日の練習で、ホッケー用具一式を身につけた見知らぬ人間がリンクに出てきて自分に向かってパックを打ってきたとき、ショックを受けた。

突然の乱入者はモントリオール出身の28歳。ただ「ラファエル」としか名乗らないこの男はカナディアンズの練習アリーナであるヴェルダン・オーディトリアムのリンク上に出てきた。このとき、ほとんどの選手たちはテオドアのいる場所から遠く離れた逆のエンドにいた。

スケート靴を履き、ホッケー用具をフル装備し、ごく普通の白いジャージを着た「ラファエル」は、スティックとパックを持ってテオドアのほうに滑っていった。テオドアは男をスティックでちょこんと突つき、その後男が打った弱いリストショットをグラブでキャッチした。

カナディアンズ監督のクロード・ジュリアンがこの乱入者をボード際に追いつめたが、アリーナ職員によって追い出されるまで、男はリンクから出ていこうとはしなかったという。警察は後にこの男を放免した。

「あいつが来るまで、何が起こったのか全然わからなかった」。テオドアはニヤリと笑って言った。「俺に向かってくるとき、頭を下げていたから、『オトナのチームへようこそ』って言ってやりたかった」

「『頭を上げておかなきゃダメだぞ』ってことを伝えるためにスティックで突ついたんだ。あいつが戻ってきたとき、ネットから離れてあいつと遊ぶのはやめようかなって思った。でもあいつはリンクに出てくる勇気があったんだから、俺に対してショットを打たせてやろうと思った」

「あいつは俺から得点できなかった。大切なのはそこだ」(テオドア)

警察が来るのを待っている間、「ラファエル」はリポーターたちに語った。テオドアは「すごいゴーリー」だが、ゴールを奪うことができなかったのは「時間がなかったから」だと。

趣味でホッケーをやっている「ラファエル」の言うことのほとんどは支離滅裂だったが、自分が氷上で何ができるかをカナディアンズに見せるために練習リンクに乱入することを計画していたのだそうだ。

「長い間、高いレベルでホッケーをしたいと思っていた。失う物は何もなかった」と「ラファエル」は語った。

::: いやー、面白い。記事の中のジョゼのコメントに大爆笑しちゃいました。「He couldn't beat me. That's the main thing.」と言ったときのジョゼの顔、見てみたかった!
結局この乱入者ラファエルは警察に連れていかれたものの、雑談程度の取り調べの後に放免となったそうです。ヴェルダン・オーディトリアムというのはモントリオールの郊外にあるアリーナで、ベルセンターがコンサートなどのために使えないとき、ハブズの練習で使われるそうなのですが、なんとこの練習は一般のファンも自由に見学できるのだそうで、この日も20人ほどの見学者がいたそうです。で、ホッケーの用具一式を身につけた見学者ラファエルを客席に見つけたアレックス・コヴァリョフは、「オレたちの練習が終わった後に練習する人なのかなあ」なんて思っていたんだとか。
しかし大切な正ゴーリーのジョゼに何もなかったからいいものの、なんかのんびりしているというか、セキュリティが甘い練習リンクなんですね。ディフェンスマンのクレイグ・リヴェ(ケンカがめちゃくちゃ強い)は「あの男がフツーの状態だったかどうか、誰もわからなかったわけでしょ。怖いよね」って語っていたそう。そのとおりかも。
トリノ五輪スロバキア代表チームのロスター発表
2006年01月14日 (土) 16:52 | 編集
トリノ五輪スロバキア代表の選手名簿が12月22日、発表されました。
(参考:国際アイスホッケー連盟サイト

カッコ内は現在の年齢と所属チームです。ソルトレイクシティ五輪の代表チームにいた人は10名で、初めて五輪代表チームに選ばれた人が12名です。

ゴーリー
25 ヤーン・ラシャーク(26・HCメラー・パルドゥビツェ)
37 ペーテル・ブダイ(23・コロラド・アバランチ)初
60 カロル・クリジャン(25・MoDo)初

ディフェンス
3 ゼノ・ファーラ(28・オタワ)初
6 ラドスラフ・スッヒー(29・コロンバス)初
7 マルティン・シュトルバーク(30・ツェスカモスクワ)初
14 アンドレイ・メサーロシュ(20・オタワ)初
17 リュボミール・ヴィシュノフスキー(29・ロサンゼルス)
29 イヴァン・マイェスキー(29・ワシントン)
68 ミラン・ユルチナ(22・ボストン)初

