さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オイラーズがピーター・スタツニーの息子をトレードで獲得
2005年08月31日 (水) 16:14 | 編集
エドモントン・オイラーズは、フォワードのヤン・スタツニー(22)をボストン・ブルーインズからトレードで獲得した。ヤンはホッケー殿堂入りしているピーター・スタツニーの息子。

見返りとしてブルーインズには2006年ドラフトの4位指名権が移るが、このドラフト指名権は、今月始めにオイラーズがブラッド・イスビスターをボストンに送った代わりに得たもの。

スタツニーはオイラーズと2年契約に合意し、9月5日から始まるオイラーズのルーキー・キャンプに参加する。

2002年のエントリー・ドラフトでブルーインズから指名されたスタツニーは、過去2シーズンをドイツ・アイスホッケー・リーグのニュルンベルク・アイスタイガーズで過ごした。95試合に出場して33ゴール83ポイントを記録し、PIMは143分にのぼった。


::: うーん、形としては、イスビスターの代わりにぴちぴちヤン・スタツニーがオイラーズに来たってことになるのかな? なんか複雑なことしてるな、ちゃぐま&オイラーズ。しかしスロヴァック・ファンの私としては、スロヴァキア人がオイラーズに加わってくれるなんて万々歳なのであります。しかもスロヴァック・ホッケー界の重鎮であるピーター・スタツニー様の息子さんとなれば、なおさら。ついでに弟ポールも、オイラーズにカモーン!です。
スポンサーサイト
NHL Rumor Mill ~NHLに渦巻く噂いろいろ~
2005年08月31日 (水) 10:25 | 編集
毎度おなじみ CBSSportsLine.com に、NHL各チームがいま何を画策し暗躍しているのかがまとめてありました。これらの噂がどれぐらいホンモノになるか、注意深く見守っていかなければ。(噂は8月30日現在)

・アトランタ・スラッシャーズ
 スラッシャーズGMドン・ワッデルは、スター選手のイリヤ・コヴァルチュックとの契約の際に、コロンバス・ブルージャケッツがリック・ナッシュと結んだ5年2700万ドルの契約をひとつの目安にしようとしている。しかしアトランタのマスコミによれば、コヴァルチュックが目指している契約金は、780万ドルを上限とするものらしい。

・デトロイト・レッドウィングズ
 「デトロイト・ニュース」紙によれば、ウィングズはパヴェル・ダツック(C)との契約に難儀しており、契約が9月1日までに結ばれない場合は、ダツックは今シーズン、母国ロシアでプレイすることになるかもしれない。

・エドモントン・オイラーズ
 ライアン・スミス(LW)がオイラーズと長期契約を結びたいのであれば、ある程度割り引きの契約金を受け入れなければならないかも、と地元紙「エドモントン・ジャーナル」が伝えている。来年、制限なしフリー・エージェントとなるスミスは、400万ドル/年の契約を望んでいるが、オイラ-ズ側が提示できるのは3年1000万ドルまで。

・ナッシュビル・プレデターズ
「オタワ・サン」紙によれば、プレッズは明らかにベテランのフォワード市場の渦中にあり、その焦点をすでにブライアン・スモリンスキに定めたらしい。

・ニュージャージー・デビルズ
 2003-04年のシーズン、脳しんとうのために38試合しか出場できなかったキャプテンのスコット・スティーヴンズは、今シーズン戻ってくるだろう。その一方で、ヴィクトル・コズロフ(C)は、サラリーキャップの縛りのためトレードに出されるだろうと自分の行く末を心配している。「ニューヨーク・ポスト」紙が伝えた。

・ニューヨーク・レンジャーズ
「エドモントン・ジャーナル」紙によれば、来年1月に45歳になる NYR キャプテンのマーク・メシエは、引退についてはまだ決めていないが、もしリーグに戻ってくるのであれば、それはNHLerとしてのキャリアをスタートさせたオイラーズの一員としてになりそうだ、とのこと。

・ピッツバーグ・ペンギンズ
 ライアン・マローンとブルックス・オーピックとの再契約については、何の進展も見せていないと「ピッツバーグ・ポストガゼット」紙が伝えている。

・セントルイス・ブルーズ
 「セントルイス・ポストディスパッチ」紙によれば、42歳のアル・マッキニス(D)の未来にはまだ不確かな部分が残る。マッキニスは2003年10月に両目の手術を受けた。しかしブルーズはマッキニスをチームのフロントの一員として雇いたいと考えており、肩書きはおそらくマイク・キッチン監督を補佐するアシスタント・コーチになるのではないか。

・トロント・メイプルリーフス
スウェーデンの新聞「アフトンブラーデット」によれば、リ-フスはレッドウィングズのヘンリク・セッテルベリ(F)を獲得しようとしているらしい。セッテルベリは制限付きフリー・エージェント。
8月30日(火)のNHLチームの動き
2005年08月31日 (水) 09:22 | 編集
・ピッツバーグ・ペンギンズ
 ディック・ターンストロム(D)の調停年俸160万ドルを受け入れ、
 1年契約

・サンノゼ・シャークス
 アレックス・コロリュク(LW)が今シーズンは母国ロシアで
 プレイすることを決断

・ワシントン・キャピタルズ
 LAから獲得したブライアン・ミュイール(D)と契約


::: コロ助くんことコロリュク、今季はNHLにいないのか~、残念。顔も可愛いし、好きな選手なんですけど。「ロシアの家族の近くにいたい」っていうのが理由らしいが、何か他の裏理由があるんじゃないかと勘ぐってしまいます・・・。
ブルーインズがハル・ギルと1年で再契約
2005年08月31日 (水) 08:55 | 編集
制限付きフリー・エージェントのディフェンスマン、ハル・ギル(30)はボストン・ブルーインズと1年の契約を交わした。

