さんくちゅありホッケー BLOG
NHL ニュースを中心としたアイスホッケー情報のブログです。 (Since 08/09/05)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超残念! プロンガー&マッキニス、オールスターに欠場が決定
2001年01月29日 (月) 13:45 | 編集



セントルイス・ブルーズのキャプテン、クリス・プロンガーがヒザの手術のため、この週末にデンバーで開催されるオールスター・ゲームを欠場することが決まりました。(代わりとしてカナックスのエド・ジョヴァノフスキが初出場)

去年のリーグMVP、スターターにも選ばれた人気選手のプロンガーの欠場はNHLファンにとってすごく残念なことなんですけど、さらに追い討ちをかける事態が発生・・・。

プロンガーのディフェンス・パートナーでもあるアル・マッキニス(キにアクセント)が、先のシャークス戦でスコット・ハナンのスティックにより目を負傷し、約1週間のケガを負ってしまったからなんですー。

まぶたを切ったマッキニスが、噴き出る血をぬぐいながらベンチへ戻るシーンは、やはり12月30日にコヨーテズのラディスラフ・スシーのハイスティッキングで目をケガしたパヴォル・デミトラの悲劇をプレイバックしたもののようだったとか。

このケガにより、マッキニスのオールスター欠場がほぼ確定しました。

うあ~、なんてことじゃ! マッキニスといえば殺人的なスラップショットが売りで、オールスターのスキルコンペティションの花形であるハーデスト・ショット部門の優勝候補筆頭。

毎年、「今年もハーデストはマッキニスの勝ちか?」「今年のハーデストでマッキニスのショットは時速100マイルを超えるか?」がオールスターでのファンの注目を集めるだけに、彼の欠場はNHL的に痛いでしょうね。

ハーデスト・ショットのとき、ヨユーしゃくしゃくに見せながらも、実はけっこう緊張してるっぽくパックを叩くマッキニス(キにアクセント)。いちばんいい記録を出せたら、嬉しそうというよりも、ホッとした表情を見せるマッキニス(キにアクセント)。

そんなマッキニスが今年は見られないなんてえ~~~~。うう。プロンガーの欠場も含めて、チョー残念だわ。

一瞬、「これで去年2位だったジョン・ルクレアにスポットライトが当たるチャンスっ!」と思ったけど、ルクレアっちは今年、オールスターに選ばれてないしさ。うまくいかないものだわね。

でも、これで今年は新たなハーデスト・ショット王が生まれることは確実なので、それを一つの楽しみにオールスターを見ることはできるかも。(レッツポジティブシンキング!)

さてプロンガーのほうは4週間から6週間、試合に出られなくなるそうです。「Prongs(プロンガーの愛称)とAl(マッキニス)がいないぶん、オレたちががんばらないと」とチームメイトたちは言ってます。

でも知らなかったんですけど、いまブルーズってケガ人多くてボロボロなんですね。マッキニス、プロンガーくんの他にも、

*パヴォル・デミトラ(目)
*ミハル・ハンズーシュ(内臓を手術)
*ルボシュ・バルテチコ(足首)
*ショーン・ヒル(股関節)
*ヨッヘン・ヘヒト(斜筋・・・って、筋ちがいか何か?)
*ブレント・ジョンソン(ヒザ)

と、まさにあらゆるケガのデパート状態、しかも名物スロヴァック・パック全滅状態! 必死でリーグ首位のアバランチを追っかけるブルーズにとって、第1ラインとプロンガー&マッキニスの欠場は痛いところです。

それでもブルーズ、強いけどね・・・。ピエール・タージョン、がんばってます。

ところでデミトラ、マッキニスと、相手選手のスティックが原因で目にケガを負う事故が続けて起こったことで、ブルーズ選手の中でいまバイザー装着が流行り始めているそうです。