フォワード
10 マリアーン・ガーボリック(23・ミネソタ)初
12 ピーター・ボンドラ(37・アトランタ)
15 ヨゼフ・シュトゥンペル(33・フロリダ)
18 ミロスラフ・シャタン(31・NYアイランダーズ)
20 リハルド・ゼドニック(30・モントリオール)初
22 リハルド・カプシュ(32・メタルルグ・ノヴォクズネツク)
28 ロナルド・ペトロヴィツキー(29・アトランタ) *ミハル・ハンズシュ(フィラデルフィア)の怪我による代替出場
23 リュボス・バルテチコ(29・ルレアHF)
38 パヴォル・デミトラ(31・ロサンゼルス)主将
40 マレク・スヴァトシュ(23・コロラド)初
43 トマーシュ・スロヴィー(24・ピッツバーグ)初 *ラディスラフ・ナジー(フェニックス)の怪我による代替出場
81 マリアーン・ホッサ(27・アトランタ)
91 マルセル・ホッサ(24・NYレンジャーズ)初

補欠
ドミニク・グラニャーク(D・スラヴィア・プラハ)
ブランコ・ラディヴォイエヴィッチ(RW・フィラデルフィア)


::: 平均年齢27.6歳。若い。
ポジションごとの第一印象:
フォワード・・・強力!
ディフェンス・・・そこそこやれそう
ゴーリー・・・うーん、がんばってくれ
こんな感じ。でもジギー・パルフィ(ピッツバーグ)やヴラディミール・オルシャーク(ナッシュビル)が選ばれていないのはどうしてだろ。
チーム・スロヴェンスコは、ゴーリーさえしっかりやってくれたら、オリンピックでもけっこう奮闘しそうな気がします。あと、NHLチームの嫌がらせ(選手の出し惜しみ)が今回はないことを祈ります。なにしろソルトレイクシティでは、「ガーボリックは出さない」「デミトラは出さん」、こんなのばっかりで予選ラウンドでは選手がまったく揃わず、合計13人でやった試合もありました。ダブルシフトで体力もたないっつーの。んでもってあえなく予選敗退、ホッケー大好きなスロバキア国民をがっかりさせたのでした。
しかし今回はホームはヨーロッパ、一時期NHLでブイブイ言わせていたスロヴァック・パックも復活するかもだし、ガーボリックくんもいます。代表ジャージのデザインも好きだし、私は前回五輪同様トリノではスロバキアいち押しでいきます。


きっと最後のオリンピック。がんばれ、ボンドラさん!
面白すぎる! カルガリ・フレイムズ制作のPV「Red Hot Flames」
2006年01月12日 (木) 22:55 | 編集
北米のみーはーサイトに投稿されていた一つの記事、そのリンク先が、私を爆笑の世界へと誘ってくれた・・・

Calgary Flames: 1987 "Red Hot" video

ホッケー関連のビデオでこれほど笑えるものを、私はこれまで見たことがない。

トロンボーンを吹くアル・マッキニス! はにかみながらカメラ目線で歌うブレット・ハル!

これが作られた1980年代後半、フレイムズは同州のライバル、オイラーズと熾烈な争いを繰り広げていたはず(このビデオの2年後の1989年、初のスタンリー・カップ獲得)。しかしその影で、こんなプロモビデオを大真面目に作っていたとは。それもお揃いの炎ポロシャツを身につけて!

オールド・ファンなら最高に楽しめるPVだと思います。若い方は、80年代の雰囲気を味わってください。ポップスは80年代が最高だべ。
トリノ五輪スウェーデン代表チームのロスター発表
2006年01月12日 (木) 21:12 | 編集
トリノ五輪スウェーデン代表の選手名簿が12月21日、発表されました。
(参考:国際アイスホッケー連盟サイト

カッコ内は現在の年齢と所属チーム。ソルトレイクシティ五輪から引き続き選ばれたのは12名で、決勝でカナダをPS合戦の末下して金メダルを獲得したリレハンメル五輪の代表だった人も3名います。五輪代表チームに初選出は10名。