ブルーインズで7年プレイしたギルはこれまで、19ゴール68アシストを記録。昨シーズンのロックアウト中はフィンランドのルッコ・ラウマに所属し、31試合に出場した。

ギルはマサチュセーッツ州コンコードの出身。1993年のNHLエントリー・ドラフトで8位指名を受けた。プロヴィデンス・カレッジ卒業後の1997年、プロに転向した。


::: フルネーム Harold Priestley Gill III(ハロルド・プリーストリー・ギル三世)のハルギルは、生まれも育ちもニューイングランド。ちゃぐま入団は運命づけられていたのかも? 実際、ちゃぐまジャ-ジ以外のハルギルって想像つきません。
2メートル近い長身のハルギルは、その上背を生かして高校時代はアメフトのクォーターバックとして活躍していました。ボストンのノースイースタン大学から奨学金全額支給という好条件でフットボールのスカウトが来たときは、ホッケーとどっちを選ぶかかなり迷ったそうですが、高校卒業直後のNHLドラフトでちゃぐまから指名を受け、ホッケーの道に進むことを決意したのだそうです。
オイラーズ、今年のドラフト3巡目指名のシヴレットと契約
2005年08月30日 (火) 20:25 | 編集
エドモントン・オイラーズは、ディフェンスマンのダニー・シヴレット(20)と3年契約(エントリー・レベル)を結んだ。今年のNHLエントリー・ドラフトでオイラーズがシヴレットを3巡目で指名していた。

シヴレットはオンタリオ・ホッケーリーグ(OHL)のロンドン・ナイツのキャプテン。2004-05年のシーズンのナイツは好調で、レギュラーシーズンは59勝7敗2分をマークし、メモリアルカップに輝いた。

オンタリオ州ミルグローブ出身のシヴレットは今季62試合に出場し、69ポイント(23ゴール46アシスト)を記録。スコアリングではチーム全体で5位だった。またプレイオフでは20ポイント(5ゴール15アシスト)をマークしている。

なかなかいい面構えしてるぜ!


:::おお、フォワード手薄なオイラーズに、イキのいいぴちぴちセンター(またはウィンガー)が加入か!?と一瞬喜んだけど、この人、ディフェンスマンでした・・・。どうしてなんだ、ケヴィン・ロウ。しかし1試合平均1ポイント以上稼いでいるってことは、攻撃的なディフェンスマンなんですかね?
実は、このダニーくんのお父さんも元ホッケー選手で、1974年のNHLアマチュア・ドラフトでメイプルリーフスから9巡目指名(全体155位)を受けているそうなんです。お父さんはNHLでプレイすることはなかったそうなので、ダニーが晴れてNHLのリンクに立つ日は、父の夢を息子が実現する、記念すべき日になるのかも。
おかしかったのは、「Syvret って名前、どう発音するの?」って議論が、ロンドン・ナイツのファンサイトでなされていたこと。「シヴレットだ!」「いやシヴリーって発音していた!」などなど書かれていましたけど、ほんとファン泣かせな名前だ。最後の音節にアクセントが置かれるそうなので、フランス系の名前でしょうか。
特集:NHLのラブリー・ツインズ(6)ミラン・ヘイドゥク
2005年08月28日 (日) 20:29 | 編集
コロラド・アバランチのテクニシャン、ミラン・ヘイドゥクは、2004年1月に男の子の双子ちゃんのパパになりました。



名前はダヴィッドとマレク。早速ちびジャージ着せちゃって、ほんと可愛いですね。妻ズラータさんはこの画像ではいまいちだけど、典型的なボヘミア美人の綺麗な人です。




双子ちゃんとお出かけ。チャイルドシートもベビーカーも双子ちゃん仕様なんですね。双子の子育てって、ほんと大変そうです。
特集:NHLのラブリー・ツインズ(5)ドン・スウィーニー
2005年08月28日 (日) 20:15 | 編集
NHL屈指のインテリ選手として名高い、ドン・スウィーニー(ハーバード大学卒、経済学専攻)。いまはダラス・スターズ所属です。



パパがブルーインズにいたときの、クリスマス・パーティでの写真。ちょっと眠そうな双子ちゃんはジャロッドとタイラーといいます。もう5歳ぐらいになっているはずで、すでにスケート靴を履いてホッケーの練習を始めているそうな。頼もしいね、目指せ、パパのような知性派NHLer!

ところで奥様のクリスティンはカナダ代表としてカルガリ五輪にも出たことがある有名なフィギュアスケーターで、プロ転向後は「スターズ・オン・アイス」とかで活躍していたらしい。



この写真の、左から3番目がドン・スウィーニー夫人。よく見ると左端にはアルベールビル五輪の金メダリストのクリスティ・ヤマグチがいる! 1枚の写真に未来のNHLer夫人が2人も写っているわけですね。
特集:NHLのラブリー・ツインズ(4)フランシス・ブイヨン
2005年08月28日 (日) 19:49 | 編集
ブロデューアとフランス系NHLerつながりで、次はモントリオール・カナディアンズのフランシス・ブイヨン。名前から「ケベコワか?」と思いがちだが、彼は実はニューヨーク生まれのアメリカ人なのだ。ペンギンズのアンドレ・ロワや昔ダックスにいたギイ・エベールと同じね。



双子ちゃんの名はマイケル&アンソニー。この写真が撮影されたとき、子供たちの母親のジネットさんはブイヨンの「ガールフレンド」だったけど、いまは正式に結婚したのでしょうか。



可愛いね~~~~~っ! ため息出ちゃう。こんなにもハブズロゴのついた帽子が似合う赤ちゃんたちが他にいるでしょうか。いや、いない。しかしパパにあまり似ていないですね。成長するにつれ、パパのように濃くなってくるのかな。
特集:NHLのラブリー・ツインズ(3)マルタン・ブロデューア
2005年08月28日 (日) 19:31 | 編集
ニュージャージー・デビルズの不動の守護神ブロデューアは、4人の子持ちです。次男と三男が双子ちゃんで、名前はウィリアム&ジェレミー。
(ちなみに長男アンソニー、末っ子の女の子はアナベラ=アントワネット)