バルテチコはすでにバイザーをつけ、デミトラも復帰の暁にはまずフルフェイスのシールドを着用し、その後バイザーに移行する予定なんだとか。

偉大なるゲルマン魂を持つヨッヘン・ヘヒトも「オレもいずれはつけるべきなのかな~」と迷っているらしい。ヘヒトぐらい男前なら、バイザーもきっと似合いますね。

なんでもいいけど、プロンガーとマッキニス、そしてスロヴァック・パック、早く試合に戻ってきてえ~~。
スポンサーサイト
火のないところに煙はナントカ・・・ トレードの噂いろいろ
2001年01月24日 (水) 13:27 | 編集
しかしNHLっていうのは、トレードが大好きなリーグですね。

ホッケーがケガをしやすいスポーツなので、選手の補充もひんぱんにしなくちゃいけないから仕方ないのかもしれないけど、「いい加減にしてよ!」とイラつくこともしばしば。

今週の「The Sporting News」にも、トレードなどの噂を追う記事が載ってました。 中には、「それはいくらなんでもないのでは?」と呟きたくなるものも。

◆フィリーのジョン・ルクレアは、チームに対して「この夏FAで勝負したいので、もうフライヤーズとは契約しない」と言い渡してあるらしい。背中のケガのため、今季たったの8試合しかプレイしてないけど、シーズンオフには完治するハズだと強気なルクレア。3月13日のトレード締め切り日までに、フライヤーズがルクレアっちをトレードに出すかどうかが注目されます。

◆先頃の対レンジャーズ戦で親指を骨折し、全治8週間と診断されたカナディアンズのブライアン・サヴェイジも、トレードされるのではないかと噂されてます。 「サヴェイジなら欲しい」というチームがたくさんあるらしい。行かないでえ~、どこにも。

◆コヨーテズのキャプテン、キース・カチャックがチームから出されることは、もはや濃厚らしい。 こよーて側は、カチャッキーのお給料(8億3千万円!)を浮かしたいと躍起なのです。カチャッキーは5試合の遠征に出る前、自分の代理人に「もしもに備えて、たくさん荷物を詰め込んだ」と語ったそうです。

◆「もう負けることには飽き飽きだし、疲れた」。 マイティダックスのテーム・セラニが最近語った言葉がこれ。セラニはタンパベイぼるつなどのチームに行かされることを恐れ、自分からトレードしてくれとは言うつもりはないとも友人に語ったらしい。でもセラニがダックスでいらいらし、ダックスから出ていきたがっていることは間違いない。

「楽しくないよ。何があっても、一つにまとまってポジティブでいようってみんなに言うけど、そうすることは難しい。勝つことがすべて。勝てなかったら、いい気分や気概を持ち続けることは難しいんだよ」(セラニ)

◆プレデターズが控えゴーリーのトマーシュ・ヴォクーンと契約することによって、正ゴーリーのマイク・ダナムを放出するのでは、という見方がもっぱら。 プレッズにはドラフト1巡目指名のブライアン・フィンリーがいますしね。すでにカナックス、キングズ、ペンギンズ、ブラックホークス、レンジャーズがダナム獲得に興味を示しているらしいです。

◆ペンギンズはコヨーテズのゴーリー、ショーン・バークも欲しいと思ってるらしい(欲張りさんね!)。グレ様とその他のオーナーたちが浪人中のニコライ・ハビブリンと契約し、バークを出すことに決めたら、バークを獲得するのはペンギンズかもしれないですね。 あと、ペンギンズは、ミハイル・シュタレンコフとの契約も真剣に考えていたらしい。

◆フェリックス・ポトヴァンに代わって、土曜日のブルーズ戦で先発したボブ・エッセンサ。タフガイのリード・シンプソン含む3人からゴールを奪われたことで、カナックスから切られる日は近いと噂されている・・・(哀れエッセンサ)。

◆ブルーインズが、最近フロリダ近辺をかぎまわっている。なんでもジョー・ソーントンのいる第2ラインの生産性を高めるために、レイ・ウィットニーの獲得を狙っているのだとか。(大変です、ともみさん!)