リンク:スウェーデンの新聞アフトンブラーデットのサイトにあるトリプル・クラウン2006スライドショー

ゴーリー
1 ステファン・リヴ(25・HV71イェンシェーピン)初
32 ミカエル・テルクヴィスト(26・トロント)
35 ヘンリク・ルンドクヴィスト(23・NYレンジャーズ)初

ディフェンス
5 ニクラス・リドストロム(35・デトロイト)
7 ニクラス・クロンヴァル(25・デトロイト) *マティアス・オールンド(バンクーバー)の怪我による離脱の代替出場
8 クリスチャン・バックマン(25・セントルイス)初
15 ニクラス・ハヴェリッド(32・アトランタ) *ニクラス・クロンヴァル(デトロイト)の怪我による代替出場
23 ロニー・スンディン(35・ヴェストラフレールンダHC) *マティアス・ノーストロム(ロサンゼルス)の怪我による代替出場
29 ケニー・ヨンソン(31・レーグレBK)
34 ダニエル・シャーンクヴィスト(29・ミネソタ) *キム・ヨンソン(フィラデルフィア)の辞退による代替出場


フォワード
11 ダニエル・アルフレッドソン(33・オタワ)
12 ダニエル・セディン(25・バンクーバー)初
13 マッツ・スンディン(34・トロント)主将
20 ヘンリク・セディン(25・バンクーバー)初
21 ピーター・フォスベリ(32・フィラデルフィア)
22 PJ・アクセルソン(30・ボストン)
26 サミュエル・パールソン(28・アナハイム)初
33 フレドリック・モディン(31・タンパベイ)初
37 ミカエル・サミュエルソン(29・デトロイト)初
40 ヘンリク・セッテルベリ(25・デトロイト)
51 ミカ・ハンヌラ(26・HV71イェンシェーピン)初
72 ヨルゲン・ヨンソン(33・カールスタッド)
96 トマス・ホルムストロム(33・デトロイト) *マークス・ナスルンド(バンクーバー)の怪我による代替出場



::: 一目見て、こりゃ強そうだな、と思いました。ケガがなくてこのメンツ全員で出てきたら、チェコもカナダもアメリカもけっこう苦戦するのではないかと思います。ソルトレイクシティ五輪の予選ラウンドでは「魚雷戦法」でカナダをズタボロにしたチーム・スヴァリエ、トリノではどんな秘策を練って臨んでくるんでしょうか。スウェーデンではホッケーがサッカーを抜いて圧倒的な人気を誇るだけに、あの伝統のトリプル・クラウンのジャージを着たスウェーデン人ファンたち(頭にはもちろんバイキング・ヘルメット)がトリノに大挙押し寄せ、代表チームに熱狂的な声援を送ることが予想されます。なお、チームの平均年齢は28.6歳。正ゴーリーは誰でいくんでしょうね。
(2月9日追記)ディフェンスマン2人の怪我に加えて、攻めの要であるナスルンドまでもが怪我のためトリノに行かないことが決まり、スウェーデンもピンチ! しかもフォスベリも太もも付け根の痛みのためNHLの試合を休んでおり、五輪参加もいまのところ微妙なんだとか。もしフォスベリが欠場の場合は、NYRのミカエル・ニーランデルが代わりに出ることになるようです。どうなるチーム・スウェーデン・・・。

 
どっちが守る? テルクヴィスト(左)とルンドクヴィスト(右)
アイランダーズ、ヤンネ・ニーニマーをスターズにトレード
2006年01月12日 (木) 00:01 | 編集


今季不調のニューヨーク・アイランダーズは10日、ディフェンスマンのヤンネ・ニーニマー(30)とドラフト5巡目指名権をダラス・スターズにトレードした。見返りはディフェンスマンのジョン・アースカイン(25)と2006年NHLエントリー・ドラフト2巡目指名権。

スティーブ・スターリング監督が近く解雇されるとの噂の中、アイランダーズのジェネラル・マネジャー(GM)、マイク・ミルベリーは、期待はずれの働きしかしていないニーニマーをトレードに出し、チームの再編を図りたかったものと思われる。アイランダーズは最近12試合でアウェー5連敗を含む9敗と成績がふるわなかった。

ニーニマーの今季の年俸は243万ドル。41試合に出場し、わずか1ゴール9アシストという成績にとどまっている。フィラデルフィア・フライヤーズでNHLキャリアをスタートさせ、その後エドモントン・オイラーズへトレードに。2003年のトレード締切りに合わせてオイラーズからアイランダーズにトレードされ、見返りはブラッド・イズビスターとラッフィ・トーレスだった。通算では678試合に出場、52ゴール258アシストをマークしている。