2003年か2004年のNHLアウォードで、ヴェジナ・トロフィとウィリアム・ジェニングズ・トロフィに挟まれてパチリ。双子ちゃんも誇らしげで、いい写真です。

ところでブロデューア、どすこいメラニ夫人とはどうなったのだろう。仲直りした?
特集:NHLのラブリー・ツインズ(2)ダリル・シドーア
2005年08月28日 (日) 16:33 | 編集
タンパベイ・ライトニングで2個目のスタンリー・カップを獲得した、ディフェンスマンのダリル・シドーア。2003-04年のシーズンなかばに CBJ からぼるつに移籍して、ぼるつの快進撃を支えました。エドモントン出身! いつかオイラーズに来ておくれ。



美しい妻シャーリーン、双子ちゃんのブレイデン&パーカーと、家でくつろぐダリルっち。可愛いなあ、赤ちゃんたち。

で、月日はたち、双子ちゃんも大きくなりまして、



カップと一緒にニッコリ。末っ子のディランも生まれました。3人の子供たち全員にチャンピオンリングをあげるためには、あと1回優勝しないとね、ダリルっち!
特集:NHLのラブリー・ツインズ(1)ブレンダン・シャナハン
2005年08月28日 (日) 16:14 | 編集
週末はNHLのニュースがあまりない・・・ということで、「サマーウェディング」特集に続き、「ラブリー・ツインズ」特集です。双子ちゃんを授かったNHLerを紹介していきます。

まずは、デトロイト・レッドウィングズのブレンダン・シャナハン。



ジョーでのセレモニーで、妻キャサリン、男女の双子マギー&ジャックと。右のほうにいるデブ・・・あわわわ、大変ふくよかな女性は、たぶん、しゃにーママのロザリンさんではないでしょうか。

年上の妻は、実はバツイチ。前のダンナさんは、しゃにーのセントルイス時代のチームメイトでラインメイトでもあったクレイグ・ジャニーです。そのジャニーもいまは再婚しているんだそうで、しゃにーも双子ちゃんに恵まれ、みんなハッピー。
エフゲニー・マルキンはあと1年母国のロシアでプレイ
2005年08月27日 (土) 11:20 | 編集
ピッツバーグ・ペンギンズは評価の高いプロスペクトであるエフゲニー・マルキンがペンギンズ・ジャージを着るまで、あと1年待たねばならない。マルキンの代理人のパット・ブリッソンは27日、マルキンが母国ロシアのトップ・プロリーグでプレイすることを明らかにした。

電話インタビューでブリッソンは「エフゲニーはスーパー・ロシアン・リーグのマグニトゴルスクにもう1年とどまると決めた」と語った。

マルキンは2004年のNHLエントリー・ドラフトでペンギンズから1巡目指名(全体第2位)を受けた。マグニトゴルスクはマルキンの故郷で、同チームとの契約は2008年まで残っている。

マルキンのマグニトゴルスクとの契約には、契約なかばでチームから離れることができる条項は盛り込まれていないが、来シーズンにマルキンがNHLでプレイしたいのであれば、ロシアでの契約は問題にならないとブリッソンは考えている。

「マグニトゴルスクのオーナーはエフゲニーに好意的で、エフゲニーはもう1年チームにとどまりたがっている。1年後に彼がピッツバーグにいることになる可能性は高い」(ブリッソン)

マルキンは19歳。昨シーズンはマグニトゴルスクで52試合に出場し、12ゴール20アシストを記録した。同チームとの契約年俸は1年で130万米ドルだが、もしペンギンズと契約すれば成績次第でボーナスが加算されるため、ロシアとの契約金よりも多くの年俸をもらうことも可能だった。ペンギンズは2008年6月1日までマルキンと契約する権利を保持するが、権利を放棄することもできる。


::: マルキンがウィンガーなのかセンターなのかもわからない私ですが、今年ペンギンズに入るシドニー・クロズビーと一緒に、ぴちぴちくんパワーでリ-グをひっかき回してほしいと思っていたのに残念。あと1年待つとするか。で、マグニトゴルスクってどこなのさ? 
2004年ドラフト全体2位ってことは、全体1位だったアレクサンダー・オベチキンの次に指名されたということ。この年のドラフトってロシア人がワンツーパンチだったんだね。すごいね。クロズビーも楽しみだけれど、オベチキンのプレイを見るのも楽しみです。
ところでオベチキンで検索かけたら、こんなサイトを見つけた。
http://nhlkorea.net/
よ、読めねー! でも韓国にもいるんだねー、熱いNHLファン。韓国人ってもともとが熱いから、ホッケーナッツの熱さもハンパじゃないんだろうな。
で、このサイトにはこんなバナーもあるんです。
http://nhlkorea.net/bbs/view.php?id=nhl&no=558
これじゃあまるで
「悪の帝国からの手先オベチキン vs 正義の味方シドニー」
みたいじゃんか! オベチキンくん、NHLデビューの際には、スモークガラスちっくなバイザーはやめてね・・・。
フセリウスら3人、スウェーデン代表チームでプレイするのを許される
2005年08月26日 (金) 12:46 | 編集
ストックホルム(AP)-- スウェーデンのアイスホッケー連盟は25日、性犯罪のかどで取り調べを受けた3人のスウェーデン選手が、2006-07年のシーズン以降はスウェーデン代表としてプレイできることになったと発表した。

クリスチャン・フセリウス(フロリダ・パンサーズ)、アンドレアス・リリヤ(デトロイト・レッドウィングズ)、ヘンリック・タッリンデル(バッファロー・セイバーズ)の3人は、今年2月9日に22歳の女性をレイプしたと女性から訴えられ、今年6月1日から1年間、国際試合に出ることを禁止された。

