さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オイラーズ@カナックス
2003年12月27日 (土) 09:52 | 編集
** 今日のオイラーズ **

@カナックス 6-2 快勝!!

エドモントンのホテルで、ものすごく久しぶりに見る CBC「Hockey Night in Canada」。

相手はディビジョン1位(=強い)のカナックスです。

1ピリ早々にブラッド・メイがスコアして、もうこれ以上はないというくらいに盛り上がる GM プレイスに反比例するがごとく「ああ、今夜もダメ?」と、もうこれ以下はないというくらいに盛り上がる私のムード。

しかしナイスセーブを連発するトミー・サロりんに応えるように、オイラーズ踏ん張りました。まずマイク・ヨークくんがすんばらしいショートハンド・ゴール! カナックス双子のかたわれダニエルが勝ち越しゴールをきめると、すかさず男前ジャレット・ストルが同点ゴール!

途中、「ぎゃ~、いりがカナックスでプレイしているぅ!」(←まったく知らなかった、まだウィングズにいると思っていた)という私の悲鳴を挟みつつ、イスビスター、ドヴォジャーク、ライアンすみってぃ、そしてアレシュ・ヘムスキーと、なんと5連続ゴール! ベッドの上でひとり飛び跳ねていましたよ、私!

試合後のインタビューは、サロりん。彼は汗だくで、「3日オフがあったのがよかったと思う。屋外試合の後、うちはいい試合をしていなかったけど、休養も取ったし、これから巻き返していけると思う」と語っていました。

ところでこの試合、カナックスは昔のデザインを復活させたジャージを着用でした。それが・・・、なんともいえないデザインで、うーん、うーん・・・。
スポンサーサイト
オイラーズ@フレイムズ
2003年12月23日 (火) 09:50 | 編集
** 今日のオイラーズ **

@カルガリ 2-1 負け・・・

うーん、また勝てなかった。カルガリのゴーリーのミーカ・キップラソフ、もうノリノリですね。シャークスにいたときは、端正だけどもどこか寂しげなゴーリー、という印象しかなかったんですけど。

あーん、オイラーズ弱いよう。GM 様、監督、なんとかテコ入れしてください・・・。
カナックス@オイラーズ
2003年12月20日 (土) 09:48 | 編集
** 今日のオイラーズ **

vs バンクーバー 3-0 負け・・・

はあ~、シャットアウト負けですがな。これでホームでの最近8試合のうち、1勝しかしていないことに。なんでこんなにカナックスに弱いかな。

ディフェンスマンのスティーブ・ステイオスさんは、「順位表で自分たちが何位にいるか見るのに遅すぎることはない。これから勝っていかなくちゃならない、まちがいない」と言っています。それはわかっているんだけどさあ。頼むよ、オイラーズ。

ところでマイクこめかみキーンがカナックスにいるという事実を今日初めて知りました。キーンはこれまでハブズ、あばらんちーず、スターズでカップを取っていて、足首に3つのカップのタトゥを入れていることで有名ですけど、もしカナックスで4つ目のカップを取ったらすごいな。
ワイルド@オイラーズ
2003年12月18日 (木) 09:46 | 編集
** 今日のオイラーズ **

vs ワイルド 1-1 引き分け 

試合残り1.9秒で、ブラッド・イスビスターが劇的な同点ゴオオオーーール! でかしたよ、イスビスター。ううう、よかった、負けなくて。
オイラーズ@キングズ
2003年12月16日 (火) 09:45 | 編集
** 今日のオイラーズ **

@キングズ 4-2 負け・・・ 

この試合でオイラーズはフランチャイズ記録を樹立しましたー!(ぱちぱち)

その記録は、「13試合連続でパワープレイゴールをゆるしました」レコード。ペナルティキル率はたったの72.2パーセントだそうでーす!(もうヤケクソ)

ベテランのアダム・オーツは、オイラーズのお粗末なペナルティキルについて「なぜなのか答えは見つからない。何かがおかしい」と首をひねっている様子。オーツ、あんたのベテランパワーでなんとかしてくれえ~~!
オイラーズ@マイティダックス
2003年12月14日 (日) 09:41 | 編集
** 今日のオイラーズ **

@マイティダックス 3-2 勝ち!! 