::: トレードの噂はあったので、さほど驚きはしなかったけど、行き先がスターズとは! スターズGMダグ・アームストロングは、「エドモントン時代からヤンネはウチになじみのある選手だから」なんて言ってますが、そりゃそうでしょう、ニーニマーがオイラーズにいてプレイオフに行けていた頃、プレイオフでいつも当たるのはスターズだったんですから。誰だったか忘れたけど、「オレたちさあ、プレイオフになったらエドモントンに行くから、エドモントンに家でも買ったほうがいいんじゃねーの?」なんて冗談をとばしていたスターズの選手もいたんですから! 歴史は繰り返す、今季スターズもオイラーズもプレイオフに進出して、また第1ラウンドでこの2チームが激突するとしたら・・・!(ひえ~~~)そこにはお星さまジャージを身につけたにーにまちゃんが!(ぎょえ~~)
でもニーニマー的には、アウェーでダラスを訪れると一緒にサウナに入っていたイェーレ・レーティネンもいるし、気心知れる仲間がいていいんじゃないでしょうか。っていうか今スターズのロスターを調べたら、おでぶニクラス・ハグマン、イケメンのユッシ・ヨキネン、まぶしい金髪ニコ・カパネン、そしてアンッティ・ミエッティネンと、レーティネン以外にもフィンランド人が4人もいて、なにげにスオミ度高かった。こんなに着々とスオミを集めて、いったいどうしたいのだろう、アームストロング?
ライトニングがデイヴ・アンドレイチャックをウェイバーに
2006年01月11日 (水) 23:07 | 編集


タンパベイ・ライトニングは11日、デイヴ・アンドレイチャック(42)をウェイバー(選手の権利放棄)にかけた。

もしアンドレイチャックに他のチームからの引き合いがなく、ウェイバーをクリアした場合、マイナーであるAHLのチームに送られる。ライトニングはアンドレイチャックを実際にマイナーに送る必要はなく、その場合、チームはアンドレイチャックの今季分の年俸を支払うことになる。昨夏、アンドレイチャックはライトニングと2年契約を結び直していた。

パワープレイ・ゴール数でNHL歴代1位。そんなアンドレイチャックも、新ルール下のNHLにはうまくフィットしなかったようだ。

ライトニングのジェネラル・マネジャー(GM)、ジェイ・フィースターは、「昨年の夏の契約時、我々もデイヴも新しいNHLがこんなふうになるとは予測できなかった。スピードと速さが勝負を決するホッケーだ。シーズン前半、評価と分析をしてみて、デイヴのホッケーは新NHLにはマッチしないことが我々の目には明らかとなった」と語った。

2003-04年のシーズン、アンドレイチャックはライトニングの主将としてスタンリー・カップを獲得。レギュラー・シーズンの1597試合、そしてプレイオフの162試合を戦った後につかんだ栄冠だった。そのシーズンはレギュラー・シーズンで21ゴール18アシストを記録した。しかし今季は42試合で6ゴール12アシストという成績。

9日、アンドレイチャックはフィースターと監督ジョン・トートレッラと会い、自身の今後について話し合った。もしアンドレイチャックが引退するのであれば、ライトニングは今季の年俸を払う必要がない。

しかしフィースターはこう付け加えた。「(給料を払わないのは)デイヴと家族にとってフェアな話ではないと我々は感じている。だから結局、我々にできる現実的な唯一のオプションは、デイヴをマイナーに送る意図を含めたウェイバーにかけることで、どのチームがデイヴを欲しがらなくても、デイヴをAHLに送る必要はない。この措置により、AHLで実際にプレイしなくても、デイヴには今季の年俸が支払われ続ける」

フィースターはこうも言う。「もうアンドレイチャックのような選手は出てこないだろう。これからもタンパという街とライトニングというチームにとって、デイヴは特別な存在であり続ける」