フセリウスら3人は、スウェーデンの法律では性犯罪よりも軽い性搾取の疑いをかけられ、取り調べを受けただけだったが、スウェーデンの警察当局によれば、3人は宿泊していたホテルでこの女性と同意の上の性交渉に及んだとのことである。

特別検察官は6月、3選手が女性にセックスを強要した証拠はないとして、選手たちの容疑を晴らした。


::: ホテルで何があったのかは当事者にしかわからないけど、どうも3人はプロアスリート・グルーピーにはめられた・・・ってとこでしょうか。疑いは晴れたけど、3人は来年のトリノ五輪には出られないわけですよね。テクニシャンのフセリウスがいないと、チーム・スヴァリエにとっては痛いだろうなあ。
8月25日(木)のNHLチームの動き
2005年08月26日 (金) 10:32 | 編集
・フロリダ・パンサーズ
 ロベルト・ルオンゴ(G)の年俸調停で1年3200万ドルの年俸が決定

・キャロライナ・ハリケーンズ
 ロディ・ブリンダモア(C)が新キャプテンに決定
 副キャプテンはコウリー・スティルマン、ケヴィン・アダムズ、
 グレン・ウェズリーの3人

・タンパベイ・ライトニング
 キャプテンのデイヴ・アンドレイチャック(W・9月で42歳)と再契約

・モントリオール・カナディアンズ
 アンドレイ・マルコフ(D)と2年350万ドルで再契約

・オタワ・セネターズ
 新加入のダニー・ヒートリーの背番号が#15に決定


::: 若いんだかフケてるんだかわかんないマルコフは、去年、危篤のお父さんに付き添うため、シーズン後半にロシアに帰ったりしていました。お父さんは亡くなったけど、悲しみをこらえてマルコフは懸命にプレイしていたそうです。今シーズンもハブズのためにがんばれ、マルコフ。ハブズのジャージ、似合わないけどな。
ところでスラッシャーズでは#15をつけていたヒートリーのため、オタワは番号をひっくり返した#51のジャージを用意していました。#15はすでにピーター・シェーファーがつけていたためですが、シェーファーが「ノープロブレムだよん」と快くヒートリーに譲ったので、ヒートリーはめでたく、なじみの#15を手に入れたのだそうです。イケメンな上にナイスガイのシェーファーは、#27をつけることになるそう。
特集:サマーウェディング(6)ペトル・シーコラ
2005年08月25日 (木) 21:53 | 編集
私、にゃおこのオキニNHLerの一人であるペトル・シーコラ(マイティダックス)。
何を血迷ったか(寂しかったのか?)「ベイウォッチ」に出ていた破廉恥ヌード女優と交際しちゃったりしていた彼も、28歳になってついに年貢の収めどき。この夏、祖国チェコで結婚式を挙げました。



ああ、幸せそうだね、ペトル。
でもハレの日でもヒゲも剃らないしチョンマゲもそのままなんだね。
で、愛チンチラPJは写真に一緒にいれてあげないの!?



チェコ語に堪能なじゅりあさんによれば(じゅりあさん、ジェクイヴァーム!)、妻はレナータ、24歳。新妻はまだ学生なのでチェコに残り、ペトルとは遠距離別居婚となるそうです。
妻が学校を卒業するまで、待てなかったのかな。そんなにも、若い二人の愛は燃え上がってしまったのだね。ペトル、お幸せに。

でも悔しいから・・・



ペトルひとりの写真にしちゃえ、へへへ。
脳内でヒゲを剃らせて昔のヘアスタイルにしたら・・・、んー、やっぱりカッコいいね、ペトル。
ライトニング、サンルイと契約にこぎつける
2005年08月25日 (木) 21:17 | 編集
タンパベイ・ライトニングはマルタン・サンルイ(RW・30歳)と6年契約を結んだ。契約金は少なくとも3100万ドルと見られている。

サンルイは2003-04年のシーズン、38ゴール58アシストを記録。リーグMVPのハート・トロフィ、スコアリング・リーダーに贈られるアートロス・トロフィ、そしてNHL選手が選ぶリーグMVPであるレスター・B・ピアソン賞をトリプル受賞した。

ライトニングGMのジェイ・フィースター「これまで何度も言ってきたし、これからも言い続ける。マルタン・サンルイは我がライトニングの heart and soul(心であり魂)であると」

「マーティがこの年俸を受け入れたこと、そして制限なしフリーエージェントの可能性を試すのをあきらめたこと、この二つは、我々のチーム、チームメイト、ライトニングというフランチャイズ、そしてすばらしいファンと深くかかわりたいというマーティの気持ちを表すものだ」(フィースター)

サンルイは1年きりの契約を選び、来シーズン後に制限なしフリーエージェントになることもできた。しかしサンルイは「正当な契約である限り、長い契約のほうを選びたい」と最初から言っていた。

サンルイ「しんどい1週間だったし、しんどい夏だったよ、正直言って。こんなの今まで経験したことなかったしね。・・・契約が済んで、いい気分だ」


::: 「ヴィニー、お前、もらいすぎだぜ」と内心不愉快に思っていたらしいサンルイくん、やっとぼるつと契約。1年500万ドルちょっとで、ルキャヴァリエくんの契約に比べたら、なんだか安すぎのような気がするんだけれども、新サラリーキャップでは全然安いことないんですよね。NHLをずっと見ていると、年俸の感覚が狂ってしまいます。6年契約というのには驚きました。ハートももらったサンルイくんだけど、FA市場で勝負して少しばかり高い年俸をもらうよりは、長くぼるつでがんばりたいと思ってるんでしょう。はびぶーなしでは、ぼるつは以前のように勝てなくなると思うけど、ぼるつの「核」としてサンルイくんにはこれからも気迫あふれるプレイを見せていただきたいです。応援しているからねー。
デビルズがパトリック・エリアシュと1年契約
2005年08月25日 (木) 20:16 | 編集
ニュージャージー・デビルズのパトリック・エリアシュ(LW)はQO(qualifying offer)を受け入れ、チームと1年418万ドルの契約を結んだ。

