さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハシェックが(久々に)『神』になった日
2002年05月29日 (水) 11:02 | 編集
アバランチ@レッドウィングズ第6戦 on ESPN。崖っぷちウィングズが2-0であばらんちーずに勝ち、このシリーズはついに第7戦までもつれこむことに。

今日の勝因は、ハシェック先生のスーパーゴーリーぶり、これに尽きます。随所で見せる神がかり的なファインセーブの数かずには、4年前の長野五輪での神々しさがオーバーラップしました!

対する俺様ロワ、ゴール前のごちゃごちゃからパックをつかみ、「どうだ、セーブしたぜ!」とグラブを高々と上げたのですが、実はパックはその中に入っていなかったのです。氷の上にあったパックを押し込み、しゃにーが先制点!

ロッキー山脈より高いプライドをお持ちと評される俺様、自らのお間抜けぶりがあまりに恥ずかしかったのか、ゴールを入れられた瞬間、うつむいて両手で頭を抱えてしまいました。あんな俺様、私は初めて見たわ・・・。

ウィングズの2点目は、テイクアウェイからのダレン・マッカーティのゴールでした。トップスピードからのスラップショット、前に何の障害もなかったのに俺様がキャッチできなかったほどの威力だったのでした。

試合は全体を通して烈しい攻防が続き、たいへん見ごたえのあるものでした。でもオッドマンラッシュ、いわゆる3オン2とか2オン1はウィングズのほうが圧倒的に多かったし、今日はウィングズの完勝と言っていいかもしれませんね。

そしてハイライトは、3ピリ、あばらんちーずのパワープレイの場面でやってきました。突然、「ハシェックのスティックを調べろ!」と命令するぼぶぼぶハートリー。規定より長いスティックを使ってるんじゃないか、というのです。

しかしスティックは違反ではなく、「イチャモンをつけた」という理由で、逆にあばらんちーず側にペナルティが課されたのでした。スティック検査が終わると、ハシェック先生はレフのところへ自ら赴き、ブロックをつけた手を小刻みに動かして「早くスティック返せ!」のジェスチャー。いやー、笑いました。

このあばらんちーずの要求についてバリー・メルローズは、
「ウィングズにペナルティが課されなくてよかった。ホッケーはスティックのペナルティで試合が決まるスポーツじゃない、ゴールで決まるべきだ」
と何度も力説。

バリーちゃん、93年のプレイオフでの敗退がまだトラウマになっているのね。ああマーティ・マクソーリーは今どこに・・・。

実は3ピリにはもう一つハイライトがありました。今日のレフ、ケリー・フレイザーの後頭部にスティックが当たり、フレイザーがうつ伏せでリンクに倒れたのです!(お客さんはもちろん大喜び!)

フレイザーは立ち上がり、あばらんちーずのベンチへ駆け寄って、パックリ傷の手当てを受けていました。根強いヅラ疑惑があるフレイザーですが、どうやらあのスプレー頭はヅラではないみたい。

これを機会に、ヘルメットかぶってくんないかな、フレイザー。(だってあの頭、見ていて実にうっとうしいんだもん)

チェリーの後頭部から手をかけてヘルメットを目にかぶせるように動かしたり、スティックの先で相手のお腹をどついたり、見えないところで相手を殴ったり。リプレイで明らかになるほしゅべりさんの悪行の数かず。

ほしゅべりさん、長期休養してもプレイスタイルは変わらないようですね。相変わらずいっちょ目だし、鼻水もたれてるし。くすっ。

とりあえず、今日もカッコいいあいざまんがたくさんカッコよく映ってくれたので、それが嬉しかったです。

ところで、あばらんちーずはプレイオフの「第7戦」にめっぽう強く、最近の4戦、負けたことがないそうじゃないですか!

その一方で、ウィングズがプレイオフで第7戦を闘うのは、実に6年ぶりのこと。96年、対ブルーズのシリーズで、第2OTであいざまんがゴールをきめて勝った試合以来だそうです。だ、大丈夫なのかな・・・(ちと不安よ)。

それから、いまESPNで「CUP CRAZY!」のCMが流れてます。ウィングズ、あばらんちーず、ケーンズ、リーフスの今季プレイオフでの名場面をまとめたものなんですけど、相変わらず編集が超うまく、見ているだけでワクワク興奮してくるような作り。さすが!

そのCM、最後はウィングズのダレン・マッカーティがアリーナの廊下で息子と抱き合っている場面で締め。ウィングズのホームジャージを着て嬉しそうにダディとハグハグする息子が、め~~~~っちゃ可愛い!

息子、顔はマッカーティにそっくりなのに、なぜあんなに可愛い!? ああ遺伝子って不思議。
スポンサーサイト
ジョーに投げられるタコはいつ見てもまずそう
2002年05月18日 (土) 10:59 | 編集
アバランチ@レッドウィングズ第1戦 on ABC。見たのは3ピリから。

おハルさんことブレット・ハルのゴールで追いつき、意気上がるウィングズ、ダレン・マッカーティのまさかまさかのハットトリックで、あばらんちーずを粉砕しました。

ハットトリックを決めた後、「やったー!」とばかりに前身でぴょんぴょん跳ねてベンチのほうへ行くマッカーティ、かわいかったですね。1、2本目のスラップショットはお見事でした。

ベンチでマッカーティをねぎらうウィングズの皆さんの表情の明るいこと。いちばん明るく無邪気な顔をしていたのはリュック・ロビタイユ。マッカーティの頭をぽんぽん何度もたたいたりして、きゃー、リュック~! 私もあんなふうにぽんぽんされたい!