◆パンサーズのブレット・ヘディカンとプレデターズのドレイク・ベレハウスキーにもトレードの噂。 「おちおち寝ていられないわ」(ヘディカンの妻クリスティ・ヤマグチより)

◆ドミニク・ハシェックがデトロイトヘ!? そういうシナリオもあることはあるらしい。 恐ろしいことに、いま放浪牛と化しているキャプテン、マイク・ペカもハシェックと一緒にデトロイトへ行くかも、という噂も浮上してるんだそうな。ひえ~。

ハシェックの今季の年俸は7億5千万円(来年は9億円)。もしハシェックがウィングズに来たら、ちょっと男前のGMケン・ホランドは、キャプテンのスティーブ・アイザマンと新たな契約を結ばなければならなくなる。アイザマンとの申し合わせで、ウィングズはアイザマンの年俸をチーム最高額にしなければならないからなんだそうです。

アイザマンだけでなく、ブレンダン・シャナハンやセルゲイ・フェドロフ、ニクラス・リドストロムも新たな契約を結びたがるでしょう。ウィングズもいろいろ大変ね。
でも最大の懸念事項は、
「ウィングズの紅白ジャージがハシェックとペカに似合うかどうか」
のような気がするのよ。
マイルハイ・ドリーム2001~オールスター@デンバーのメンバーが決定!~
2001年01月19日 (金) 13:17 | 編集
2月にコロラド州デンバーで開催される第51回NHLオールスター・ゲームの出場選手が発表になりました。
21世紀初のオールスターでプレイする栄誉を与えられたのは、次の選手たちでーす。
(太字はファン投票で選ばれたスターター)

北米選抜チーム

監 督:ジョエル・クインヴィル(ブルーズ)
コーチ:ボブ・ハートリー(アバランチ)

センター   ジョー・サキック(アバランチ)
       ジェイソン・アリソン(ブルーインズ)
       シモン・ガニェ(フライヤーズ)
        *ヴァンサン・ダンフースの代替出場
       マリオ・ルミュー(ペンギンズ)
       ダグ・ウェイト(オイラーズ)
ウィンガー  セオ・フルーリー(レンジャーズ)
       ポール・カリヤ(マイティダックス)
       トニー・アモンテ(ブラックホークス)
       ドナルド・オーデット(スラッシャーズ)
       ビル・ゲリン(ブルーインズ)
       ブレット・ハル(スターズ)
       リュック・ロバタイユ(キングズ)
ディフェンス レイ・ボーク(アバランチ)
       クリス・プロンガー(ブルーズ)      
       ロブ・ブレイク(キングズ)
       ブライアン・リーチ(レンジャーズ)
       アル・マッキニス(ブルーズ)
       スコット・スティーヴンズ(デビルズ)
ゴーリー   パトリック・ロワ(アバランチ)
       マルタン・ブロデューア(デビルズ)
       ショーン・バーク(コヨーテズ)

世界選抜チーム

監 督:ジャック・マルタン(セネターズ)

センター   ピーター・フォシュベリ(アバランチ・SWE)
       セルゲイ・フェドロフ(レッドウィングズ・RUS)
       ラデック・ボンク(セネターズ・CZE)
       マッツ・スンディン(メイプルリーフス・SWE) 

ウィンガー  ヤロミール・ヤーガー(ペンギンズ・CZE)
       パヴェル・ブレ(パンサーズ・RUS)
       アレクサンダー・モギルニー(デビルズ・RUS)
       マークス・ナスルンド(カナックス・SWE)
       ジグムンド・パルフィー(キングズ・SVK)
       マリアーン・ホッサ(セネターズ・SVK)
       アレクセイ・コヴァリョフ(ペンギンズ・RUS)
       フレドリック・モディン(ライトニング・SWE)

ディフェンス ニクラス・リドストロム(レッドウィングズ・SWE)
       サンディス・オゾリンチ(ハリケーンズ・LAT)
       セルゲイ・ゴンチャー(キャピタルズ・RUS)
       ヤンネ・ニーニマー(オイラーズ・FIN)
       テッポ・ヌンミネン(コヨーテズ・FIN)
       マークス・ラグナソン(シャークス・SWE)