この契約によりデビルズの年俸総額は4430万ドルとなり、新しく設定された3900万ドルのサラリーキャップから500万ドルもオーバーしてしまう。しかしエリアシュはなお肝炎からの回復途上にあり、シーズンをケガ人リスト入りして迎えることが予想されるため、デビルズはエリアシュの年俸をサラリ-キャップから引いて計上することが可能。


::: 肝炎って怖いんですね。いったいロシアでエリアシュくんに何があったんだろう。私の兄もB型肝炎キャリアなので、いたわってやらなきゃ。
そして心配なのは、キャプテンのすかすちことスコット・スティーヴンズ。2003-04年のシーズン、脳しんとうで苦しんだすかすちは、今シーズンまたプレイするかどうかチームに伝えてないんだそうです。1年たっぷり休んだのだから、また戻ってきてほしい。すかすちのビッグヒットがまた見たいよ。
8月24日(水)のNHLチームの動き
2005年08月25日 (木) 19:49 | 編集
・マイティダックス・オブ・アナハイム
 サミュエル・パールソン(C)と再契約

・デトロイト・レッドウィングズ
 アンドレアス・リリヤ(D)と1年契約

・フロリダ・パンサーズ
 ジャンマルク・ペルティエ(G)と契約

・バンクーバー・カナックス
 マティアス・オールンド(D)と4年1400万ドルで再契約

・ニューヨーク・アイランダーズ
 ジャスティン・パピノー(C)と1年で再契約

・ワシントン・キャピタルズ
 クリス・クラーク(RW)と契約
 ペトル・シーコラ(C)と1年契約
 ※元NHLerのミハル・シーコラの弟で、マイティダックスの
  ペトル・シーコラとは同姓同名


::: 各チーム、地味~に着実~に補強してますが、私が気になるのはウィングズが契約したアンドレアス・リリヤ。すんごい男前のスヴェンスクなわけですが、この人って、同胞のクリスチャン・フセリウスとかと一緒に、婦女暴行の疑いでパクられませんでしたっけ? NHLerって女性に不自由していないはずなので、この事件(NHL版スーフリ?)の信憑性にはちょっと首をかしげてしまうんですけど、・・・がんばってねリリヤ。
特集:サマーウェディング(5)マルティン・ストラカ
2005年08月24日 (水) 23:12 | 編集
現LAキングズのストラカくんは、2001年夏にチェコで結婚式をしました。




妻の名はヴェロニカ・ペリシュコヴァーさん。
横顔が美しい女性ですね。これまたブルネット。
ブルネット好きの私にはたまりません。




式には当時のぺんぎん仲間が参列し、ストラカ夫妻を祝福しました。
左端から一人おいてヤロミール・ヤーガー、ストラカくんの隣はヤン・ハーディナ、ミハル・ロジーヴァル、ミラン・クラフト、そしてヨセフ・ベラーネクの皆さん。
この夏のクールビズ流行を予感していたかのような、やろみーるのいでたちが素敵。
クラフトの遠近法完全無視の顔の小ささも素敵よ~。
スラッシャーズ、ホッサと交換でヒートリーをセネターズにトレード
2005年08月24日 (水) 22:37 | 編集
アトランタ(AP)-- ダニー・ヒートリー(24)は氷上に帰ってきた。そしてあの恐ろしい夜の記憶の中でプレイした。しかしヒートリーはあの夜を忘れることができなかった。アトランタにいる限り、忘れられないのだと思った。

チームメイトのダン・スナイダーを死なせた約2年前の交通事故に、ヒートリーはまだ悩まされている。だからチームにトレードを志願した。スラッシャーズはヒートリーの申し出を認め、歯抜けのスター選手ヒートリーをオタワ・セネターズにトレードした。見返りは点取り屋マリアーン・ホッサ(26)と、ディフェンスマンのグレッグ・デフリーズだ。

スラッシャーズのジェネラル・マネジャー(GM)、ドン・ワッデルは、トレードの相談に最初は驚いたものの、アトランタを去りたいというヒートリーの願いを理解できた。アトランタは、ヒートリーがスピードを出しすぎて交通事故を起こし、結果として友でありチームメイトでもあった男の命を奪った地。なにしろ、事故を思い出させるものが、あちこちにあるのだ。

記者会見でワッデルは語った。「この街にある、あの事故によってこみ上げる感情、それだけなんだけどね。事故が起こった場所を車で通ると、どうしても思い出してしまう。ダン・スナイダーの背番号だった37は、このアリーナに掲げられているし。そういうものすべてによって、ダニーはフレッシュなスタートが必要なんだと信じるようになったんだと思うよ」

ヒートリーのオタワ行きは、ホッサがセネターズと3年1800万ドルの契約に合意したのと同じ日に完了した。ホッサの契約は年俸調停を回避したもので、スラッシャーズにも払える金額だった。制限付きフリーエージェントのヒートリーは、ただちにセネターズと3年1350万ドルの契約を結んだ。

ヒートリーとイリヤ・コヴァルチュックのコンビは、NHL屈指の若手選手二人をスラッシャーズにもたらした。ホッサは2003-04年のシーズン、36ゴール46アシストを記録してセネターズのリーディング・スコアラーとなった。

スラッシャーズはヒートリーの声明を発表した。
「環境を変えたいとチームに願い出ることは、ものすごく難しい決断でした。長い熟慮の末、そして何度も何度も繰り返された家族との話し合いの後で、変化を求めることが最も道理にかなっていると思いました」