ほとんど歴史的ともいえるペナルティキルの悪さを記録しながらも、なんとかラッフィ・トーレスの決勝ゴールで勝てた模様です。

今日のゴーリーはタイ・コンクリンくん。ダックスにいるジェイソン・クローグくんとはニューハンプシャー大学で同じ釜の飯を食った仲です。こんすまいすジゲールと渡りあって勝ってくれました。お疲れさま~!

最近11試合でやっと2勝目と不調のオイラーズ、この勝利でディビジョン4位へと浮上。カンファレンスでは9位です・・・。
ブルーインズ@キャピタルズ on NESN
2003年12月11日 (木) 09:39 | 編集
先制はしたものの、2マンアドバンテージでボンドラさんにゴールきめられ、続くパワープレイでやろみーるにスコアされ・・・、サイレンが鳴り響く中しょぼんと落ち込みまたゴールをゆるしてダメ猫ぶりを発揮したぽとびゃんはさっさとアンドリュー・レイクロフトと交代させられてしまいましたとさ。

最初からピリッとしないぽとびゃんに比べて、レイクロフトはなかなかシャープだったので、マイク・サリバン、アンタなんで先発でレイクロフトを使わないのかと(怒)

3-1から追い上げて、6人攻撃でもスコアして6-5でちゃぐまは負けたわけですが、この1点差というのが、キャピタルズのペナルティショットでした。

ゴール前でのごちゃごちゃの中で、ちゃぐま選手がクリース内でパックを手で押さえた、というのが PS が与えられた理由だったみたいなんですけど、そんなに長い間パックを隠していたかな・・・?と疑問。

試合後、NESN の実況担当さんたちは、「不当なペナルティショットによってブルーインズは敗れました」と憤慨していたのでした。

ってか最初の2マンアドバンテージというシチュエーションを作ったちゃぐまがそもそも悪いんじゃん。

自業自得です。

------

その裏ではレッドウィングズ@シカゴ on ESPN。毎週木曜日の夜は ESPN で NHL の中継があるんです。

シカゴも観客減に苦しんでいるとかいう話ですが、この日はびっちりお客さんが入ってました。レッドウィングズ様様ってとこなのかな。

3ピリにブラックホークスが勝ち越しゴール。決めたのはカナックスの「やる子」(by 加藤美貴子さん)ことヤルコ・ルートゥの弟トゥオモ・ルートゥ(←お兄ちゃんより数倍イケメン)。

しかしタレント揃いのレッドウィングズは、すぐに同点ゴールをきめ、このルーキーが今夜のヒーローになるのをいとも簡単に阻みました。

ワンタイマーで叩いたしゃにーもすばらしかったが、私はリンクを横断する絶妙なパスをしゃにーに送ったパヴェル・ダツック、彼のセンスに拍手を送りたい。ダツックがウィングズでゴール数とアシスト数でトップというのもむべなるかな、という気がしました。

結局試合は OT へともつれこみ、ブラックホークスの若手マーク・ベルのゴールで決着がつきました。ディフェンスマン二人をひきずりながらもパックをネットに押し込んだベルがすごいのか、なんかあっさりゴールをゆるしたクージョのポジショニングがまずかったのか・・・!?

やる子弟にかわってヒーローとなったベル、インタビューに登場。緊張しているのか根が真面目なのか、笑顔はなし。ベルの顔ってどこか東洋ちっくで、私、大好きなんですよ。でも髪は前のように長いほうがいいかなあ。

あと私は、ウィングズのマシュウ・シュナイダーの守備と攻撃がけっこう好きです。この人っていまの NHL に二人しかいないユダヤ人(もう一人はキャピタルズのジェフ・ハルパーン)。ユダヤ代表としてがんばってほしいですね。スティーブ・ドゥビンスキーはどこ行っちゃったんだろ・・・。
ブルーインズ@パンサーズ on NESN
2003年12月10日 (水) 09:37 | 編集
1-1の同点でした。テッド・ドナトおじさんが決めたショートハンド・ゴールで、やっとこさタイにできたちゃぐま。

ちゃぐまベンチで仏頂面のマイク・サリバン(監督ね)、この人ってオギャーと生まれてから一度でも笑ったことあるの?ってくらいコワいんですけど。

それとは対照的にドナトの親父スマイル、輝いていましたよ。いいわあ~。

びっくりしたこと:パンズのキャプテンがこぶたオッリ・ヨキネンであること。(チーム・スオミじゃ嫌われ者らしいのに・・・)

やめてほしいこと:ジェイ・ボウミースターくんの長髪。短いほうが断然いいぜ!