ゴーリー  ドミニク・ハシェック(セイバーズ・CZE)
      ロマン・チェフマネク(フライヤーズ・CZE)
      エフゲニー・ナボコフ(シャークス・KAZ)

ああ、ハブズやアイルズからは誰も選ばれていない・・・・うう。

NHLは今年、オールスターの慣例であった「各チームから最低1人選出」のガイドラインを廃止したのです。 その理由は「30チームもあると、必ず誰かを選ぶのが非常に難しくなるから」なんだとか。

そうかもしんないけどさ~、ワイルドやブルージャケッツから誰か出ないと、ミネアポリスやコロンバスでのホッケー人気が盛り下がるような気がして、ちょい心配よう。

でも、まいらぶヤンネ・ニーニマーが初めてオールスターに出ることになったのは、とってもとっても嬉しいで~~す! ニーニマーには失礼だけど、そんな日はきっと来ないだろうと思っていたから・・・。 (ほんとにファンなのか?>自分)

ニーニマー自身、まさか自分が選ばれるとは思ってなかったようで、オールスターの休みはフィンランドからお姉ちゃんを呼び寄せ、「Corrosion Of Conformity」というバンドのコンサートへ行ったり、バンフでのんびりしようと計画してたそうです。 コンサートには行けなくなったけど、こんな計画変更ならきっと嬉しいだろね。

今季は攻撃もがんばってるニーニマーはいま、ポイント数でダグ・ウェイト、ライアン・スミスに次いでチーム3位! オールスターに選ばれたという知らせをきいての彼のコメントは

「オールスターに出るからって、何も変わらないよ。ただ、リーグの人たちがぼくのことを認識してくれていたってことだけはわかる。少なくとも、選考委員の人たちはぼくがNHLにいるってことを知ってるんだよね」

と、照れ隠しなのかなかなか冷静のようでした。

そんなニーニマーに、キャプテンのダグは「北米チームがぜってー勝つぜ」と今から牽制しているらしい。キャプテンが一緒なら心強いだろね。初めてのオールスター、のびのびと楽しんでね、にーにまちゃん!

その他、喜びにわく初出場選手たちのコメントを紹介しましょう。
(ナボコフ、ラグナソン、オーデットの記事は見つかりませんでした~)

ロマン・チェフマネク(異常に謙虚な28歳のルーキー・ゴーリー)
「選ばれるなんて思ってなかった。たぶん来年かなって(笑)。選ばれなかったほうがよかった。自分がスターだなんて思われたくないし、何ごともゆっくりやるのが好きなんだ。ちょっと早すぎるよ・・・」

シモン・ガニェ(ヴァンサン・ダンフースのケガによる代替出場)
「思ってなかったよ、今年、オールスターへ行くなんて、2年目で。きっとすごく緊張すると思うよ・・・。今季の成績には今のところすごく満足してるけどね。信じられない。オールスターへ行くなんてファンタスティックだ」

マリアーン・ホッサ(天才スロヴァック、マイルハイ・ギャルを魅了するか!?)
「知らせをきいて、とても嬉しい。オールスターに選ばれるなんてすごく名誉なことだからね。特にラデック(ボンク)も一緒だから」

ビル・ゲリン(ホッケーの祭典でも、きっと変わらぬ生真面目プレー)
「すごく名誉なことで、夢がかないました。オールスターでやるのに十分な成績だって思ってもらえたってことは、わくわくするほど嬉しい。世界選抜対北米選抜というやり方だと、選ばれる競争率が高くなるから」

ジェイソン・アリソン(ポイントランキング上位の常連。やっと評価されました)
「サイコーだよ。オールスターを見ながら育ってきたから、選ばれてすごく名誉に思うよ。ビリー(ゲリン)にとってもよかった。ビリーと一緒にオールスターへ行けて嬉しい。ビリーがボストンに来てから、ぼくらはいい友達になったんだ。オールスターはお祭り、楽しんでくるよ」