ヒートリーの最高のシーズンは2002-03年。41ゴールをきめて89ポイントを稼ぎ、オールスター・ゲームではMVPに選ばれた。しかしその翌シーズンが始まる直前の2003年9月、前途有望だったヒートリーのキャリアは悲劇的にレールから外れたのだ。アトランタの住宅街を走っていたヒートリーのフェラーリはコントロールを失い、レンガの柱と鉄のフェンスに激突。助手席に乗っていたスナイダーは意識不明の重体に陥り、数日後帰らぬ人となった。

第二級車両殺人等の罪を認めたヒートリーは、3年の保護観察の判決を受けた。その他、スピードの出し過ぎの危険性を訴えるスピーチを150回こなすことが課され、運転免許には制限がかけられた。罪を認めたことによる司法取引で重罪(第一級車両殺人)は取り下げられ、刑務所に入ることからは免れた。

事故でヒートリーは深刻な膝の怪我を負った。そのため2003-04年のシーズンは51試合を欠場しなければならなかったが、31試合に出場し、13ゴール12アシストを記録した。しかしロックアウト中、スイスでプレイしていたヒートリーは再び怪我。試合中にパックが左目に当たって骨折し、顔面の手術を余儀なくされたのだ。

ワッデルは言う。2004-05年がロックアウトで中止にならなければ、物事はまた違っていただろうと。「ロックアウトが影響したよ。もし昨シーズン、試合があったら、ダニーはリンクに出ていってばかすか打ちまくっていた。でも1年座ってじっくり考えた。それもトレード志願の一つの理由になったんだ」

ヒートリーの怪我は完治している。昨年と今年の世界選手権をカナダ代表として戦い、昨年は大会MVPに選ばれた。昨年はカナダカップの代表にもなっている。

ヒートリーの代理人であるステイシー・マカルパインは、カルガリからの電話インタビューでこう語った。「ダニーはチーム・カナダのユニフォームを身につけ、チーム・カナダでプレイするという経験をした。ダニーはカナダ人であることを誇りに思っているし、カナダに帰ってくることに大変興奮している」

2001-02年のシーズン、ヒートリーはNHLの最優秀新人賞を受賞。スラッシャーズではこれまで190試合に出場し、80ゴール101アシストを記録している。

スロバキア出身のホッサは、NHL屈指の点取り屋の一人だ。最近5シーズンでは年平均で35ゴール近くを挙げ、2002-03年にはキャリアハイの45ゴールをきめた。

スラッシャーズはまだなおコヴァルチュックとの契約が残っている。コヴァルチュックは制限付きフリーエージェントで、2003-04年のシーズンにはリーグ1位タイの41ゴールを記録した。GMワッデルによれば、スラッシャーズの契約年俸はこれまで30万ドルを少し超えただけなので、39万ドルの新しいサラリーキャップまでにはまだ余裕があるという。

ヒートリーはオタワでフレッシュなスタートを切る。アトランタでの恐ろしい記憶の断片から解放されることを願いながら。

「アトランタでNHLのキャリアを始められたことを幸運に思います。自分はスラッシャーズの一員だったといつでも誇りを持って言うでしょう。マリアーン・ホッサの加入で、スラッシャーズは世界クラスのホッケー選手を獲得したことになるのです。要するにこのトレードは、誰にとっても良いものだったのです」(ヒートリー)


::: ヒートリーのプレイを1度でも見たことがある人なら、彼がどれだけスピードとテクニックを持った才能あふれるホッケー選手かわかるだろう。MVPをもらったオールスターでののびのびとしたプレイは見事だった。見ていて楽しい選手の一人、そして近い将来は必ずハート受賞レースにからんでくるフォワードの一人であることは疑いの余地がない。それだけにスピードの出し過ぎで交通事故を起こし、チームメイトの一人を死なせてしまうというニュースは衝撃的で、とても残念だった。
自分が起こした事故で友人が死に、自分は生き残ってしまった。ヒートリーの苦悩はここにある。アトランタにいると事故を思い出してしまう、だからどこか他のところに行きたい、その気持ちも理解できる。でも、たとえどこへ行こうとも、ヒートリーは一生下ろすことができない十字架を背負っている。新天地オタワでセネターズのために、カナダのホッケーのために、そしてひいてはNHLの発展のために、ヒートリーは才能をフルに発揮してファンに面白いホッケーを見せてほしい。それが暴走運転の犠牲になったスナイダーへの償いであり、ヒートリーを赦したスナイダー家の人々に対する最高の恩返しなのだから。
そしてホッサ。彼もまた数年前、心に深い傷を負った。対トロント・メイプルリーフス戦で、スラップショットを打った後、スティックの先がブライアン・ベラードの目を直撃。ベラードはあわや失明、NHLから引退寸前まで追い込まれた。まさに執念で目のハンデを克服したベラードはNHLに戻ってきたが、リンクを赤く染めたベラードの血は、ホッサにも相当のトラウマを残したに違いない。
ホッサや他の若い選手たちの成長で、NHLのお荷物チームだったオタワは強豪の一つになった。オタワから離れるのは残念だしつらいだろうけれど、ホッサはアトランタでがんばってほしい。イリヤ・コヴァルチュック(左ウィンガー)とホッサ(右ウィンガー)が同じラインでプレイすることになるかも、と私は今から胸をときめかせている。
マイティダックスがルーチンとルクレールをトレード
2005年08月24日 (水) 20:12 | 編集
マイティダックス・オブ・アナハイムは、センターのスティーブ・ルーチン(34)をニューヨーク・レンジャーズに、左ウィンガーのマイク・ルクレールをフェニックス・コヨーテズにそれぞれトレードした。

交換でダックスはトレヴァー・ギリーズと2007年の条件付きドラフト指名権がレンジャ-ズから獲得。コヨーテズからはやはり同年の条件付きドラフト指名権がダックスに行く。