逆転した後、そしてハットトリックの後、お約束のように現れた生きたタコ。タコはプレイオフ限定のウィングズのシンボルです。帽子を集める役の男性が、タコをぶんぶん振り回してお客さんを煽っていました。

いつも思うことだけど、お客さんたちはどうやってタコをジョーに持ち込んでるんだろう? 生だからクサいと思うのですが・・・(もしかしてジョー側から『これ投げて』と依頼されてるとか!?)。

3ピリ終わり頃になってから、アレックス・タンゲイくんがゴールしましたけど、まさに焼け石に水でした。タンゲイくんのおくちはやっぱり『◇』型・・・

ウィングズの選手を引きずって倒した後、その選手を上からぐいぐいしていたピーター・フォシュベリ。そのほしゅべりさんに仕返ししようとしたチェリーが、ヒーローに見えたです。ペナルティボックスでメットをはずす髪フサフサのチェリー、素敵!

ところで、毎年変わるウィングズのプレイオフの合言葉、今季は「Let'em See Red!」なんですね。これって、「ヤツらに赤を見せてやれ!」(直訳)→「ウィングズ魂見せてやれ!」(意訳)→「血の雨降らせてやれ!」(アカデミー●版訳)ってことなのでしょうか。
ハリケーンズ@カナディアンズ:ほんとに一行でいってみよう
2002年05月09日 (木) 10:56 | 編集
左のスラップショットが強烈、ベイツ・バタグリアは超めんこい。

ジェフ・オニールは、やはり女たらしっぽい。っていうかぶっといネックレスやめれ。

ロン・フランシス様はシブさの頂点に立っているので、「東山文化ロニー」と呼びたい。

髪を切ったケーンズ監督ポール・モリースには、中間管理職の悲哀ただよいまくり。

そのモリースとハブズ監督ミシェル・テリエンは、なんとなく感じが似ている。

こぶたこぶたってバカにしてたのに、いつの間にかテリエンを好きになっていた自分がいた。ブヒーッ。

ヤニック・ペローとマシュウ・マッカノヒーの間にはほんとうに血のつながりがないのか、DNA鑑定を要求したい。

ずっとヘルシー・スクラッチくらっていたハブズのセルゲイ・ベレジンは、試合に出て弾けていた。

ハブズ#25チャド・キルガーのパパがカナダの国会議員というのは、まぎれもない事実である。

ハブズ#90ジョー・ジュノーが航空学の学位を持っているというのも、まぎれもない事実である。

ハブズ#28カール・ダイクハウスが、5か国語ペラペラというのも、まぎれもない事実である。

ハブズ#93ダギー・ギルモアの妻が、もともと売れないモデルで、トップレスもどきで広告に出ていたのも、まぎれもない事実である。

ケーンズのブレット・ヘディカンの妻があのクリスティ・ヤマグチというのも、まぎれもない事実である。

ハブズ・ファンである私が、ハブズのベンチにいるアンドレアス・ダッケルとサク・コイブの見分けがときどきつかないというのも、まぎれもない事実である。

第3戦の後、モルソン・センターの心ないお客さんが、バナナの皮をリンクに投げ入れて黒人ゴーリーのケヴィン・ウィークスをからかったのも、まぎれもない事実。

ただただ、悲しい・・・。エンピツくんウィークス、気にしないでガムバレ!
おお、ガラスの向こうにヘソ出し美女が!
2002年05月03日 (金) 10:38 | 編集
カナディアンズ@ハリケーンズ第1戦、私が見始めたらすぐケーンズがフランシス様のゴールでリードして、2点目も入っちゃいました。ケーンズにはポストに当たった惜しいショットもあったので、実質には3-0かな? 次、がんばってねハブズ。

2点目入ったら、イライラしているのか、そのへんにいたロディことブリンダモア~にいきなりパンチをしていたジーノ・オジック。やめとけ。ところでこの人、未婚なのに子供が5人もいるそうですね。

グリーンズボロ時代は常に観客6千人(それも水増しして)だったケーンズですが、今日の試合は3階席まで満員! さすがプレイオフ!

しかし気になるのは、1階席の要所要所に配置されている、ヘソ出しルックのケーンズ・チアリーダーたちです。金髪でナイスバディ、まるでレースクイーンみたい。ニコニコ笑ってポンポンを振るお姿には、女の私でもクラクラしちゃいました。

*結論:ローリー・アリーナに来ている人のうち80%ぐらいは、ケーンズのホッケーではなく、パツキンチアガールがお目当て。

*推論:プレイオフ第1ラウンドでデビルズがケーンズに破れた原因は、チアガールたちのフトモモとヘソに気をとられていたからである。

しかし彼女らの一人とジェフ・オニールが交際してたりしてたら、ものすごーくイヤだな。でもありえそう。ジェフ、女たらしっぽいし・・・。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。