セルゲイ・ゴンチャー(頼む、復活あごカバーで登場してくれ!)
「わくわくするよ。いま自分は世界で最高のリーグでプレーしてて、そのリーグでみんなに知ってもらえるってことだから。それ以外に望むことなんてある? 去年いいプレーができて、今年もいいスタートが切れた。それが自分には大きなことなんだ」

アレクセイ・コヴァリョフ(オールスターに選ばれたので黄土色シャツはもう着ません!?)
「オールスターに選ばれたのは、ぼくにとってすごく重要なこと。今季は、オールスターのことをずっと話してたんだ。選ばれたっていうことは、ぼくがリーグ最高の選手の一人だってみんなが見るってことだからね)

なんだか似たり寄ったりなコメントばかりでちょいつまんないわね~と思っていたところ、「タンパ湾のブラピ」ことぼるつのフレドリック・モディンがやってくれました。

「まさか選ばれると思ってなかったよ。デンバーまで行って、リーグを代表する選手たちの足を踏んだだけ、ってことにならないといいんだけど」
NHLハミ出し情報(2)~ヤロミール・ヤーガー、スランプ脱出の秘策~
2001年01月08日 (月) 13:14 | 編集
「The Sporting News」のサイトから、気になる話題を「噂の真相」のハミ出し情報風にご紹介~。

◆ディミトリ・フリスティッチを獲得して喜ぶキャピタルズ・ファンに「Sporting News」は、「メイプルリーフスがスティーブ・サリバンをブラックホークスに放出してフリスティッチをブルーインズから引き受けたとき、同じように喜んでいたことを思い出せ」とシビアにさりげなく忠告

◆クリスマスのトレード禁止期間に突入する前に、オイラーズがトム・ポティをトレードに出し、見返りにブルーインズのセルゲイ・サムソノフを獲得するかも、との噂は、噂のまま消滅

◆来年6月1日に制限なしフリーエージェントとなるロブ・ブレイク及びリュック・ロバタイユとの契約交渉をキングズが再開したとの情報

◆今季スコアリングのスランプに陥っているスーパースターのヤロミール・ヤーガーが、股関節の故障を防ぐために使用していたスケート靴の中敷を取り除いた。ヤーガーは「これで前みたいな動きを取り戻せる気がする」とコメント

◆恐いコワい脳しんとうの後遺症に苦しんでいたパヴォル・デミトラ(ブルーズ)が、さきのレンジャーズ戦で3ゴール2アシストの大活躍を見せ、その後の5試合で14ポイントとナイスに復活(と思ったらお目めをケガしてしまった・・・)

◆NHLの知性イゴール・ラリオノフが、契約にあった「トレード禁止」条項を破棄してデトロイトへ戻ったのは、パンサーズのプレイスタイルにイライラし続け、アイスタイムにも不満があったからとの情報あり。またラリオノフは元監督のテリー・マリーとしょっちゅう言い争いをし、チームの不和の原因になっていた模様

◆クリスマス明け、レンジャーズがアバランチのアレクセイ・グサロフを、そしてペンギンズがブルーズのマルク・ベルジュヴァンを獲得してブルーラインの強化を図ったが、こんどはセネターズがスティーブ・デュシェーンと契約し、以前のようにオタワのパワープレイ・ユニットのポイントマンとして活躍してもらいたいと希望しているとの極秘情報

◆キャピタルズのピーター・ボンドラが対セネターズ戦で4ゴールと爆発、依然得点能力が高いことを証明するも、ボンドラに興味を持っているのはスターズ、シャークス、そしてレンジャーズの3チームだけらしい

◆カナディアンズのジェフ・ハケット、ブライアン・サヴェイジ、マルティン・ルチンスキー、トレヴァー・リンデン、そしてキャプテンのサク・コイブにトレードの噂(う、うそだよね・・・?)

◆コヨーテズがキース・カチャックとニコライ・ハビブリンをまとめてブラックホークスへ放出し、トニー・アモンテとエリック・ダゼの獲得を目論んでいるとの憶測が語られているが、シカゴの変人GMマイク・スミスはきっぱり否定
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。