::: 兄の死を乗り越え、黙々と仕事をこなし、2003年のプレイオフではいい仕事をした濃い顔ルーチンがNYRかあ~。トリコロールのジャージ似合うのかしら。そして1996年からずっとダックス一筋だったれくれくがフェニックスへ。ダックスでがんばってきた二人が別のチームに行くなんて、寂しいね。
8月22日(月)のNHLチームの動き
2005年08月23日 (火) 21:17 | 編集
・フェニックス・コヨーテズ
 ポール・マラ(D)と1年契約

・バンクーバー・カナックス
 スティーブ・マッカーティ(D)をシカゴから獲得
 スヴェン・ブーテンション(D)と契約

・ロサンゼルス・キングズ
 ステファン・キャンタルが現役引退を発表


::: あれは1999年・・・、NYRが大型FA契約を次々と結び、お金持ちぶりを見せつけたシーズンオフがありました。契約した選手の中にキャンタルもいました。カナディアンズからルンルン気分でNYRに移ったキャンタルでしたが、そのシーズン、NYRは不振で、彼は「こんなんだったらモントリオールに帰りたい」などと泣き言を言い、ハブズ・ファンから「ハァ?」と呆れられながらも、ほんとに翌年ハブズに戻ってきた、というエピソードを持っています。ケベコワの彼にとってハブズでプレイすることは夢だったんだってさ。カップは獲得できなかったけど、憧れのCHのジャージでホッケーやれてよかったじゃん。お疲れさま。
テーム・セラニのフィニッシュ・フラッシュ・ファミリー・フォト
2005年08月23日 (火) 21:00 | 編集
人格者といえばアダム・グレイヴズかテーム・セラニか。NHLきっての「いい人」という評判のセラニは、すぐれたホッケー選手というだけでなく、よき家庭人でもあるらしい。



妻シルパ、長男エーミルと。
奥さんは目がパッチリで可愛らしい人ですね。

もう一つ画像(あまりいい画像ではないですが)。



次男エートゥ、三男レーヴィも生まれました。
男の子3人! このうち一人ぐらいは未来のNHLerに?
それともパパのカーキチの血を受け継いで、F1レーサーに!?
テーム・セラニがマイティダックスと1年契約
2005年08月23日 (火) 20:54 | 編集
右ウィンガーのテーム・セラニ(35)が古巣マイティダックス・オブ・アナハイムで再びプレイすることが決まった。月曜日にセラニがダックスと交わした契約の内容は、期間が1年で年俸100万ドル。セラニは1996年から2001年までダックスに在籍していた。

1992年にウィニペグ・ジェッツに入団して以来、セラニはこれまでNHLで12シーズンを過ごし、1シーズンの平均ゴール数は37。累計ゴール数は452で、これを上回るゴールを記録しているのはヤロミール・ヤーガーの478ゴールだけだ。セラニはオールスターに9回選ばれている。

「アナハイムに戻れてわくわくしている。すばらしい思い出があるからね。もっとたくさんのいい思い出を作りたい」とセラニは故郷フィンランドのヘルシンキで語った。「こういう仕事をしていると、どこに行くことになるのかわからない。ぼくはアナハイムに帰るんじゃないかって気がしていた」

セラニによれば、どこかはわからないがいくつかのチームが彼に興味を示したという。しかしアナハイム行きは常に第一の選択肢だった。

「ダックスがどんなホッケーをすることになるのか、ぼくにはわかっていた。新しいNHLのルールがぼくにはぴったりくることもね。家族もアナハイムですごく満足すると思う。この契約がきまって嬉しい」(セラニ)

左膝の怪我以来、セラニのホッケーは昔ほどではなくなったが、昨年9月、左膝の手術を受けた。

「膝はNHLに入ったときと同じくらいいい。とてもわくわくしている。調子は100パーセントだよ。またホッケーをするときなんだ。ぼく自身のスピードを使えないと、ぼくは役立たず。今年は自分自身にすごく期待している。自分だけじゃなく、チームにもね。新しいスタートだ。新ルールはホッケーのためになるよ。レッドラインがなければ、もっと速いホッケーになる。特にダックスにはね」

2003-04年、所属していたコロラド・アバランチで、セラニは78試合に出場して16ゴ-ル16アシストを記録。同シーズンのプレイオフでは10試合で3アシストだった。

今季ダックスのジェネラル・マネジャーに就任したブライアン・バークによれば、契約期間が1年なのは「いまの時点でテームが我々のチームにどれだけのものをもたらすか見通しがはっきりしないから」。「膝は大丈夫だと言われた。テームはコロラドではちょっと苦しんだからね。我々のするホッケーと新ルールで、テームはこれから何年もプレイできる。その後の契約はテームの活躍しだいだよ。テームの代理人には、我々は1年きりの契約を考えているわけではないってことをはっきりと言った」(バーク)

今後何年プレイできるか。そんな限界はないと感じているとセラニは語った。「いまは、1年やっていこうと思っている」

2001年3月、ジェフ・フリーゼンとスティーブ・シールズとの交換でサンノゼ・シャークスにトレードされる前、セラニはマイティダックスで394試合プレイした。1996年2月にアナハイムに行く前は、ウィニペグ・ジェッツ(現フェニックス・コヨーテズ)に所属していた。

セラニの394試合で482ポイントは、ポール・カリヤの669ポイントに次いでダックス歴代2位。セラニはゴール数(225)でもカリヤの300に次いで2位で、アシスト数(257)ではカリヤの369、スティーブ・ルーチンの279に次いで3位である。

1999年、セラニはシーズンで最も多くのゴールを記録したスコアラーに贈られるモーリス・ロケット・リシャール・トロフィを受賞。1993年にはコルダー・メモリアル・トロフィ(最優秀新人賞)にも輝いた。