::: うーん、これにはビックリしましたね、高齢とはいえ、まさかキャプテンがウェイバーにかけられてしまうとは。「え、40過ぎてからマイナー生活はキツいよ!?」なんて思ったけれど、よくよく記事を読むと、アンドレイチャックさんが実際にマイナーに送られることはないようですね。
このウェイバーのかけ方、「新しいルールで速くなったホッケーについていけてないね、だから、辞めてくんない?」というリストラ的な側面を持つ措置なんでしょうけど、いきなり引退(=失業、給料ゼロ)ではなく、制度をうまく利用して、アンドレイチャック家にとって最も都合がいい形での引導の渡し方というか、チームを初のカップに導いてくれた功労者へのねぎらいや温情主義が見えます。ライトニングっていいチームだよね。
今シーズン終了後、アンドレイチャックさんの引退発表があるのでしょうか。また一人、味のあるベテランがリーグを去っていく・・・。寂しいですね。
ペトル・シーコラ、レンジャーズにトレードされる
2006年01月11日 (水) 21:53 | 編集


ニューヨーク・レンジャーズは8日、マイティダックス・オブ・アナハイムからフォワードのペトル・シーコラ(29)と2007年NHLエントリー・ドラフト7巡目指名権をトレードで獲得した。見返りはディフェンスマンのマキシム・コンドラティエフ(22)。

シーコラは、NHLでの最近6シーズンで少なくとも20ゴールをマークしている。今季はアナハイムで34試合に出場し、7ゴール13アシストを記録していた。

シーコラの加入で、レンジャーズにはヤロミール・ヤーガー、マルティン・ストラカ、マルティン・ルチンスキー、そして新人のペトル・プルハー(いずれもトリノ五輪チェコ代表)に次ぐチェコ人フォワードが増えることになる。

シーコラは今季後、制限なしフリー・エージェントとなる資格を持つ。今季の年俸は310万ドル。

NHLデビュー以来ニュージャージー・デビルズで7シーズンを過ごし、2000年にはスタンリー・カップを獲得。2002年オフにマイティダックスにトレードされた。最近はトレードの噂が囁かれ、スクラッチされることが多かった。


::: やっぱりトレードされちゃったんですねペトル。もともとデビルズからキャリアをスタートさせたペトルには、東海岸のチームのほうが合っていると思うんだわ。たとえそれが、古巣と同じディビジョンで(だからかつての親友パトリック・エリアシュくんとはこれからガンガン対戦することになる)、古巣とは川を挟んでライバル同士のチームのNYRでも。いまのNYRはやたらチェコ度が高くて、「ヤロミールとチェコの仲間たち」ちっくな様相を呈しているし、ペトルはすんなりとチームに溶け込めることでしょう。東海岸なら新妻レナータのいるヨーロッパにも近いしね、今季好調なNYRで、カップ目指してばく進だ、ペトル! 日本一のペトル・ファンのじゅりあさん、このトレードをきっと喜んでいますよね? おめでとうございます。
お茶目でイイ! スターズの「2006年動物園カレンダー」
2006年01月09日 (月) 22:42 | 編集
NHLの各チームは毎年、カレンダーを作成して販売していますが、プレイ・シーンの写真が使われているカレンダーがほとんどの中、今年はダラス・スターズがとってもユニークな「動物園カレンダー」をリリースしたそうです。



合成写真? ゾウとスマイル、主将マイク・モダーノ



「ダラスのモッくん」ことブレンダン・モロウ
義父のギイ・カルボノ様にも特別出演していただきたかった



いつも陽気なマーティ・ターコ
アルマジロを抱きしめて



明らかに腰がひけてるよジェイソン・アーノット



フクロウ(みみずく?)もカメラ目線、セルゲイ・ズボフ


ダラスと「双子の都市」を形成するフォートワースにある動物園のアニマルズが全面協力して実現したこのカレンダー、いや~、いい、いいです! テキサスでは道端にゴロゴロ転がっている(テキサスA&M大卒の学科の友人メリッサ談、マジな話らしい)名物アルマジロもしっかり登場して、南部らしさも醸し出していますね。

オイラーズをはじめとして、NHL全チームがこれぐらいの楽しいカレンダーを作ってくれればいいのに。ちょっと前のオタワならもっとゆるいカレンダーもありそうだったけど、強くなってしまった今では・・・? 何年か前のリーフスのファミリー・フォト・カレンダーもよかったなあ。4人の子供たちに囲まれて幸せそうだったシェイン・コーソン夫妻は離婚してしまったけれどもね。

このブログでは2006年もこういうゆるゆるネタをどんどん紹介していけたらと思っています。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。