胸が引き裂かれそうだったこと:パンズのベンチにいた控えゴーリーが元ちゃぐまのスティーブ・シールズくんだった!(わさわさ髪が似合っていて相変わらず男前でした・・・)

やっぱりなのね、なこと:オフィスディーポセンターのガラガラぶり。このチームの経営は大丈夫なのかと、本気で心配。

------

その裏ではレッドウィングズ@セイバーズ on ESPN2。

ハシェック先生バッファローに帰郷(!?)をあてこんでの放送スケジュールだったのでしょうけど、残念ながら先生はケガのためお休み。

その代わりに登場したのがクージョですからね・・・。

試合には7-2で快勝したけど、試合後の「ヘルメットこつん」のとき、ウィングズ選手陣に笑顔があまりなく、どこか遠慮がち、っていうかなんとなく冷たい印象を受けたのは私だけかなあ。

うしのほうもマルタン・ビロンくん&ミカ・ノロネンが仲良く故障中なんだそうで、ローチェスターから急きょ呼ばれたライアン・ミラーくんが先発でした。

ウィングズのほうには、昔ブラックホークスにいたケヴィン・ミラーがプレイしていたので・・・、なにげに今日の試合、

従兄弟対決

だったわけですね。

ケヴィンはかつてキャピタルズで活躍していたケリー・ミラーの弟であり、いまキャピタルズにいるキップ・ミラーのお兄さんであります(ややこしいな)。ケリー、好きだったなあ。今どうしているんだろう。
ペンギンズ@カナックス
2003年12月09日 (火) 09:32 | 編集
ペンギンズ@カナックスの試合でゴールをきめたディフェンスマンのドレイク・ベレハウスキー(元オイラーズ)。

喜びにあふれる彼の笑顔、前歯が1本抜けているので、ちょっとマヌケっぽかった。

よりによってド真ん中の歯がぽっかりないんです。 ホッケー用語でいえば、センターアイスの歯が欠けている。

ナッシュビル時代は、カントリー音楽界屈指の美女(ミンディ・マクレディ)と付き合っていたドレイクが・・・、

センターアイスぽっかり。

ううう。

歯をいれてイケメン度上げたほうが、見に来る女性が増えて、低迷するピッツバーグの観客動員に貢献できるんじゃないかと思うのですが。

ってかいつの間にかストラカくんまでもが LA にトレードされていなくなっちゃっていた事実に、にゃおこがっくり。

ペンギンズ、3年前の来日時からメンバー総入替えって感じですね。ラウッカネンもいないしさ。

-----

** 今日のオイラーズ **

対ハリケーンズ 3-2 負け 

お尻が痛くて1か月間休んでいたサロりんが復帰するも、1ピリにマーティ・マリーに2ゴール献上、ヴァディム・ヴルバタのゴールが決勝点となって敗北~。

超負けず嫌いで知られるサロりん、「どんなふうにゴールをゆるすとかは問題じゃない。1ピリに2ゴールとられたら、追いつくのは大変なんだよ」などと語っていたそう。マリーの2点は、いったいどんなゴールだったの?

これでオイラーズ、最近8試合の成績が1勝6敗1分となりました。ポイント数でもワイルドに追いつかれちゃいました。アハハハハ・・・。
セネターズ@ブルーインズ on NESN
2003年12月08日 (月) 09:30 | 編集
2-2の同点でした。

相手からパックを奪ってそのままゴールをきめたグレン・マリー、すんばらしい~! (LA 時代はしょぼいイメージあったのに・・・)

前科がつくという人生の汚点にもめげず、今日も張り切っていたキャプテンちゃぐま・ジョー。 やっぱ頼れるぜ、ジョー。今季も頼むぜ、ジョー!

オタワはやっぱりぴちぴちイケメンが多くて、今日の NESN の中継の画面は、なんとはなしに「キラキラ☆」していた気がしたのでした。

キラキラおたわ。特にスペッツァくんとハヴラートくん、カッコいい。 今季こそカップ取ってほしいわ~。っていうか給料はちゃんと出てるのでしょうか。

それより今季初めてまともにホッケーの中継を見たので、目がパックの速さについていけなかった・・・。訓練が必要だと、ひしひしと感じました。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。