::: まさかダックスに出戻るとは思わなかったよ、セラニ。それにお給料の安さにもビックリ。この年俸ならオイラーズでも契約できたんじゃないの・・・なんてね。セラニはオレンジ郡がとても気に入っていて、サンノゼにトレードになった後もアナハイムの豪邸を手放さず、引退後はアナハイムに住みたいと言っていたので、彼にとっては念願の帰還だったのかも。
コロラドでまた一つになれた愛するポールとは、再び離ればなれ。でも同じカンファレンスなので、時々会えるね! 会えない時間が、愛育てるんだよね!
チェコのデンジャラス・ビューティー
2005年08月23日 (火) 00:38 | 編集
ヤロミール・ヤーガーといえば・・・



この写真。ミス・クラドノ、ヤロミーラ・ヤグロヴァーでーす(笑)。

ペンギンズ時代は、のどかでなんちゃってなチームの雰囲気に流されたのか(それでもペンギンズ強かったんだけどね)、女装してミスコンに出たり、ホワイトハウスでヒラリー・クリントンに踊りを申し込もうとしたり、くすっと笑えるエピソードをいっぱい残してくれた純朴やろみーるでした。
ヤロミール・ヤーガー、チェコの「プレイヤー・オブ・シーズン」に選ばれる
2005年08月23日 (火) 00:11 | 編集
プラハ(AP)-- ニューヨーク・レンジャーズのフォワード、ヤロミール・ヤーガー(33)は、チェコ共和国の「プレイヤー・オブ・イヤー」に選出された。ヤーガーがこの賞に選ばれたのはこれで6回目。

「プレイヤー・オブ・イヤー」はスポーツ・ジャーナリストとホッケーのコーチで構成される委員会が選出する。次点はトマーシュ・カベルレとトマーシュ・ヴォクーンだった。

NHLのロックアウトで2004-05年のシーズンが中止になり、ヤーガーはまず故郷クラドノのクラブでプレイ。11月にロシアのオムスクに加入し、同チームのヨーロッパ選手権優勝に貢献した。

5月はチェコ代表として2005年世界選手権で優勝。スタンリー・カップ獲得、五輪金メダル、そして世界選手権優勝の「三冠」を成し遂げた15人目の選手となった。

 後ろにペトルもいる!

::: 私が「NHLぅ? もうどうでも・・・いいかな?」なんて半ばやさぐれていた間も、やろみーるはロシアでチェコで、そしてオーストリアで、相変わらずの天才ぶりを発揮していたのね。さすがです。
今季もやろみーるは NYR でやるのだろうか。そして NYR といえばパヴェル・ブレはいま何処・・・。
特集:サマーウェディング(4)ヨハン・ヘドベリ
2005年08月22日 (月) 20:02 | 編集
「ムース」の愛称で親しまれているスウェーデン出身のヘドベリ。美形が多いNHLゴーリーの中でも屈指のイケメン・ゴーリーです。
彼の挙式も子連れでした。北欧では子連れウェディングがデフォルト・・・?



新妻パニラと弾ける笑顔のヘドベリたん。カッコええ~。
ブルネット美人のパニラさんが腕に抱いているのは長女のモリーちゃん。

で、モリーちゃんの現在。
       ↓


パパにそっくりだよ、オイ! 次女のウィルマちゃんも生まれてました。末っ子ちゃんの名前は調べたけどわかりませんでした。
ウィルマちゃん、まだ小さいのにこの美少女オーラ。成長が楽しみ。
特集:サマーウェディング(3)ニクラス・スンドストロム
2005年08月21日 (日) 01:55 | 編集
北米の某ミーハーホッケーサイトで、「最もイケメンなNHLer」に選ばれたニクラス・スンドストロム(いまはカナディアンズ?)。
スウェーデンの王位継承者ヴィクトリア王女も彼のファンで、二人は付き合っている!なんて噂が流れたことも(スンドストロムは『ただの友達』と交際を否定)。



そんなロイヤルな噂を立てられた色男スンドストロムの、結婚のお写真がこれ。
ひえ~、正真正銘の美男美女のカップルで、なんだか後光すらさしているような錯覚に陥ります。美しすぎます、二人とも。
奥様のジェニーはモデルで、元ミス・スウェーデンの噂あり。
こんな綺麗な配偶者が家にいたら、お互い毎日楽しくって仕方ないんじゃないのかな。

・・・なんか北欧の結婚式ばっかですね。
特集:サマーウェディング(2)サク・コイブ
2005年08月21日 (日) 01:43 | 編集
モントリオール・カナディアンズのキャプテン、サク・コイブは生まれ故郷のトゥルク(フィンランド)で結婚式を挙げました。



ハブズの皆様ははるばる大西洋を渡ってお祝いにかけつけたんだそうな。
妻ハンナは医者の娘で旧姓Norio。ノリオ。意外と小柄。
サクと同じくトゥルクの出身で、サクとは結婚する数年前からの知り合い。
サクが長年の恋人ティーアちゃんと別れた夏にトゥルクのバーで再会、
交際が始まったと、カナディアンズの雑誌でサクは語っていました。

サクのホヂキンス病と一緒に闘った二人だから、結びつきは強いわな。
二人には昨年12月、長女のイローナちゃんが生まれています。
特集:サマーウェディング(1)ダニエル・アルフレッドソン
2005年08月21日 (日) 01:19 | 編集
NHLのシーズンオフは夏。なのでNHLerは夏に結婚式を挙げます。
ネットで拾ったNHLerたちのハッピー・サマー・ウェディングの画像をご紹介。

まずはオタワ・セネターズのキャプテン、ダニエル・アルフレッドソンから。




こんな馬車に乗ってやって来た新婚さん。
さすがスウェーデン、うーんロマンチック。




息子ヒューゴくんを抱いた新妻と。アルフィー幸せそうです。
妻の名前は Bibi Bachmanというのですが、やっぱりスヴェンスクなんですかね。
やっぱり未婚で恋人に子供が生まれたマグヌス・アルヴェッドソンは正式に結婚したのかな。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。